x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

ヒンディー語の翻訳ならワークシフト|インド国内の言語に対応します

ワークシフトで中国語翻訳を依頼する際の4つのポイント

インドの翻訳のご依頼に関して、まずはお気軽にご相談ください


相談無料、電話番号 お問い合わせ

ヒンディー語は多くの人に使われている言語です

ヒンディー語はインドで唯一公用語として認められている言語です。人口が10億人を超えるインドにおいて、ヒンディー語は人口の18%が母語として使い、人口の30%が日常会話で使用することができる言語です。全世界で話者数は2億5000万人以上と言われており、世界で3番目にネイティヴスピーカーが多い言語でもあります。

また、ヒンディー語は主にインドの中部から北部にかけて使われている言語で、インド北部の多くの州では州の公用語として使われている言語です。つまり、インドの北部に行けばヒンディー語が通じることがあります。

ヒンディー語とウルドゥー語は文法や単語などの多くが共通しており、ほとんど同じ言語と言っても過言ではないほど共通点が多いです。そのため翻訳の際もほとんど同様の言語として扱われることが増えています。また隣国のネパールの公用語であるネパール語との共通点が多い言語になっています。つまり実際のヒンディー語に似た言語を含めるとヒンディー語で伝わる人の数は公称の数値よりも多くなります。

ワークシフトで中国語翻訳を依頼する際の4つのポイント

ヒンディー語を扱うことで、約3億人ものターゲットとコミュニケーションを取ることができます。世界銀行の報告によると毎年5%の経済発展が進んでいるインド。これから消費が拡大する大国にいち早く進出し、ビジネスを成功させるためにヒンディー語はとても重要な言語です。ヒンディー語でコミュニケーションを図ることでビジネスチャンスを拡大させることができます。

商品やサービスの説明、または価格の表示は現地の言語で表示することが重要になります。また、商品の売り上げにつながるキャッチコピーを作成する際にもターゲットが使用している言語でアプローチすることが重要になります。

インドで使用されている言語と話者数ランキング

インドで使用されている言語のランキングは1位がヒンディー語 2億5,000万人、2位がベンガル語 8,000万人、3位がテルグ語 7,000万人などとなっており、話者が1,000万人以上いる言語だけでも17ほどあります。また公用語にはなっていないものの、英語を扱うことのできる人は9,000万人程度いると言われています。

ワークシフトで中国語翻訳を依頼する際の4つのポイント

インドにおいて英語は現在では準公用語として扱われており、主に大学や公的機関で話されている言葉です。インド全人口の10%程度が英語を話すことができます。英語を話せる層はインドの中でも中流以上の階級に限られており、その多くが高学歴層です。

英語を話せる層以外の人たちはヒンディー語か各州の指定言語を話せる場合がほとんどです。ビジネスのターゲットがどの言語を使っているかを調査した上で翻訳すべき言語を選択しましょう。適切な翻訳をする上で、現地のビジネスや商習慣、文化などを理解し、ターゲットの生活スタイルを知ることこそが重要になります。実際に現地の人に翻訳を頼むことでコミュニケーションの問題を解決をすることができます。

インドで使われているヒンディー語以外の言語の翻訳

インドではマイナーな言語を含めると全国で200以上の言語が存在すると言われています。ビジネスのターゲットによって使用すべき言語は異なります。ワークシフトはインドのフリーランサーが6,000人以上登録しているため、インド国内の多くの言語の翻訳や通訳に対応することができます。

インドに海外進出を検討の企業様へ

翻訳や現地調査などインドに進出するために必要な段取りについてアドバイスをいたします。


お問い合わせ


ヒンディー語またはインド国内の言語を翻訳を依頼するおすすめフリーランス


フリーランス名:angelneeti
自己紹介
私はデリー大学の大学院生で、仕事は所定に従い、締切をきちんと守ることを約束します。また、私はクリエイティブなお仕事のプロフェッショナルです。また、英語のレベルはインドの学校のコミュニケーションクラスでは真ん中でした。大学に入って、記事の作成、ウェブサイトコンテンツのライティング、コピーライティング、そして専門的な文章を英語で書けるようになりました。 プロフィールページへ


フリーランス名:vijendrakumar
自己紹介
私は日本語検定3級を獲得していて、また日本語に関する職に9年間勤めた経験があります。また私は、エアコンやオートモバイル、重工業部門の翻訳や通訳のお仕事をしており、現在は、三菱重工業株式会社で働いています。また、私は日本語から英語、ヒンディー語、更にその逆も同様に翻訳することができます。オンラインの翻訳のお仕事もパートタイムで働いており、とてもプロフェッショナルです。 プロフィールページへ


フリーランス名:munendera
自己紹介
私は、工学の専門家であり、1年間フリーランスの経験があります。私は編集に関わる仕事を沢山して、またデータの並び替えやmicrosoft officeに関する知識があります。 プロフィールページへ


フリーランス名:Rajat25
自己紹介
現在はニューデリーの大学で日本語と日本文化について学んでいます。日本語↔︎英語↔︎ヒンディー語の3ヶ国語で翻訳をすることができます。 プロフィールページへ


フリーランス名:VinodSharma
自己紹介
2000年からパソコンオペレーターとして働いています。ワードやエクセルなどにおける資格を持っています。英語とヒンディー語とパンジャーブ語の翻訳をすることができます。 プロフィールページへ


フリーランス名:AKashRathod
自己紹介
どのような言葉遣いをすればターゲットに伝わるか、そこには正確さが求められます。消費者の目線に立って発信することがとても大事になります。私はライターを6年間経験し、8年間はマネージャーとして記事執筆、SEO対策、PR、顧客対応に携わっていました。その仕事も昨年やめて、今年からはフリーランサーとして活動しています。グジャラート語、ヒンディー語、英語の翻訳はお任せください。 プロフィールページへ


フリーランス名:rbasak23
自己紹介
現在は英語文学の修士課程に在籍しており、隠しではジャーナリズムについて学んでいました。英語の出版物に関わっていた経験があります。英語、ヒンディー語、ベンガル語、クジャラート語の翻訳をすることができます。 プロフィールページへ


フリーランス名:kiranmyneni
自己紹介
様々な会社で営業や営業サポートに関わっています。英語・ヒンディー語・テルグ語の翻訳をすることができます。フリーランサーとして仕事をしています。 プロフィールページへ


フリーランス名:meghalina
自己紹介
4ヶ国語を扱うことができます。タイ語-ネイティヴ、英語-ネイティヴレベル、ヒンディー語-通常会話レベル、日本語-基本的なコミュニケーション プロフィールページへ


インドの翻訳のご依頼に関して、まずはお気軽にご相談ください


相談無料、電話番号 お問い合わせ

海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性


海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める


海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法


海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?




越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット


越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順


越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント


インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方


観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要


デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法


インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは



海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題


海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス


企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較


企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ


これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます