translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

海外調査(グローバルリサーチ)のワークシフト



210ヵ国に在住する専門家
210ヵ国12万人の専門家が登録しているので、世界のどんな地域も幅広くカバー。複数地域を同時に調査。
海外出張の代わりをオンラインで直接依頼
現地の店舗調査や現地語によるデスクリサーチなど現地ならではの調査結果が手に入る。
12万人の登録者から専門家を今すぐ検索
一人ひとりの在住地や経歴、スキルが検索できるから欲しい人材がピンポイントで見つかる。
10,000件以上の実績
政府機関や自治体、60社以上の上場企業も利用。契約や支払いもすべて日本円。96%の満足度。
見つけたその場で依頼
欲しい人材にその場でメッセージできるので、探し始めて数十分で依頼が成立する場合も。


海外進出の際の課題と解決リスト






- 目次 -




ワークシフトの海外調査

ワークシフトの海外調査では海外在住の専門家に直接依頼することができます。これまで官公庁や大手企業からの海外調査案件を多数受注しています。また、国内の調査専門会社様からのご依頼も多く、海外調査のスペシャリストとして高い評価をいただいております。
弊社の調査ネットワークは、世界210ヵ国12万人から成り立っているため、様々な調査に対応が可能です。これらの現地在住者の登録情報はWeb上で確認でき、学歴や専門性、過去の仕事実績などを把握することが可能です。

ワークシフトの海外調査の特徴

ワークシフトの海外調査では複数ヵ国を同時に調査することが可能です。近隣の地域に同じ調査を実施する場合のみならず、地域をまたいでグローバルな調査もおこなうことが可能です。現地在住者が業務を行うため、地元での仕事の進め方や習慣に熟知しており、また現地語による最新の情報へのアクセスも可能になります。
またワークシフトの登録者には日本での業務経験を有していたり、有名大学を卒業した人材(元留学生)が多く、海外現地での作業であっても日本語で仕事を依頼できます。さらに、海外在住者に仕事を依頼する場合でもあっても、ワークシフトのプラットフォームを活用することで、国内銀行への円決済で支払ができます。

ワークシフトで依頼できる海外調査

フィールド・リサーチ

世界210ヶ国、12万人の登録者がリサーチャーとなり、現地の最新情報をお届けします。 例えば、現地の店舗調査や現地の写真撮影、動画撮影などで、海外現地のリアルな状態をレポートします。

店舗調査
現地の対象店舗を直接訪れ、外観や内装、商品メニューや陳列棚の撮影を行います。また、店舗の営業状態も詳しく調査することが可能です。
写真撮影
現地の対象地域や対象物を直接訪れ、写真を撮影します。撮影地の様子をレポートとして報告します。
動画撮影
現地の対象地域や対象物を直接訪れ、動画を撮影します。撮影地の様子をレポートとして報告します。ご要望によっては動画編集を行います。

デスク・リサーチ

日本の有名大学や大学院を卒業した人材や、実際に日本企業での勤務経験ある人材を活用して現地語で文献調査ができるので、よりリアルで正確な情報を入手しやすくなります。

現地企業調査
競合調査や協業先候補の調査を行います。現地語で書かれている企業情報の翻訳や、Webサイトなどで展開している商品やサービスの概要、価格などを調査しレポートにまとめます。
レポート作成
現地のWeb上に掲載されている情報や書籍などの文献を元にレポートを作成します。
マーケット調査など
現地の市場規模や競合商品、企業数、消費者の意識などを調査します。Web上などで人気の商品や口コミ、噂などを調査します。現地の大手ECサイトでの価格や口コミ内容などを調査し翻訳しレポート化します。

インタビュー(ヒアリング)

現地時間で、現地語で交渉することで、より効果的なインタビューを設定できます。
弊社登録者に加え、その友人や知人を使ってインタビューやヒアリングを実施できるため、より調査のターゲット像にあったインタビュー対象者を確保することが可能です。

ビデオインタビュー
オンラインの通話形式で現地人にインタビューをすることが可能です。リアルタイムにインタビューを行うため、より踏み込んだ内容の質問を行うことができます。現地人とのビデオインタビューに必要な通訳は弊社でもご用意が可能です。

アンケート

ターゲットを絞ったアンケート調査ができます。例えば、日本に複数回以上旅行したことのある人などをグルーピングしてアンケートを行うことができます。対象者の生活習慣や消費に対する意識、商品やカテゴリーの認知度を調査することが可能です。

個別アンケート
テキスト形式で現地在住の対象者にアンケートを実施することができます。日本語から現地語への翻訳も担当者に任せることが可能なため、調査実施前に翻訳する必要はありません。
集団アンケート
調査対象者を複数人に増やしてアンケートを実施します。複数人にアンケートを依頼することができるので、より精度の高い結果を得ることが可能です。

海外調査の対象地域

世界210ヵ国のエリアをカバーしておりますが、特に日本企業様からのご依頼が多いのは次の地域です。
ヨーロッパ:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア
東南アジア・南アジア・東アジア:タイ、ベトナム、中国、インド、香港

SNSなどの普及によってモバイル環境が広がり越境ECの裾野が広がる


品質に対する取り組み

お客様が納品物にご満足いただいてからお支払いが完了する仕組み(エスクロー決済)や、これまで数千件にわたる取引を行ってきた弊社担当社員が調査・納品完了までをサポートします。



海外調査の事例

これまでワークシフトでご依頼いただいた海外調査の事例についてご紹介いたします。

ドイツの小売販売店での飲料品キャンペーン調査

ドイツ国内のスーパーマーケットなど小売店での調査になります。酒類の販売時に付いてくるオマケなどキャンペーン景品の内容や陳列の状態などを撮影、簡単なレポートを作成する業務です。

台湾でのチョコスナックのトレンド調査

台湾現地で今どのようなチョコ菓子が流行しているのか、商品名や商品に対する意識などを複数の台湾現地人からアンケート形式で回答してもらい、レポートとしてまとめます。その後海外進出における事前資料として使用しました。

フィリピンのホテルに関するWEB調査

フィリピン現地でホテルを検索した際にどのようなホテルが表示されるかを調査・報告する海外調査です。日本を代表する不動産会社からのご依頼でした。

中国国内の販売商社・代理店の調査

中国国内のあるBtoB業界の販売商社・代理店リストを作成する調査業務です。企業名や所在地、会社の実態、取り扱っている商品カテゴリーなどをWebで調査・レポートを行います。

インドネシア旅行会社のリストアップ、アポイントメント取得

インドネシアにおける著名な旅行会社、旅行メディア、クリエイターをリストアップ、アポイントメントを取得する業務です。東京の観光マーケティング関連会社様からご依頼をいただきました。

香港でのスキンケア市場におけるランキングの調査とアンケート調査

香港でのスキンケア商品の調査において、各種ECサイトでのランキングのレポートと、知り合い複数名へのアンケート調査を含みます。



相談無料、電話番号 お問い合わせ




海外調査はどのような場合に必要?

海外調査とは、海外のある特定地域の情報を収集することです。海外調査の対象や方法は様々なものがあり、代表的なものは意識調査、社会調査、市場調査、地質調査、信用調査、家計調査など現地の人々を対象としたものから、現地の法律や統計情報を調査するものまで多岐に渡ります。 海外調査は、海外でビジネスを始める際には必ず行われる調査であり、またビジネスの目的以外にも公的機関や学術機関によって行われることもあります。

ビジネスを行う前段階で実施される海外調査では、自社の製品や商品が現地に受け入れられ、利益をあげることができるようになるかどうかと言う視点から調査が行われます。

SNSなどの普及によってモバイル環境が広がり越境ECの裾野が広がる


ワークシフトからのお知らせ


企業が海外に進出するために必要な店舗

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い日本企業の海外展開が著しく難しくなったいま、今後の海外進出に向けてできることはあるのでしょうか。課題と解決策をまとめました。
コロナで海外出張に行けない!海外出張の代行で押さえておきたい5つのポイント


海外調査は一般の中小企業には難しい?

一般的に海外調査を行う際には時間的、金銭的なコストが発生します。特に自社単独でこれらの調査を始める場合には多くのコストを割く必要が出てきます。海外を対象とした調査はビジネスにおいても学術的なものにおいてもハードルが高いものがほとんどです。では実際にどのような難しさがあるのかをご紹介していきます。

言語的な難しさ

海外の調査を行う際には、現地で実際に使われている言語で調査を行うことが重要です。英語などで調査を実施できることもありますが、現地のリアルな情報を収集するためには現地語で調査を行うことが重要です。 定量的調査の場合にも定性的調査の場合にも現地の言語で調査を行うことで現地のリアルを正しく把握することができます。ここまでご説明してきたように、海外調査には現地で使われている言語が必要ですが、中小企業の場合、車内のリソースだけでは現地の言語を扱えるスタッフを準備することができない場合もあります。そのような場合には複数の言語を扱うことができるバイリンガルに仕事を依頼することで、この問題を解決することができます。

地理的な難しさ

もう一つの難しさとは地理的な難しさです。海外調査でリアルな情報を入手するためには調査対象の地域に直接行く必要があります。しかし、日本は島国であるためどこへ行く際にも移動のために時間的、金銭的コストがかかります。そのため、海外調査を行おうと思ってもそのコストが負担できないことが原因で海外調査を諦めざるを得ないことがあります。そこで、海外に実際に住んでいる人材に調査を依頼することで、これらのコストを抑えて調査を実施することができます。


Googleトレンドを活用して越境ECに適切な商材を調べる

相談無料、電話番号 お問い合わせ

海外調査でどんな課題を解決できるのか(海外進出やインバウンド対策、越境ECで効果を発揮するのが海外調査)

海外調査は様々なビジネスの場で必要とされます。特に海外とのやり取りを行う場合にはほぼ必ず海外調査が必要になると言ってもいいでしょう。分野別に、どのような場合に海外調査が必要になるのかを順を追って説明していきます。

海外進出

企業が海外進出を行う際において、海外調査は必要不可欠な前準備です。海外で自社の商品や製品の売り上げを出す場合には、進出先現地のニーズやマーケット情報を掴むことが必要不可欠です。そこで海外調査を実施する必要があります。 企業が海外進出をする際の海外調査は一般的にマーケティング調査を行うことが多いです。 マーケティング調査には様々なものがありますが、企業が商品や製品を販売する際に行われる調査はアンケート調査や面接調査、グループインタビューなどがあります。 BtoCの商品や製品の場合を海外で販売する際には、現地の消費者の行動パターンや意識を調査する必要があります。現地人の生活の中で、どのようなシーンで使用されるのか、すでに似ている製品はあるのか。 これらの定性的な情報は、統計的なデータからは読み取ることはできません。 また、これまでの大量生産大量消費の時代から、よりパーソナライズされたものが好まれるこれからの時代においては、実際の現地人から直接得る情報は現地で売れる商品・製品を開発、販売する上で不可欠な情報です。

また一方で現地の統計データを調べることも産業をマクロの視点で把握する上では重要な情報になります。 マクロ的な統計データを得るためにまず見るべきは政府や公的期間のデータベースです。これらの企業活動に役立つデータが日本ほど揃っている国はほとんどありませんが、それでも大枠のニーズを掴む上では役に立ちます。ただ、これらの政府系データベースでは情報のほとんどが現地で使われている言語または英語で記述されているため、日本企業が使うことのできる情報にするためには翻訳の作業が必要になります。

また、最近は検索エンジンの精度向上により、現地で有名だったり人気なものを調べるのが容易になりました。 またSNSの普及とその活性化によって、現地の消費者にとって人気の商品や流行を把握するのが簡単になりました。 海外進出をする際にはこれらの調査を行うことで、より現地での成功の確率を高めることができます。

インバウンド対策

インバウンド対策を行う際にも海外調査は重要です。インバウンドでは訪日外国人から購入を狙います。そこで、訪日外国人にはどのようなニーズがあるのか、訪日の際にどのような消費をする予定なのか、を把握することでより効果的なインバウンド対策を行うことができます。 訪日外国人は訪日した際にどこへ行くのか、何を買うのか、何を食べるのかは訪日前にある程度決めています。なぜそれらを選択しようと思ったのか、その決め手を知ることができれば、自社にとって有効なマーケティング施策を準備することができます。 他にも、その国で流行している日本の文化などを把握することで、それらの訪日客のニーズに応じた商品や製品を準備することができます。

越境ECビジネスを始める上での調査の手順のターゲット現地で検索エンジンを使用する

越境EC

越境ECにおいても海外調査は有効です。海外在住者は日本のECサイトを利用して日本の商品や製品を購入します。日本のECサイトを使ってまでして買いたい商品にはどのような魅力があるのかを消費者目線で理解することで、より大きな販売に繋げることができます。また、その商品や製品を購入するにいたった背景を知ることも越境ECにとって重要です。 現地で流行している日本に関する情報を把握することで越境ECでの売り上げをアップさせることができないのでしょうか。

これらの海外に関連するビジネスを運営している場合にはそのビジネスを成功させるために海外調査はとても重要だと言えます。 またビジネスに関係ない社会調査や研究でも海外調査が必要な場合があります。

海外調査にかかる費用・コスト

海外調査を実施する場合には、自社で実施する場合と外注する場合があります。前の章でご紹介した通り、自社で海外調査を実施する際には言語的な問題や地理的な問題が存在し、自社内のみで調査を完結するのは難しいという側面があります。そこで海外調査を外注するという方法もあります。ただし、海外調査を外注するとそれなりのコストが発生します。そこで海外調査を外注した場合にコストを代表的なものを参考にしながらご紹介していきます。


食事でインバウンド対策

海外調査会社に依頼した際の費用

海外調査を専門にしている調査会社に海外調査を依頼した場合、1カ国につき最低でも10万円の費用が発生します。調査会社間のネットワークを使って現地の生の情報を入手するのに最低でも10万円程度の費用が発生します。10万円以下の調査は、現地の生データなどを収集するものではなく、統計データやこれまでのデータを入手する場合に必要なものがほとんどです。

企業が実際に海外調査を実施する場合にはそのほとんどが複数国、複数地域を対象にして行われ、調査内容も特定の商品や調査項目であることがほとんどです。このような調査を実施する場合にはたいてい最低でも50万円ほどの費用が発生します。 前述した通り、言語的、地理的な問題が存在することによって調査会社に依頼する場合でも調査費用は高額にならざるを得ない状況があります。

例えば自動車に関する海外調査の場合にはどれくらいの費用が発生するのか、一般的な事例を見てみます。 下記画像をご参照ください。

海外調査には一般的にこのようなコストが発生するため、中小企業にとっては調査会社にこれらの調査を依頼するのは難しいと言えます。資金力に比較的余裕のある大企業の場合には数百万円単位のコストを負担して海外調査を調査会社に依頼することも可能ですが、資金力余裕がない場合、そうではありません。

また、海外調査をして自社の期待にあった結果を得ることができればビジネス的にも成果をあげるために必要なコストだったということができますが、期待していた調査結果ではなかった場合、成果に繋がらないコストになりかねません。数十万円から数百万円が成果に繋がらないコストになることは、資金力に余裕のない中小企業にとってはとても大きな負担です。

「海外調査を実施したいが自社内で調査を完結できるリソースがない」、また「調査会社に依頼するだけの金銭的な余裕がない」場合にはどうやって海外調査を実施すればいいか迷ってしまいます。

海外調査を実施すれば海外とのビジネスに繋げるチャンスにできるのにも関わらず、海外調査が実施できずにそのチャンスを逃してしまうのはそれらの企業にとっても日本の経済にとってももったいない機会損失です。 そこで少しでも海外進出の準備するためのコストを少しでも少なくなくするために、ワークシフトでは外国人の人材に直接仕事を依頼することのできるサービスを展開しています。 ワークシフトには世界160ヵ国以上、5万人以上の人材が登録しているので彼らに仕事を依頼すれば、海外調査に関わる業務をコストや時間を大幅に削減して実施することができます。

海外のフリーランサーに「海外調査」として仕事を依頼できる実際の業務例

店舗調査

海外進出において、進出先地域へでの販売戦略を考えるためには実店舗でのリアルなデータ収集が必要になります。しかし現地へ自社社員を派遣しての調査は旅費や滞在費等さまざまなコストがかかり、気軽には実施できません。ワークシフトでは、現地在住のフリーランサーに直接仕事を依頼して店舗調査をすることができます。

自社のスタッフ自ら出向く必要がないため、コストと時間を削減するできます。また多人数へ依頼すれば、広範囲での調査も実施可能です。小売店や飲食店、さらに現地の農場や工場への調査にも活用できます。

越境ECを実施するためのWebサイト

Web調査

Webマーケティングを実施する際にはその製品や商品を象徴するキーワードがあります。しかし、同じキーワードでもWeb検索の結果は地域や言語によって異なります。ワークシフトでは、指定したキーワードでの検索結果をフリーランサーにリストアップしてもらい、それを国ごとに収集することが可能です。各国の売れ筋商品やメジャーなトレンドを知れば、海外進出やインバウンド対策の成功に役立てることができます。また、ホームページやWebサービスのSEO対策を行う際にもこれらの調査結果を活用することができます。

アンケート調査

例えば、あるサービスに対する感想として多くの外国人の意見が必要な場合、調査協力者を集めるには手間と費用がかかります。特に海外で調査をおこなう場合、アンケート文面の翻訳も必要になり、また協力者の募集などがより困難になります。ワークシフトでは全世界に登録している人材が住んでいるので、世界中の人材にアンケートを依頼することができます。

世界各地に住んでいる人材の友人・知人といった現地のネットワークを利用してアンケートを拡散してもらえば、より多くのデータを効率的に収集することも可能です。インバウンド対策として現地で流行している商品やTV番組などのシェアや印象の調査にも活用することができます。

事前簡易調査

海外進出の第一歩は、まず現地の状況を知ることです。その国の風俗や慣習、競合となり得る企業の存在など、ビジネスを進める上でハードルとなるさまざまな要因があります。

進出先の国について知りたい際に、ワークシフトでは現地在住の人材に簡単な聞き取り調査を依頼できます。また、協業先や提携先などのリスト作成を依頼する事も出来ます。

進出前の事前調査としてご利用ください。調査会社に依頼する際には簡易的な調査は受け付けてもらえないことがほとんどなので、まず低コストで試してみたい際には最適な依頼方法となっています。

マーケット分析

世界各国の市場調査をおこなうにあたり、各地のデータ収集は欠かせません。しかし、広範囲にわたる調査には多くの人手が必要です。『人件費を少しでも抑えたい』そんなときワークシフトでは、マーケティングのためのデータ収集を現地のフリーランサーに直接依頼することが可能です。

店舗調査、電話やメールなどさまざまな手段で実施可能なため、ネットの情報だけではわからない各国民の動向等、有効なデータを効率的に収集することができます。

データ収集分析

世界各国の現地に住んでいる人材を活用することで、日本にいながらにして日本では得ることができないさまざまなデータを収集することが容易になります。現地人材ならではの、現地語による細やかな情報収集により、ニーズに合わせた多様なデータを集めることができます。

複数の地域で定期的に調査を実施することで、将来的な海外展開に備えることや国際市場の動向把握にも有効です。各地域の企業への資料請求はもちろん、各国の文化慣習などのデータを集めた上で、card化やリスト化といった情報加工作業も可能です。

越境ECを実施するためのWebサイト

海外調査に関するワークシフトのこれまでの依頼実例

海外調査を実施するにあたって、どのような業務を海外在住の人材に依頼することができたのか、これまでの実例をご紹介していきます。 実際にどのような仕事を依頼することができるのか、時間や金銭的なコストはどれくらいかかるのかを把握することで、海外調査をさらに役に立てることができます。

台北でのチョコスナック菓子に関する調査

このお仕事は、台湾におけるチョコスナック菓子のトレンドに関する調査を依頼するものでした。
複数人からアンケートの形式で調査をしてもらうことで、現地に進出する際の参考資料として使用する予定で仕事を依頼しました。
この仕事に応募する条件としては、台湾現地の都市部に住んでいること、日本語でコミュニケーションを取ることができること、日本の文化に対してもある程度の理解があること、情報収集とそのレポーティングをすることができること、などがありました。 報酬は、応募後の調査内容により30,000円~50,000円として設定されていました。 上記の仕事をこれらの条件で募集した結果、複数人からこの仕事に対する応募がありました。

本来であればこの調査を実施するためには台湾現地に調査員が出張し、翻訳・通訳者を雇って実施する必要がある調査でした。それらの際には社員の移動費用、滞在費、飲食費などがかかってくることで、数十万円のコストが必要になってしまう案件でした。それを海外に住んでいる人材にインターネットで直接依頼することで、10分の1ほどのコストで終わらせることができました。

少ないコストで海外現地に関する調査を終わらせることができれば、海外進出を検討する機会を増やすことができるので、海外進出が成功する確率を高めることができます。 インターネットを効率的に使って海外調査を現地の人材に直接依頼することで、自社の競争力を高めることができます。全世界160ヵ国に5万人以上の登録者がいるので、現地に出向かずとも日本から、海外へ仕事を依頼することができるのです。

実際に海外の人材に現地調査を仕事を依頼することができるということを、わかっていただけたのではないでしょうか。

フィリピン現地のホテルに関するweb調査

フィリピンでWeb検索を利用した際に、検索結果の画面にどのようなサイト、サービスが出てきているかを報告する調査の仕事です。
フィリピンで一番多く使われている検索エンジンで、ホテルに関する特定のキーワードを、それぞれの言語で検索した場合の検索結果のスクリーンショットと、検索結果に表示されたサイトをエクセルにリスト化します。

この仕事に応募する条件は、フィリピン在住、英語で日常生活ができること、できれば日本に観光に来たことがあることなどが設定されました。 報酬は6000円~10,000円ほど。
このお仕事には40人以上の人材からの応募がありました。実際に海外にはこのような調査の仕事を探している人が大勢いることがわかっていただけたのではないでしょうか。
特にワークシフトにはフィリピンの人材が多数登録しているので、フィリピンに関する業務の依頼はあらゆるものに対応できます。フィリプンは大学で高等教育を学んでも、国内に仕事がないという実情があるようです。

この調査に関してはフィリピンだけでなく欧米など複数国を対象に仕事が依頼されていました。このように、同内容で複数地域を対象にすることで、世界中の情報を集めることができます。世界中の情報を集めることで海外進出の際にどの地域に進出するべきかの優先順位をつけることができます。


日本の祭りでインバウンド対策

ビジネスの翻訳を日本語と台湾語で行う お問い合わせ



依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


コロナで海外出張に行けない!海外出張の代行で押さえておきたい5つのポイント

コロナで海外出張が出来ない中、国内からでも同様の効果を得る方法

コロナ時代に日本企業が海外進出する際の課題と解決策は?

コロナ後に大きく変化した世界の消費者ニーズ 継続的な調査がビジネスチャンスを生む



海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

企業が海外進出をするための準備とステップ(調査編)

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出に役立つ2019年の最新情報



海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

海外調査が必要な業種と海外調査の方法

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?

通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

アメリカに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

フランスに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

ワークシフトで活躍している通訳者をご紹介します。

これまでに依頼された商談時の通訳 事例集

これまでに依頼された展示会の通訳依頼の事例集

ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?

これから高まり続ける多国籍人材の重要性。その現状と課題

多言語翻訳・多言語対応を行う際の注意点とおすすめの方法

台湾語の翻訳を依頼したい

台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める