x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
JTBとインバウンド領域で業務提携しました!
  ワークシフトとJTBは増加する訪日外国人旅行者向けの新たなマーケティングソリューションサービスを開発します。
ワークシフトプレス

初めて海外に仕事を依頼する方へ

       

外国人と仕事をするのは興味はあるけど不安という方のためにいいお仕事をするためのヒントをいくつか紹介します。

依頼したいことは出来るだけ具体的に  

まずは仕事の内容を正確に伝えることが大事です。
文化が違うと認識のズレが発生しやすいもの、誰が見ても分かるくらい詳しく依頼して下さい。エクセルシートやワードに、具体例などを載せて仕事を依頼すると伝わりやすいです。

定期的なチェック 

仕事の進捗状況などをメール機能で定期的にチェックしてください。納期や締切に対する感覚が日本の文化とは違う国もあります。
特にプロジェクト形式の仕事依頼では、進捗状況も連絡してもらうよう依頼することをお勧めします。

Googleハングアウトなどのツールを使ってみる 

外国の方と初めてコミュニケーションする際には、どうしても警戒してしまうものです。
そんな時には、skypeやGoogleハングアウトなど無料のツールを利用して、ビデオチャットしてみましょう。
そうすると、言語のレベルや雰囲気など、メールでは伝わらないことが伝わり、理解が深まることになるでしょう。

日本との文化、商習慣の違いを認める  

当然のことながら、国によって文化は様々です。
働き方や顧客への対応などもそれぞれですので、ある程度相手の文化を尊重する気持ちも必要かもしれません。日本のスタンダードが海外では要求過多になるケースが多く散見されます。

複数人を何度か使ってみてお気に入りのワーカーを見つける 

自分にマッチしたフリーランスと、一回で出会える確率はそう高くありません。
フリーランスのスキルやプロフィールを見れば多くの事が分かりますが、やはり相性のようなものもあります。できれば、複数人のフリーランスを活用し、ご自身が信頼できるパートナーを見つけてみてはいかがでしょうか。

初めて海外に仕事を依頼する際のQ&A

Q1. 仕事を提案してきた外国人が信用に足るかをどうやって判断するの?

A1. フリーランサーのプロフィール画面をみて頂けると本人確認書類(exパスポート、免許証等)の提出済かどうか確認できますので、参考にした上でご判断ください。 また、直接メッセージをお送り頂き、SkypeやGoogleハングアウトなど無料のツールを利用して、ビデオチャットをしてみることで提案者の言語のレベルや雰囲気などの理解が深まります。

Q2. 自己紹介で書かれているスキル等は本当に信用できるの?

A2. プロフィール画面からワークシフト内でその提案者が受注した過去の仕事一覧を確認できますので、参考にした上でスキル等を見極めて頂ければと思います。 また、メッセージ機能を使い直接確かめる事も出来ます。

Q3. 期限はしっかり守ってくれるの?

A3. コンペ形式は仕事に提案があった後に契約をして頂くことになるので納期は守られます。プロジェクト形式も納期は設定されていますが、直接フリーランサーと定期的なやり取りをして頂く事で確実にする事が出来ます。 また、どちらの場合も成果物が納品されない限り支払いは行われませんのでご安心ください。

Q4. この人に決めた!となったのに途中で仕事を放棄しないか不安!

A4. 仕事の契約の際に本人確認済のフリーランサーをお選び頂くとそのような問題を事前に防ぐ事が出来ます。また、メッセージを送った時の返信の速さや誠実さなどを参考にした上でご判断ください。 また、万一そのような問題が起こった場合にはワークシフトでサポートを致しますのでご安心ください。

Q5. 仕事が途中で放棄された際、私が支払ったお金はどうなるの?

A5. 仕事が完了し、成果物を検収していただくまではフリーランサーに報酬金額が支払われることはありません。また、契約がキャンセルになった場合、全額クライアント(発注者)に返金されます。

Q6. 外国人に頼むメリットは何ですか?

A6. 第一に、直接現地の人に仕事を依頼できるので、文化的・宗教的なローカルな問題にも対応することが可能です。現地の情報などは現地人から直接入手した方が、より高いクオリティを確保することができます。 第二に、海外の市場調査(ex フィリピンの小学生が使っている筆箱の中身の写真100枚)など実際に現地に行くと莫大な費用がかかる所を現地人に任せる事で安く早く行う事が出来るというメリットがあります。 第三に、時間や労働賃金の格差を最大限利用することが可能です。日本の真夜中であっても働いてくれる外国人スペシャリストや物価差により日本より安く働いてくれるスペシャリストに仕事を依頼することで、企業の国際競争力を高めることが出来ます。

Q7. コンペを依頼した時に採用されなかった人が文句を言ってこないか不安。

A7. そのような場合にはワークシフトにご連絡頂ければ対応させて頂きます。

Q8. 仕事の納品が終わった後に連絡が付かなくなったときはどうするべき?(たとえば裁判で訴訟が起きたとき、その外国人との連絡がつかないと困る。)

A8. 万一そのような事態が起きた場合には、必要に応じて当社が保持している対象ユーザーの情報を開示致します。

Q9. 外国人に仕事を頼む際に何か注意点はありますか?

A9. 出来るだけ具体的な依頼(例:このエクセルを完成して欲しい、成果物のイメージを添付、途中報告を条件とする、等)をすることをお勧めします。 また、定期的にメッセージなどで進捗状況を確認し、スケジュール通りに仕事が進んでいるかを確認することをお勧めします。

Q10. 日本語で依頼内容がちゃんと伝わるか不安。

A10. 仕事依頼を入力される際、3つのカテゴリーで仕事を分類します。分類した内容は英語に自動翻訳されるため、仕事依頼の概要は外国のフリーランスに確実に伝わります。 また、サイト上には「翻訳ツール」機能がありますので、コメントやメッセージなどに書かれた日本語をフリーランスは自動翻訳できます。より高度なコミュニケーションが必要な場合は、語学のスキルを持ったチームに仕事を依頼することで、日本語でも外国のフリーランスに仕事を依頼することが可能です。

Q11. 英語が苦手だが、外国人とメッセージのやり取りができるか不安。

A11. 会員登録をして頂きますと本サイト内で「翻訳ツール」が使える様になりますので、是非お使いください。ソフトによる翻訳ツールだけでは不安な場合は、語学のスキルを持ったフリーランスを別途採用することも可能です。

Q12. ワークシフトという会社は本当に存在し、信用できるのですか?

A12. 「海外需要獲得型起業・創業」として国からの助成金を貰っており、国から承認されている会社です(http://www.sogyo-tokyo.jp/saitaku/)。 また、HPに会社の所在地、連絡先や社員の経歴等が記載されていますのでご参考ください。 ワークシフト 会社ホームページへ

Q13. 提案のあった納品物に不満があった場合、どのように対処すればいいですか?

A13. その場合には仕事の管理画面で納品物の再提案を依頼する事が出来ます。メッセージ機能を使い、不満の理由を詳しく説明することで、より納得のいく提案を受ける事が出来ます。

Q14. そもそも仕事に申し込んでくれる人はいるのでしょうか。

A14. 仕事依頼時に掲載内容をなるべくシンプルに伝わり易く書く事が大事です。 また、プロジェクトの値段が相場に比べて大幅にかけ離れていると申し込みが無い場合がありますので、過去契約が行われた仕事の詳細内容等を確認して頂き、書き方や金額を参考にして頂くことをお勧めします。

Q15. こちら側の提示する金額に満足してくれているか不安。

A15. 本サイトの仕事検索画面で過去の仕事の一覧を確認できますので、過去どのような仕事がどれくらいの金額で契約されているかを確認した上で依頼をお願いします。 プロジェクト形式では、フリーランス側から金額を提案されるので、そちらもご参考にしていただけます。

Q16. どこまで無料で仕事を掲載することができるの?

A16. プロジェクト形式で仕事を依頼される場合、掲載は基本的に全て無料です。 コンペ形式の場合は、多くの人から成果物の提案を受取りますので、掲載前に仮払いが必要になります。他の依頼よりも目立たせたい場合などに使用する急募や注目などのオプションを利用される場合は、別途料金が必要になります。

Q17. 仕事依頼を入力するのにどれくらい時間がかかるの?

A17. 依頼内容にもよりますが、3分程度で完了します。複雑な仕事依頼をされる場合は、もう少しかかる場合があります。

サポート