x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

ワークシフト > 海外ビジネスサポート > インバウンド対策

インバウンド対策で訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

インバウンド対策

食事でインバウンド対策


- 目次 -



これからも需要が伸びていくインバウンド対策

食事でインバウンド対策こんにちは、ワークシフトの海外ビジネスサポートチームのアランです。

海外旅行者を取り込むインバウンドビジネスを拡大させる方法をご説明します。

「インバウンド」という言葉をニュースな街中で目にする機会が増えています。これは訪日外国人旅行客の増加によって、海外から来る旅行客をターゲットにしたビジネスが盛り上がっていることを示しています。

2014年ごろから訪日旅行客が大きく伸び始め、2015年には1900万人以上の外国人旅行客が日本に旅行にやって来ました。日本政府の後押しによる観光客倍増計画も実施され、インバウンド需要への取り組みは国をあげての対策事項として認識されています。政府は先日、2020年までに訪日外国人旅行者を4000万人にする計画を立てました。

インバウンド旅行客数の増加推移や旅行客に人気の地域、消費額の推移など各種数値はこちらのページをご参考ください。
観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

増え続けるインバウンドの訪日旅行客は、2020年のオリンピックに向け少なくともあと数年間は大きく伸びていくと予想されています。

インバウンド対策に関してお困りの場合はこちらからお気軽にご相談ください。弊社のスタッフがインバウンド対策を実施する方法をご案内いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界200カ国から70,000人の登録者が、業務のサポートをおこないます。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか



インバウンド対策の事例


日本食のインバウンドビジネスを開発する

インドで扱われている


特に伸び続ける中国人訪日客

特に、ここ最近は中国からの旅行客がとても増えています。中国が経済成長を続けていること、また飛行機で数時間で来ることができる距離であることなど複数の要因が関連して、日本の主要な都市や観光地では中国人団体客の姿を見ることは珍しいことではなくなりました。多くの中国人が日本を訪れています。

中国人にインバウンド対策


2015年は「爆買い」という言葉が流行語に選ばれたように、ここ数年でインバウンド旅行客、なかでも中国人旅行客の注目度はとても高まっています。

ただ、2016年に入ってから、あまりの爆買いの勢いに中国政府から規制がかかりました。中国人が国外から中国国内に持ち込むことのできる金額に制限がかかったため、現在は一時期ほどの勢いは収まっています。ある時期のいわば異常とも言える爆買いは収まったとはいえ、それでも依然中国人観光客は多く、その消費購買力は無視できるものではありません。

旅行関連事業はもちろん、小売、飲食関係にいたるまで、インバウンドには多くの事業が関係しています。適切なインバウンド対策を実施することでビジネスを拡大することができます。

中国人へのインバウンド対策は訪日外国人対策の中でも特に大事であることは間違いありません。いくつか注意すべきポイントがあります。

まず意識すべきはターゲットの選定です。中国は広大な国土とともに13億人もの人口をかかえた国です。また、格差の激しい社会でもあります。富裕層をターゲットとしたビジネスを展開するのか、それとも一般層をターゲットにしたインバウンドビジネスをおこ合うのか、それらによって提供すべきサービスは異なります。自社の商品やサービスの相性などを見比べながら提供すべきサービスを決定してください。

紅葉をアピールしてインバウンド対策


インバウンド対策を展開する目的

インバウンドの訪日旅行客をターゲットにしたビジネスを展開する目的は、「日本に来た外国人に自社の店舗に来てもらい、自社の商品やサービスを消費してもらう」ことです。

時代の流れや社会環境の整備で訪日外国人旅行客が増加している現在、万全なインバウンド対策を行いこのチャンスをつかむことでビジネスの勢いを拡大させることができます。

また、そもそもインバウンドビジネスを主要なビジネスにしていなくても、外国人にニーズのあるビジネスも存在します。今までは本来のように日本人向けに商売をしていた場合でも、外国人にとって人気が出ることもあるのです。

インバウンドで訪日している外国人の数を自社に増やすためのインバウンド対策

インバウンドの訪日旅行客を呼び込む方法として2つの考え方があります。

ひとつめは、①【日本に来る前】日本に来たい、もしくはこれから来る予定の外国人に対して、商品やサービスを知ってもらい、日本に来てから買ってもらう、もしくは使ってもらうことを目標にします。

ふたつめは、②【日本に来た後】すでに日本に来ている外国人に対し、自分のお店に呼び込むことを目標にします。

インバウンド対策にお困りでしたらこちらからお気軽にご相談ください。弊社スタッフが無料で丁寧にご対応いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界200カ国から70,000人の登録者が、業務のサポートをおこないます。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか



日本の祭りでインバウンド対策


インバウンド対策として訪日外国人を呼び込むための具体的な方法

インバウンド旅行客として海外から日本にやってきている外国人に自社の商品やサービスを購入してもらうために行うべきインバウンド対策を具体的にご説明していきます。
デジタルを活用したインバウンド対策に関してはこちらでさらに詳しくご紹介しています。
インバウンド事業を拡大するためにデジタルをフル活用する手順

自社のWebサービスやホームページを外国語に翻訳する

Webサイトなどに載せている、商品やサービスの説明を外国人向けに翻訳します。英語に翻訳することができれば日本語を使えない外国人でも説明を読めることが多く、商品やサービスを理解してもらいやすくなります。その結果、インバウンドの訪日客に、実際にお店に来たり、商品を買ってもらう可能性を上げることができます。

翻訳する際にはまずは英語に翻訳することが必要です。その次に、どのような言語圏のの消費者が多いか、需要を見ながら中国語やスペイン語などにも翻訳することで、より多くの消費者の心をつかみ、商品を買ってもらうことに繋がります。Webサイトをターゲットの現地語に翻訳することが有効なインバウンド対策になります。

ページの翻訳をするにあたって、Googleの自動翻訳機能を使う際には注意が必要です。Googleの自動翻訳ツールでは、単語や熟語などの短文であれば問題なく翻訳をすることができますが、少し複雑な説明文などになると意味が通らない場合もあります。意味が通らないと商品やサービスの魅力が伝わないだけでなく、不信感を持たせてしまうことにもなりかねません。

Google自動翻訳は注意が必要…?

例えば日本語の少し複雑な文章をGoogleの自動翻訳で英語の翻訳にかけてみて、その文章をもう一度日本語に翻訳しなおしてみると正しい日本語ではなくなることが多く、まだ実用で使えるレベルではないのがわかります。商品やサービスを魅力的に紹介するには正確な翻訳を作成する必要があります。

自社の商品やサービスを魅力的に見せるための文章を作成する際には、自動翻訳ではなく、翻訳前の言語と翻訳語の言語、2つの言語の文化を理解しているリアルな翻訳者に依頼することが、魅力を伝えるために効果のある方法です。

正しい翻訳で自社の商品やサービスを紹介するのは有効なインバウンド対策と言えます。

旅行の計画を立てる際に参考にする’海外現地の旅行サイト’に掲載する

訪日外国人が日本に来ることを決める際に、日本のどこを訪れるかを参考にする情報源はいくつかありますが、そのひとつに旅行サイトがあります。「トリップアドバイザー」などが有名です。

https://www.tripadvisor.jp/

トリップアドバイザーは世界の旅行サイトのなかで最も多く見られているサイトのうちの一つです。トリップアドバイザーで主要なページに載ることができれば多くの人の目にとまり、結果として有名になることができます。

例えば現在トリップアドバイザーで「日本」と検索すると一番目立つ位置に「東京」と出てきます。さらに「東京」で一番人気の観光地は「港区」と紹介されており、「港区」ページに行くと、人気のレストランや東京タワーがおすすめの観光スポットとして紹介されています。

東京タワーはインバウンド対策


このような旅行を計画している段階の人がよく使うページに載ることで、多くの外国人旅行客にアピールすることができます。

トリップアドバイザーに情報を送信することで掲載を申請することができます。

また、トリップアドバイザーだけではなく他の旅行サイトや海外の旅行関連の掲示板にも掲載されるために情報の登録が必要になります。

訪日を予定している外国人が目にするメディアに載ることは重要なインバウンド対策になります。少しでも多くの世界中の旅行メディアに掲載されるように申請や登録を行いましょう。

自社のサイトでインバウンド対策になるオリジナルの情報を発信する

自社の商品やサービスそのもの、またはそれらの商品やサービスが出来るに至った過程、使用した時の感想などを自社のWebサイトやホームページに掲載することで、外国人の理解が深まります。

インターネットで検索した際に、その検索した人にとって満足してもらうことのできるサイトが検索の上位に表示される仕組みになっている(SEO)ので、ブログやマガジンなどのコーナーを作成し、オリジナルのターゲットにとって役立つコンテンツを作成しましょう。

特に日本に来た外国人は毎日スマホで行き先や名物を検索しながら旅行を続けているので、検索した際に適切な自社のサイトを表示することができれば外国人にふらっと立ち寄ってもらうことも可能です。

検索エンジンで検索した際に結果の上位に載るサイトのページを作成するには簡単なSEO対策の知識が必要になります。SEOの知識を持ち、さらに日本語で作成したコンテンツをターゲットの言語に翻訳をすることができる人に依頼すれば、ターゲットにリーチするコンテンツを作成することができます。

訪日旅行客に役立つ情報を自社で発信することも有効なインバウンド対策になります。

魅力的なWebサイトを作成する

日本に旅行に来ている外国人はよくデザインされていたり、洗練されているものを好む人が多いです。そのような訪日旅行客がサイトを訪れた際に、洗練されたサイトデザインであることが重要です。

グローバルに通用する洗練されたデザインのWebサイトを作成することで訪日外国人に好印象を与えることができ、認知度が高まります。日本の一般の企業はまだまだグローバルデザインに対応できていないものがほとんどです。

グローバルに通用するデザインを作成することのできるデザイナーに依頼するか、外国人にデザインに関するアドバイスをもらうことで、インバウンド旅行客の印象をアップすることができるかもしれません。

複数の外国人に簡単なアンケートを取ることで印象的なサイト作りに役立てることもできます。自社のWebサイトを、外国人にも魅力的だと思ってもらえるようなものに改修しましょう。

日本の祭りでインバウンド対策


インバウンド旅行客に喜ばれ継続的に人気になる魅力的なお店づくりをするためのインバウンド対策

飲食店や小売店など、訪日旅行客を取り込みたいお店が取るべきインバウンド対策をご紹介します。 外国人にとって使いやすい、魅力的なお店を作る際にチェックすべき4つのポイントがあります。この4つのポイントを守ることで外国人にとって優しく、それと同時にリピートやプロモーションにつながるお店づくりをすることができます。

魅力的なお店を作成してインバウンド対策


① お店の外に外国語での表記・表示を準備する

お店の外に、外国語でのコミュニケーションに対応していることがひとめでわかるようなポスターや看板などの掲示を設置していますか? せっかく外国人にとって素敵な商品やメニューがあったとしても、日本語でしか書いていないとなると外国人にとって入りづらいお店になってしまいます。実際に訪日旅行客へのアンケートを行った際に挙げられたもっとも大きい問題点は言語のコニュニケーションに関するものがありました。

英語対応しています

英語や中国語などに対応していることを表示したポスターなどをお店の外から見える位置に掲載しておくことで、外国人でもコミュニケーションの心配なく安心してお店に入ることができます。すぐに取り組めるインバウンド対策です。

② お店の中に外国人とコミュニケーションためのツールを準備していますか?

訪日外国人からよく挙がる、日本滞在時の不満点として「お店の人とコミュニケーションを取れない」という問題があります。

先日、たまたま渋谷の百貨店の中を通っていた際に、百貨店のスタッフと外国人が話していました。おそらくうまくコミュニケーションを取れていなかったようです。もしうまくコミュニケーションを取れていればその旅行客の満足度を高めることに繋がり、それからの継続的な利用、または口コミによるプロモーションに繋げることができたはずです。コミュニケーションのためのインバウンド対策をしていないために、貴重な機会を逃すことになってしまいます。この点は多くのお店にとって改善する余地のあるポイントだと思います。

外国人とコミュニケーションを取るための手段として、「指示」がいくつかの言語で並んでいる指さしのボードメニューがあるだけでも外国語しか話せない訪日旅行客とのコミュニケーションはぐっと楽になります。この準備も簡単にできるものです。訪日外国人とスムーズなコミュニケーションを取るための対策として、ボードメニューなどの作成を行いましょう。

③ 外国人がスマホで使える無料Wifiの準備はありますか?

外国人は旅行中にスマホを使いながら調べて移動します。スマホを使ってこれから行くお店や観光地などの移動先を調べます。また交通手段もスマホで調べます。訪日外国人の満足した利用価値を考えると、スマホで調べ物をすることができる無料Wifiはとても価値のあるものです。店内に無料Wifiを用意すれば、それだけで訪日客の印象を上げることができます。

また、Wifiを整備しておくことで、外国人はその場でお店や商品の写真をSNSにアップすることができます。外国人はSNSを日本人よりもカジュアルに使用するので、商品やサービスをFacebookやTwitter、Instagramなどで共有してもらえるかもしれません。
最近は口コミにおける情報が商品・サービス購買においてとても大きな影響力を持ちます。

Wifiを使ってスマホで買った商品や食べたものをその場でアップすることができると、それはその旅行客の友人などにもすぐに広まっていきます。

Wifiを整備することは、利用者の満足度を高めると同時にマーケティングの効果も出すことができます。満足度を高めるためのインバウンド対策として、無料Wifiの整備は早急に行いましょう。

Wifi環境の整備をすることでインバウンド対策をする


④ 免税の手続きをする

所管地区の税務署で免税手続きをすることで、訪日旅行客の金銭的な負担を少しでも減らすことができます。免税手続きの申請も訪日旅行客を呼ぶために大事なインバウンド対策です。

2016年5月より新しい免税の制度が始まりました。この変更によって訪日外国人旅行客にとって、日本でお土産を買いやすい仕組みに変更になりました。

一般物品について免税の対象となる最低購入金額が「10,000円超」から「5,000円以上」に引き下げられることをはじめとする、消費税免税制度の拡充が5月1日よりスタートします。

観光庁-5月1日より訪日外国人旅行者向け消費税免税制度の拡充がスタートします。

訪日旅行客からの購買を狙うために免税手続きをしましょう。特に中国などアジアからの日本旅行ツアーでは免税店をめぐるものもあるようです。大きな売り上げにつなげることができると言えるでしょう。

海外のPR会社や影響力のあるブロガーとのネットワーク構築

外国にある旅行PR会社は現地の消費者や訪日予定者との接触点を持っています。

しかし現地のPR会社へのコンタクトするにあたり、そもそもどんなPR会社があるか分からない、または連絡先が分からないことも多いかと思います。そのような場合には、現地語と日本語を理解することができる人に旅行PR会社のリストアップやコンタクトを依頼することができます。

一例として、中国人訪日客をターゲットにする場合には台湾人にコンタクトを取るのが良いと言われています。台湾人は日本に旅行するのが好きな人が多く、またリピーターも多いです。

彼ら台湾人が書いたブログなどの情報を元に中国人は日本の旅行先について決めることが多いようです。台湾と中国本土では若干言語に違いがありますが、それでも中国人は台湾人の情報を参考にします。

中国人旅行客を取りこむなら台湾人へのアピールが大事になってきます。台湾人に商品やサービスのレビューや体験を発信してもらうことが重要です。

意外だと思われたかもしれませんが、中国人を呼び込むための有効なインバウンド対策は台湾人へアピールすることなのです。

中国と台湾の関係は一例ですが、それ以外にも現地のネットワークがわからない場合には、現地に住んでいる人に直接仕事を依頼して、現地の検索エンジンでの調査や現地のコンタクトリスト(日本のタウンワークのようなもの)を使ってターゲットへのコンタクトを図ることができます。 日本からアクセスしにくいPR会社やブロガーにも現地の人材を活用してコンタクト取ることができます。

コンテンツマーケティングでインバウンド対策


現地人のニーズを調査する

ターゲットを決めた際、そのターゲットがどのようなものが好きなのかの調査をすることで、より売れる商品やサービスを作ることができます。

例えば、商品の色や匂いなどの好みは文化圏によって異なります。中国人は派手な色を好むことが多く、赤色や金色は縁起の良い色として好まれる色使いになっています。

このように国ごとに色や形状の好みが別れるため、商品やサービスを開発する段階で現地のニーズを調査することができれば、訪日観光客への売り上げを伸ばすことができます。ターゲットと同じ属性を持っているオンラインワーカーにアンケートをしたり、現地の消費傾向のレポートを作成してもらうことでより売れる商品やサービスを作ることができます。

現地の国際旅行博に出展する

世界各国では国際旅行博を催しています。その国の人に旅行に来てもらおうと、各国のインバウンド担当者が各国の旅行博に出展し、現地の旅行代理店が出展者の商品やサービスをみて、代理店で取り扱う商品にするかを決めます。

アジアでは中国、韓国、台湾、タイ、香港、シンガポール、マレーシアなど各国が国際旅行博を開催しています。これらの国際旅行博に出展することで、現地人にアピールする絶好の機会になります。

ただ日本にいながらでは、どのような国際旅行博があるかどうかわからない場合もあると思います。そのような場合には現地に住んでいる外国人にどのような旅行博があるかを調査してもらうことができます。各国の旅行博を調査して、その旅行博に出店することで現地にPRを行いましょう。

海外のインターネットメディアの対策を行う

SEO対策

海外から現地語である言葉を検索したときにその検索結果の上の方に出てくることで、ページに訪問してもらうことができ、認知度が上がります。

ターゲットの現地語を使って自社の商品やサービスの紹介をし、検索した人にとって満足してもらえるような役に立つWebページを作成することで検索結果の上位に表示させることができます。

特に競合の少ないニッチなキーワードであれば簡単なWebページでも一気に認知度を増やすことができます。どの言語で作成しても、それぞれの言語の検索キーワードに自動的に表示される仕組みになっているので、ターゲットの国や地域がある場合にはそれぞれの言語でWebページを作成することで多くの地域へPRすることができます。

ただ翻訳するだけではなく、現地の文化に沿った、現地の人目線での商品紹介やレビューの記事を作成することが重要です。

ちなみに中国ではGoogleを使用することはできないので、Googleの検索エンジンを使えません。そのため、中国の検索エンジンであるバイドゥに読み込まれるような対策をする必要があります。

このように海外のターゲット地域にSEO対策をすることで、現地での認知度を高めることができこれが有効なインバウンド対策に繋がります。

検索流入対策でインバウンド対策をする


Facebookページの作成

Facebookの全世界でのユーザー数は16億人です。Facebookは全世界で使われているツールなので、Facebookで商品やサービスの紹介をすることで多くの人に見てもらうことができます。Facebookページを作成しましょう。Facebook内で検索することも多いため、簡単なページを作成するだけでもユーザーにアピールできる機会になります。

Facebookページを作成した後はインバウンド旅行客に対してアピールしたい情報、インバウンド旅行客に役立つ情報を発信し続けることで多くのファンがつきます。日本人より外国人の方がFacebookの利用頻度は高いために、期待以上の効果を得ることができることもあります。いいね!のつく数によって外国人の反応を確かめることもマーケティング調査において重要なアクションです。Facebookを利用して発信することで外国人への認知獲得を狙い、またフィードバックをもらうことで外国人に人気の出る商品やサービスを作成しましょう。

Weiboアカウントの作成

中国で一番大きいSNSはWeiboというサービスです。中国ではFacebookやTwitterを使うことができないので、中国人に向けての情報を発信する場合にはWeiboでアカウントを作成し、その中で発信をしていきます。

Weiboは2億以上のアカウントが作成されており、Weiboで情報発信をすることでとても多くの中国人にリーチすることができるようになります。

Weiboにアカウント作成し、そのアカウントで自社の商品やサービスを紹介、またはユーザーにとって役立つ投稿を続けることでそのアカウントのフォロワーが増え、結果的に商品やサービスの魅力を伝えることができます。中国向けのPRをする際にはぜひWeiboアカウントを作成し、運用しましょう。

動画コンテンツの作成

インターネットやスマホの普及で、個人でも動画などのファイルを受発信することができるようになりました。

商品やサービスの魅力を伝えるためには動画コンテンツにすることで多くの情報を伝えることができます。テキストや写真よりも多くの情報量を持つ動画を活用することでターゲットにとって印象に残すことができます。

また、商品やサービスを紹介するための動画を作成しYoutubeなどの動画共有サイトにアップすることで多くのターゲットにその魅力を伝えることができます。

ターゲットにとって印象的な動画を作成する際には、商品やサービスを紹介する際の字幕と音声をターゲットが理解できる言語で作成することが重要です。

紹介動画を作成する際には現地の人に依頼して動画に登場してもらうのが有効です。本人に動画の中に登場してもらい、動画の中で実際の商品のサービスを知ってもらうことでリアルな印象をターゲットに与えることができます。

自社の商品やサービスを紹介する動画を作成し、翻訳をつけてWebサイトに掲載、または動画サイトにアップロードしたもののリンクを共有することは有効なインバウンド対策になります。

インバウンド対策でビジネスを拡大するために

今回ご紹介した方法は日本の事業者がインバウンド対策として訪日旅行客に自社の商品やサービスを売るために実施できるいくつかの方法とその具体的な運用方法でした。訪日旅行客が増えている現在、適切なインバウンド対策をしっかりと行えば訪日旅行客にアピールすることができます。

また、今回ご紹介したこれらの方法は外国人のワーカーに依頼することで実際に実施することができます。海外のほとんどの国では副業に関する規定がないため、優秀なビジネスマンやエリート層でもオンラインで仕事を受注しています。そのためこれらの仕事を専門家に依頼することが可能です。どのようなインバウンド対策を実施できる可能性があるのか、まずはお気軽にお問い合わせください。

日本の祭りでインバウンド対策

ビジネスの翻訳を日本語と台湾語で行う お問い合わせ

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界200カ国から70,000人の登録者が、業務のサポートをおこないます。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか


依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める