x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

ベトナム語の翻訳は難しい?日本語からベトナム語に翻訳を依頼する際の注意点



- 目次 -



食事でインバウンド対策

ベトナム語の翻訳を依頼する際の注意点

こんにちは、ワークシフトの海外ビジネスサポートです。

ベトナム語は世界の言語の中でも最も難しいと言われる言語のひとつです。文法こそ日本語より簡単だとされますが、ベトナム語の難しさは発音にあるとされます。
声調言語と呼ばれるベトナム語では発音が非常に重要になります。同じスペルの言葉でも発音が6パターンもあり、発音を間違えると通じなかったり、違う意味になってしまったりすることもあります。日本語では使わない発音や見慣れない記号もあるため、文字で見てもどう読むのかよくわからない場合もしばしばです。

ベトナムは長い間中国の支配を受けてきた歴史から、元々は漢字文化圏でした。ところが、漢字だけでは表現できない言葉もあったため、チュノムという独自の文字を作って漢字と一緒に用いてきました。その後、フランス植民地時代を経て、ラテン文字によるベトナム語表記であるクオック・グーが、ベトナム語の正式な表記法として現在まで用いられています。

国土が南北に細長いベトナムでは、北部・中部・南部に大別される方言が存在し、音韻はもちろん、ボキャブラリーでも大きな違いがあります。また、略語を作ることも頻繁におこなわれるため、ネイティブですら首をかしげることがあるほどです。

ベトナム語翻訳の予算の目安

ワークシフトではこれまでも数多くのベトナム語翻訳の依頼が出されています。また翻訳以外にもベトナム関連のお仕事が完了しています。ワークシフトでのこれまでの平均の予算は以下の通りです。

食事でインバウンド対策

上記以外にも数多くのベトナム語翻訳の仕事依頼を取り扱っています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
ベトナム語の翻訳をベトナム人に簡単に依頼することができます。

また、ベトナム語以外の翻訳をはじめ、市場調査記事作成Webサイト作成など外国人に依頼した方が効率化できる業務を直接依頼することができます。

ベトナム語の翻訳は自動翻訳では対応できない場合が多い

ベトナム語と日本語は中国の漢字に由来する漢字語源の言葉がいくつかあります。時代の変化とともにそれら漢字由来の言葉の意味・使用用途は大きく変わってきました。そのため、機械的に漢日音を漢越音に翻訳すると、全く違う意味になることもよくあります。これは特に翻訳の納品物をダブルチェック出来る体制を持っていない日本企業にとっては致命的なことです。ベトナム語と日本語間の翻訳をする際には自動翻訳ツールの使用を控えるように翻訳者に事前に伝えておくことをおすすめします。

日本語からベトナム語に翻訳する場合の料金の相場は?

日本語からベトナム語への翻訳料金の一般的な相場は下記のようになっています。
ベトナム語から日本語へ翻訳する場合、下記の約1.5倍を想定しておきましょう。

格安翻訳会社(安価ですが翻訳品質に注意が必要です)
簡易文書や一般文書の場合、1000円~2000円/1ページ(日本語400字)
※文字数で換算すると3~5円/文字

フリーランスの翻訳者( 例) 日本留学経験で日本語能力試験1級資格所有者)
 一般ビジネス文書 2000円~3000円 / ページ(日本語400字)
 ※文字数で換算すると5円~7円/文字

プロの翻訳専門会社:一般的に翻訳フリーランサー料金の約2~3倍以上

上記はあくまでも簡易文書や一般ビジネス文書に対する翻訳料金の一般的な相場です。技術資料や契約書などの高度な文章をベトナム語へ翻訳する業務は、高度な日本語能力はもちろん、ベトナム語能力、翻訳スキル、そしてその分野に関する知識が必要です。

料金に関しては、その翻訳者の実務経験・経歴に依存しますが、一文字あたりの単価は大体10円から20円です。 なお、Workshiftプラットフォームでは、日本語↔️ベトナム語の翻訳経験が豊富なベトナム人の翻訳者が多数登録しています。このシステム経由で彼らと直接相談出来る機能も提供しているので、依頼の正式な発注前に翻訳者とやりとりをしてみて下さい。

日本とベトナムの商習慣の違い

経済のニュースを賑わせているように、ベトナムへの進出を検討する日系企業が急増しています。
近年のベトナムの国内求人情報サイトを見ると、日本語を話せる人材を募集する求人案件が非常に増えています。

この状況は、同時に言語面をはじめ、ベトナムと日本の商習慣の違い等によって苦労する日本企業の方が増加することも示しています。ベトナムで効率よく仕事を回すために、その商習慣の違いを正しく理解し、本業に集中出来る体制を構築することが大切です。

以下で日本とベトナムでの商習慣の違いを簡単にご紹介致します。

仕事よりも家族との時間を最優先する

ベトナム人は仕事よりも家族や友人との約束を優先することが多いです。日本ではほとんど考えられないことですが、ベトナムでは冠婚葬祭などの家族行事のため突然数日から1週間ほどの有給休暇を取って、実家等に帰省することがあります。普段、現地スタッフとの会話の中で何気に彼らの家族の話などを聞いていれば、これらの家族行事を事前に把握することが出来るかもしれません。

残業はほとんどしない

日本ではまだ長時間働くことにサラリーマンの美徳がある風潮もありますが、ベトナムでは基本的に残業はしません。
緊急であったり、よほど重要性が高くない限りベトナム人社員は残業せずに帰宅します。
この習慣を理解するためには、ベトナム人の生活スタイルを知る必要があります。ベトナムでは一般的に、夜19時頃には家族揃って夕食を開始し、その後は家族団らんの時間を取る習慣があります。

また、ベトナムでは、女性は結婚し子供が出来てもほとんどの場合仕事を続けます。会社が終わると学校へ子供をお迎えに行き、そのまま夕食作りなどの家事が始まるため残業をすることが出来ません。そのため、各企業では残業がないことを前提にした効率的なオペレーションが求められます。

お酒の席を大事にするベトナム人

意外なことに、ベトナムはなんと世界9位のビール消費大国です。日本でも飲みニケーションという言葉を始めとしてお酒の席での関係性を重視する文化がありますが、ベトナムの企業でも同じようにお酒の席が重要視されています。普段の仕事場では大人しく勤勉なベトナム人も、飲みの場では非常に積極的になることは決して珍しいことではありません。チームで働くというよりも個人主義の傾向があるベトナムにおいてはこういったコミュニケーションの場を作っていくことは大事なのです。

成長を続けるベトナムのこれまで

ベトナムはインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家です。人口は約9270万人(2016年時点で世界13位)。国土は南北に細長く、政治と文化の中心地である首都ハノイは北部に、国内最大の経済都市にして東南アジア有数の国際都市であるホーチミン市は南部に位置します。紀元前から数千年の歴史を有しており、古くから中国の支配下に置かれ、19世紀からはフランスによる植民地化やベトナム戦争でのアメリカの介入と南北分断を経験しました。

ベトナムは社会主義国ですが、1986年のドイモイ以降は市場経済路線を取っており、GDPの安定成長が続いています。また、「世界の工場」と言われてきた中国の人件費上昇に伴い、外資企業の新たな投資先として近年注目を集めています。ベトナム経済を牽引するODAでは日本が最大の支援国であり、基幹インフラの建設・支援をおこなっています。また、市場経済への移行にあたっては日本の法整備支援が大きな役割を果たしました。

ベトナム語の翻訳に関してお困りの場合はこちらからお気軽にご相談ください。弊社のスタッフがベトナム語の翻訳を実施する方法を無料でご案内します。


ビジネスシーンで高まるベトナムの存在感と日本との関係性

そんなベトナムは現在も安定して高い経済成長率を維持しており、所得の上昇を背景に中間層が増大傾向にあります。また、富裕層を中心とした個人消費も伸びています。国民平均年齢が28歳と非常に若い個人消費市場が魅力的であることは言うまでもないでしょう。技術革新もめざましく、公共機関やインフラ、ビジネス環境などの項目から評価した世界技術革新力ランキング(Global Innovation Index=GII)で、2017年に世界127カ国中47位(前年比12ランクアップ、日本は14位)となりました。これはASEAN諸国ではシンガポール、マレーシアに次ぐ第3位となっています。

中国人にインバウンド対策


経済成長を背景に、ベトナム人の海外旅行者数および旅行先での支出額は増加傾向にあります。渡航先はタイ、シンガポールといった東南アジアはもちろん、中国、韓国、日本といった東アジア諸国も人気となっています。
参考URL:http://www.viet-jo.com/news/statistics/170111103705.html

直近5年ではベトナムからの訪日旅行者数の伸び率も非常に高くなっており、2016年には20万人を突破しました。2017年には日本政府観光局(JNTO)がハノイに代表事務所を開設したこともあり、ベトナムでの観光プロモーションは今後ますます重要性を増していくと考えられます。

ここで、訪日ベトナム人旅行者の特徴を見ていきましょう。まず、ベトナムからの訪日客は桜や紅葉のシーズンに集中する傾向が見られます。ホーチミンなどベトナム南部に四季がないこともあってか、季節観光のニーズが高いことがうかがえます。また、ベトナムではツアーや旅券などの申し込みが、他国と比べて店頭でおこなわれることが多いのも特徴的です。家族や親族を連れての渡航者が多く、団体ツアー客も他国と比べて非常に多くなっています。これまで旅行者の中心が富裕層であったこともあり、全体での訪日旅行者数やリピーターはまだ少ないですが、再訪意向は高いことも指摘されています。(参照:訪日外国人消費動向調査by観光庁)

一方で、現在ベトナム人が日本に短期滞在するためにはビザが必要であり、所得や預金残高など経済力が要求されるなどASEAN諸国の中でも申請の条件が厳しくなっています。もし今後ビザの免除措置が実施されれば、さらなるベトナム人観光客誘致につながることが期待されます。

中国人にインバウンド対策


ベトナムから日本に訪れるのは旅行者だけではありません。日本への留学生数も、ベトナムは中国に次いで第2位となっており、その数も増え続けています(参照:外国人留学生在籍状況調査)。日越両国は協力関係のもと日本語教育の普及・充実を図っており、小学校から第1外国語として日本語を学ぶ子どももいるほどです。

日本側からも多くの企業が進出しています。現在、ベトナムでは約1600社の日系企業が事業活動をしていると言われています。国産品や中国製品と比べ、日本製品はイメージが良く、Made in Japanは高い信頼を寄せられています。その最たる例は、ベトナムではオートバイが「ホンダ」と呼ばれていることでしょう。1965年にはじめて輸入販売されて以来、高価ながらもスタイリッシュで丈夫な製品が評価され続けています。在住日本人の増加傾向や食の安全性への意識や健康志向に後押しされ、日本食への関心も高まっています。

参考URL:

http://www.viet-jo.com/news/statistics/150623084544.html

http://www.viet-jo.com/news/economy/151223035747.html


このように、ベトナムは若くて成長力があり、外交関係の良好さや対日感情の良さもあいまって、非常に重要かつ魅力的な市場なのは間違いありません。

中国人にインバウンド対策


一方でベトナム語と日本語の違いは高い壁になる可能性

中国人にインバウンド対策


ベトナム語の翻訳ができれば拡大するビジネスチャンス

ベトナムからのインバウンド訪日客に向けてのビジネス

ベトナムからの訪日旅行者が増えていることは先述の通りですが、彼らの多くは出発前からインターネットで情報を得ていることがわかっています。ベトナムの場合は団体ツアー客が旅行者の6割近くを占めるため、インバウンド対策として発信する情報コンテンツのベトナム語翻訳をおこなうことで、大口の需要を見込むことができます。また、富裕層や滞在日数の長いビジネス客が多いことから旅行支出額も多いため、彼らにアプローチするためにもベトナム語への翻訳は重要になってくるでしょう。
参考URL: nikkei4946

ここで、ベトナム語翻訳を活かしたインバウンド対策としてワークシフトでこれまでに取引がおこなわれた業務をご紹介します。 例えば、空港でのポケットWi-FiのレンタルサービスであるJapan WiFiを取り扱うXcomGlobalさまは、インバウンド向けのwebサイトを多言語化する一環としてベトナム語の翻訳をおこないました。
訪日旅行者の多くは、滞在中の情報源としてスマートフォンを介したインターネットを利用しています。「日本のフリーWi-Fiは少なくて不便である」と観光庁の調査でも指摘されている現状もあって、訪日観光客にはポケットWi-Fiの需要が見込まれています。ベトナム語に翻訳された情報を出発前に見る事ができれば、観光客はもちろん、ビジネス客にもアプローチするチャンスが広がります。

中国人にインバウンド対策


また、店頭での申し込みをする団体ツアー客が非常に多いベトナムの特徴をふまえ、受け入れる日本側の対策を検討するべく、ベトナム国内の5つの旅行会社が取り扱う訪日旅行商品を調査した三菱総合研究所さまの活用法もあります。
参考URL:
https://workshift-sol.com/jobs/view/2301

 日本からベトナムへ商品やサービスを紹介する際にも、ベトナム語翻訳は必要となります。例えば、新しくできたホテルをアピールするため、ホテルの紹介文をベトナム語に翻訳し、プルーフリーディングをした上で、別途用意したリスト先へ送付する、という活用例があります。
https://workshift-sol.com/jobs/view/2396、https://workshift-sol.com/jobs/view/2489

Fun Japanさまには、ベトナムでの現地会員を増やすためのデジタルマーケティングにベトナム語への翻訳を活用いただいています。世界に日本の文化や商品・サービスのファンを増やすためにも、現地語への翻訳は大切です。

日本の祭りでインバウンド対策


ベトナムへの越境ECは日本にとってのビジネスチャンス

ベトナム語への翻訳は越境ECでも重要になってきます。ひとくちに越境ECでの翻訳といっても、その使い方は段階によってさまざまです。事前準備としての市場調査における現地語から日本語への翻訳、ECサイトの構築や海外webマーケティングでの日本語から現地語への翻訳、そして運営段階(決済、物流、カスタマーサポート、法律関連など)でのさまざま場面で翻訳が必要になります。ここでは販売段階について、具体的な活用法を見てみましょう。

まず紹介するのは、日本ブランドの海外販売サイト越境ECモールのDiscovery Japanを運営するデジタルスタジオさまからご依頼いただいた、オンラインショッピングサイトで使う文章の翻訳という活用事例です。越境ECの窓口となる部分なので、現地語への翻訳は商品やサービスをよりよく理解してもらう上での大きな助けとなります。また、それらの商品やサービスの開発秘話や使用時の感想などを掲載することができればより理解も深まり、さらには検索エンジン対策にもなります。
参考URL:
https://workshift-sol.com/jobs/view/2219

現在、ベトナムでは公共交通機関の整備が日本ほど進んでおらず、深刻な渋滞による移動時間の長さやバイクでの移動範囲の限界がECの需要につながっています。その一方で、クレジットカードや電子決済の普及率が低いという問題があります。また、関税制度の難しさもあります。こうした課題をクリアして越境ECを成功させるためにも、ベトナム語の翻訳は大きな役割を担っています。

参考URL:

ベトナムで電子決済取引が拡大(SankeiBiz)

ベトナム 関税制度(Jetro)

紅葉をアピールしてインバウンド対策


東南アジアにアンテナを張り続けることは日本にとって重要なこと

インバウンド対策や越境ECに限らず、日本側からベトナムの情報発信に翻訳作業は付きものです。以前書いた通り、ベトナムから日本への留学生数は非常に多くなっています。一方で、いくら両国が日本語教育に力を入れているとはいえ、こうした学生を集めるにはベトナム語に翻訳したホームページやプレスリリースで積極的に存在をアピールしていく必要があります。

例えば、早稲田大学様はグローバル化の流れの中、海外からの留学生を集めようとしており、特にアジアからの学生や留学生を受け入れることに力を入れています。ただ、海外からの学生を集めようとしても、現地の学校や学校に実際に早稲田大学の知名度がないと集まってきません。そこで早稲田大学は海外から早稲田に留学をしようとしている学生向けのWebサイトを作成し、早稲田大学への留学に関するページを作成しました。そしてそのホームページをターゲットの国々や教育機関に向けて発信する際に、ワークシフトのフリーランサーに翻訳を依頼しました。
参考URL:
https://workshift-sol.com/jobs/view/1746

少子高齢化し学生の絶対数が減少し続けている日本の現状を考えると、若い世代が増え続けているベトナムにアプローチすることは大学、ひいては日本の企業にとっても優秀な留学生の採用や親日家の取引先という点で大きな意味を持つのではないでしょうか。

紅葉をアピールしてインバウンド対策


ところで、ここまで紹介してきた事例は主に日本語からベトナム語への翻訳を中心としてきました。ではもうひとつの方向、ベトナム語から日本語への翻訳についてはどのような活用方法があるでしょうか。 例えば、女性用下着の海外販売にあたっての市場調査を近隣諸国とあわせて行うという活用事例があります。 参考URL:https://workshift-sol.com/jobs/view/768

現地でのEC市場、ECを利用するためのPCやスマートフォンの普及率、商品をめぐる情報やトレンド、そして当該社会の状況についてレポートを納品するという業務内容になっており、いわゆる翻訳というよりはマーケティングの仕事依頼ですが、調査結果を納品するにあたってはベトナム語から日本語への翻訳という作業が重要となります。なぜなら、現地の情報は必ずしも日本語や英語でアクセスできるものばかりではなく、ベトナム語でなければ読むことができないものもあるからです。

紅葉をアピールしてインバウンド対策


ベトナム語の翻訳を実施してビジネスチャンスをつかむ

今回ご紹介した方法は、日本の事業者が実際にベトナム語の翻訳を通じてビジネスチャンスを新たに獲得したり、今まで以上に広げたりするための具体的な活用事例でした。親日的で若さと勢いのあるベトナムについて、ベトナム語の翻訳を活用しながら、しっかりと市場を知り適切にアプローチをすれば、ビジネスチャンスをつかむことができます。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界205カ国から80,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。


依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める