x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

海外向けSEOで外国人を集客するための基礎知識とコンテンツの作成方法


海外SEO対策をするコンテンツの作成方法


食事でインバウンド対策 こんにちは、ワークシフトの海外ビジネスサポートチームのアランです。
海外へ向けたビジネスに関する情報発信やサポートを行っています。

外国人に検索エンジンを通して自社のホームページやWebサイトに集客するための施策を海外SEO対策と言います。特定のキーワードを検索したときにその検索結果の上位に表示されることでターゲットとなるユーザーを自社サイトに呼び込むことができます。

ターゲットに流入するサイトになることで特定のユーザーを集客することができ、自社のプロモーションや認知度拡大をすることができます。

外国人をターゲットにしたビジネスを展開しているまたは展開を考えている場合には海外へのSEO対策を行い売上アップにつなげましょう。

ワークシフトでは外国語でのコンテンツの作成と翻訳を、外国人のフリーランサーに直接依頼することができます。205カ国80,000人以上の登録者が在籍するため、仕事を掲載すれば応募が届きます。

海外のSEO対策やコンテンツの作成方法に関して、もしくはサイトの使い方に関してお困りの場合にはお気軽にお問い合わせください。ワークシフトのスタッフが無料でご案内いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界205カ国から80,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。



海外のSEO対策で必要な考え方

Googleが検索エンジンを作る際に考えているのは、そのキーワードで検索した人の検索体験を最大化するということです。そのため、それぞれのキーワードで検索したユーザーが満足するようなコンテンツをサイトに準備するというのが海外のSEO対策を行う際にもっとも重要な考え方になります。

数年前まではテクニカルな方法で検索の上位にランクインすることも可能でしたが、ここ最近のGoogleの検索エンジンのページ判定アルゴリズムの向上によって、ユーザーの満足度を無視したテクニカルな方法では検索上位に表示することは難しくなっています。これらのユーザーの満足度を無視したテクニカルな方法はブラックハットのSEOと呼ばれています。

現在では、特定のキーワードで検索したユーザーに対し満足してもらえるようなコンテンツを丁寧に準備することがSEO対策では一番重要な考え方です。特定のキーワードで検索したユーザーが満足するようなWebページが検索結果の上位に順番で表示されていきます。

被リンク数やドメイン年齢といった要素もGoogleの検索順位に影響をすると古くから言われていますが、これらの要素による影響力は相対的には下がっているといっていいでしょう。コンテンツの質とユーザーの検索体験の向上をもたらすことのできるコンテンツの重要性が高まっています。

海外SEO対策のメリット

安定的な集客を期待できる

海外SEO対策には2つのメリットがあります。国内でのSEO対策のメリットとも同じですが、一度特定のキーワードで上位の表示をすることができれば、基本的には継続してその順位は維持できるため、長期的に集客の効果を維持することができます。

良質な、検索ユーザーが満足するようなコンテンツを作成することによって特定の検索キーワードで検索表示の上位を取ることができれば、検索順位が容易に落ちることはありません。つまり、検索順位の上位表示が続けば継続的に集客をすることができるということです。

そのため、一度上位に表示され、サイトへの流入があった場合にはプロモーション費用やマーケティング費用をかけずに継続してサイトに集客を見込めます。結果的に外国のターゲットを集客する際のコストを抑えることができます。

日本にいながら施策を実施できる

加えて、海外SEO対策はWebページを用意することができれば海外をターゲットにした集客を、日本にいながらでも実施できる施策です。サイト上にWebページコンテンツをアップロードしGoogleが提供するWebツールの基礎的な知識があれば、海外に向けてのSEO対策を実施することができます。

一般的には、海外へプロモーションやマーケティングをするための施策は、海外の代理店や代行会社とのコミュニケーションが必要になります。 しかし海外のSEO対策であれば、コンテンツを用意できれば海外とのコミュニケーションをせずとも海外に向けて効果を出すための施策を実施することができます。

つまり、海外SEO対策で効果を出すことができれば、海外向けのビジネスで効果を上げることができます。外国人に向けたビジネスを行なっている場合にはぜひ取り組むべき施策だということができます。

海外にマーケティングを実施していくSEO対策


海外SEO対策のコスト

良質なコンテンツを作成するには時間やノウハウが必要

ターゲットの集客に効果のあげるためには、競合の多い業界かどうかによっても変わってきますが、まず第一に良質なコンテンツを作成する必要があります。b特定の検索結果で上位に表示されるコンテンツを作成するためには一定以上の手間や時間がかかります。SEO効果があるコンテンツを作成するための業務フローは以下の通りです。

対策キーワードの決定 → 競合の調査 → コンテンツの作成 → コンテンツのリライト(編集) → 効果の測定 → コンテンツのリライト

SEOによる集客の効果を発揮するコンテンツを作成するにあたっては以上のようなプロセスを踏むことが重要です。

海外SEO対策のために準備するコンテンツはテキストをベースに画像や動画も盛り込んだWebページのコンテンツを作成し、検索したユーザーのニーズにあったコンテンツを作成することで、より海外のSEO対策で効果を上げることができます。

コンテンツに時間をかけたからといって、必ずしも結果が出るわけではない

ただ、海外SEO対策で注意すべきポイントは、SEO対策のために時間をかけてコンテンツを作成したからと言って、必ずしも思った通りの結果が出るわけではありません。これは日本国内でSEO対策を実施する上の注意点と同様です。

検索ユーザーの検索体験を最大化することは検索エンジン間の競争優位性になるので、少しでも検索ユーザーの体験を最大化するために、検索エンジンのページを解析する性能は年々あがっています。検索エンジンのアルゴリズムによって良質なコンテンツは正しく評価される仕組みになっていますが検索順位を表示するためのアルゴリズムはとても複雑なため、外部から順位をコントロールするための方法を理解するのは難易度が高いです。絶対に順位が上がる方法はGoogleの検索エンジンの作成者でさえ分からないようです。

そのため、SEO対策においては「絶対に効果の出るコンテンツ」を確実に作成することはできません。「検索ユーザーが満足するコンテンツ」を定量的・定性的に分析して作成していきます。

また、検索順位の変動の際にどのような要素が影響したかの判断をしにくいです。つまり、良質なコンテンツを作成した際に、時期要因やその他のネガティブな要因で期待した検索順位にならない場合にそれからどのような対策をすればよいのか判断が難しいと言えます。

海外SEO対策で必要な手順

対策するSEOキーワードの選び方

キーワードを選定するにあたっては、外国人が調べたいことと自社のビジネスにつながるキーワードをリストアップし、それらのキーワードに関して検索するユーザーを満足させることができるコンテンツを作成する必要があります。

どのようなキーワードが求められているのかを調べるためには、各種ツールを活用したり直接ターゲットに調査をすることで海外SEO対策で結果を出すためのキーワードを準備します。

検索エンジンとは?

Googleの検索エンジンはとても複雑なアルゴリズムで動いており、サイトの掲載順位を決定するためのサイトを評価する基準は200種類以上もあると公表されています。

検索エンジンがさまざまな角度からサイトやコンテンツを評価し、検索したユーザーが満足するような検索体験をしてもらうためにWebページの掲載順位を正しく並べるために設計されています。

検索エンジンはいくつかの企業が提供していますが、日本においてはGoogleの提供する検索エンジンの利用率が国内の全検索数の90%以上を占めます。国内でよく使われている検索エンジンの一つであるYahoo!JapanもGoogleの検索エンジンを採用しています。全世界においてもGoogleの検索エンジンシェアは高いため、Googleの検索エンジンの仕組みをすることで全世界に通用する効果的なSEO対策を行うことができます。

外国のユーザーを満足させるSEO対策


検索エンジン アルゴリズムの評価とは?

検索エンジンのアルゴリズムは複雑です。そのサイトを評価するアルゴリズムの中でどのような要素が大きな影響を持っているかというと、そのページのコンテンツの質の高さはもちろん、それ以外にも受けているリンクの質と量も検索順位に影響があります。被リンクの質の影響力は下がってきていますが、それでも現在も大きな影響力を持っています。

そのため、コンテンツを質を高めることを第一の目標に置き、さらには他のサイトに引用されるような良質なコンテンツを作成することが重要になります。

多言語サイトはURLを分ける必要性

海外の検索エンジンで特定のキーワードで上位に表示されるためには、多言語を使用しているページは言語ごとにサイトのドメインURLを分ける必要があります。

本来であれば、ドメインURLを分けずとも同じページ内で多言語の表記を書き分けても検索表示順位に変化が出るべきではないはずなのですが、今の検索エンジンでは言語ごとにドメインURLを分けないと正しい検索順位に表示されず、本来よりも評価が下がることがあります。

そのため、同一の内容でいくつかの言語を使ってコンテンツを作成する際には、ページのURLを変えて言語ごとにページを用意します。言語ごとにページを用意することでより効果を出すことができます。

複数の言語で同一の内容を作成するにあたっては、異なるURLのページを用意しましょう。

海外のSEO対策やコンテンツの作成方法に関してお困りの場合にはお気軽にお問い合わせください。ワークシフトのスタッフがご対応いたします。



海外SEO対策を実施するにあたっての実際のディレクション方法

海外のSEO対策で効果を出すためには、以下のプロセスが必要になります。

コンテンツの企画(キーワード選定、競合調査)

コンテンツの作成

効果測定

コンテンツの編集

効果測定

コンテンツの編集

外国語のコンテンツを作成する際には、まず日本語のコンテンツの準備をしてからそれを翻訳する場合と、対象の言語でゼロからコンテンツを作成する場合があります。

日本語のコンテンツを翻訳する場合

日本語のコンテンツを翻訳する場合は自然な翻訳を作成する必要があります。直訳では不自然な言語のまま、現地の人には十分に理解されないコンテンツになってしまう可能性があり、意味が通らないとそれは良質なコンテンツとは言えず、結果として検索エンジンからの評価は下がります。そのため意訳を含めた自然な翻訳を作成する必要があります。

SEO対策のために外国語コンテンツを作る方法

外国語のコンテンツを作成する場合

ゼロから外国語のコンテンツを作成する場合には良質なコンテンツにするためのディレクションが必要になります。良質なコンテンツを作成し、SEOのコンテンツを準備するための具体的なディレクションの方法としてはいくつかのステップがあります。

まず必須なのはキーワードの選択です。どのようなキーワードで検索結果の上位に表示させるかを決定します。「翻訳 英語」「通訳 フランス語」など、どのようなキーワードで、もしくはキーワードの組み合わせで検索した際に上位に表示させるかを決定します。ターゲットがどのような検索をしているかを調べましょう。

SEOに強いコンテンツを作成したことのある人であれば、対策キーワードだけで検索順位を上位で表示できるコンテンツを作成することができこともあります。

コンテンツを作成するに人がSEO対策に特別詳しいわけではない場合には対策キーワードと目次と文字数を指定します。文字数に関しては最低でも1500文字以上、理想は2500文字以上のコンテンツを作成することで検索順位で上位に入るための条件を揃えることができます。

対策キーワードの決定

どの地域でどのキーワードがどれほどの検索ボリュームを持っているかはGoogleの無料ツールを使用して判定することができます。GoogleAdwordsのアカウントを取得してキーワードプランナーというツールを使用することで各キーワードの検索ボリュームを調べることが可能です。※最近キーワードプランナーが変わり、正確な検索ボリュームはGoogleAdwordsにリスティング広告を出稿しなければ出なくなってしまいました。ただそれでも大まかなキーワードは調べることができます。

キーワードプランナーを使って各キーワードの各地域での検索ボリュームを調査することで、どこのターゲットにどんなビジネスを展開することができるかを判断することができます。ビジネスに繋がりそうな有効なキーワードをリストアップすることができます。

競合の調査

SEO対策を展開するキーワードを決定したら、次は競合調査を行います。特定のキーワードで検索して、現在の検索結果として表示されているページはどこかを調査します。Googleの検索エンジンでは検索1ページ目、10位以内に入ることが大事です。多くのアクセスは1ページ目の、さらに上位のサイトに流れます。自分のサイトが1ページ目の上位に入ることができるのか、つまり、現在検索結果の1ページ目に入っているサイトよりも検索ユーザーを満足させることができるWebページを用意できるのか、ということを考えます。

海外SEO対策を行う際、ビジネスのターゲットが複数の国と地域である場合にはそれぞれの地域によって検索結果に表示されるWebページは異なります。そのため各地域での検索結果を集める必要があります。
ワークシフトには全世界で働いているフリーランサーが登録しているので、彼らに依頼することで各地域、各言語での検索エンジンの結果を集めることができます。エクセルやスクリーンショットを集める仕事を依頼し、競合の調査を行なってください。競合の調査を行い、自分たちがそれらのページに勝てるのか、またはどのようなページを作成すれば上位10位に入ることができるのかを見通しましょう。

コンテンツの作成

上位の対策キーワードの決定や競合の調査を行なった上で、どのようなキーワードでページを作成するかを決めることができたら実際にコンテンツを作成していきます。

コンテンツを作成する上で大前提の考え方は「そのキーワードで検索したユーザーが満足する」ようなコンテンツを作成することです。どのようなコンテンツが「満足する」コンテンツなのかはキーワードによって異なります。「買いたい」なのか「知りたい」なのか、ニーズを見極めて検索ユーザーが満足するようなコンテンツを作成してください。

効果測定

実際にコンテンツを作成したら、効果を測定します。具体的にはGoogleの検索エンジンでの順位とページへの流入数を調査します。ページを作成してから十分な効果が出るまでには一般的に2ヶ月~3ヶ月の時間がかかると言われているので、その間はページの計測は放置しましょう。

ページを作成して2ヶ月~3ヶ月経ったらそのページの各キーワードでの順位を確認します。もし期待通りの順位に表示されていなければそのページは他のページよりも評価が低いということなので、文章の追加やイラストの追加などをして検索ユーザーが満足するようなページに改良しましょう。 ページを改良したら2~3週間待ってからまた効果を測定し、満足できるような結果が出るまでページの改良を行いましょう。

自社のSEO対策で海外進出


外国人に自社のSEO対策を依頼する方法

ワークシフトには全世界4万人以上の外国人が登録しているので、これまでご説明してきたようなSEO対策を外国人に依頼することができます。ページの現地語翻訳や外国語でのコンテンツ作成、または現地の検索エンジンを使った競合調査などを行うことができます。

「海外SEO対策を行いたいがどうすれば良いかわからない」「外国人を使ってSEO対策を行いたい」といったご相談がある場合にはお問い合わせフォームからご相談ください。無料で対応致します。

SEO対策するための仕事の依頼方法

ワークシフトのサイト内で仕事を依頼する方法についてご説明します。海外SEO対策をする場合には、いくつかのプロセスを踏む必要があります。

ワークシフトのサイト内で仕事を掲載します。その際にタイトルと仕事内容に関して、翻訳なのか1からコンテンツを作成するのかを明記します。

翻訳の場合でもコンテンツを作成する場合でもどの言語をコンテンツを作成しようするのかを明記します。

翻訳であれば元の文章を添付します。新しいコンテンツの作成であれば、対策するためのキーワード、目次、文字数、その他記事作成時の条件を伝えましょう。

翻訳またはコンテンツを作成してもらったら、それらの校正作業に入ります。

文章や画像、動画を含んだコンテンツをサイトにアップします。

外国人に依頼できるSEO対策

SEO対策として特定のキーワードで検索上位を狙うコンテンツを外国語で作成する際に、自社で外国語のコンテンツを作成できない場合、外国人にコンテンツの作成の全て、または一部を手伝ってもらうことができます。集客できるページを作成するステップを追って、外国人との協力の仕方をご説明します。

キーワードの調査

現地でニーズのあるキーワードを調査します。GoogleのAdwordsの機能であるキーワードプランナーを中心に、ターゲットの現地で現地語によって検索する際にはどのようなキーワードが検索されているのか、狙うべきキーワードはどのようなものかをリストアップします。

キーワードプランナー以外にも検索関連語ツールなどを使って狙うべきキーワードを選定していきましょう。
また、現地のニュースや流行など、数字には出て来ないキーワードも存在するので現地で生活している人から生の情報を得ることが重要です。

競合調査

検索結果で上位に表示させようとするコンテンツのキーワードが決まったら次は競合の調査をします。一般的には検索結果の1ページ目に出ることを目標にしますので、ターゲットの言語でターゲットの地域で検索した時にどのようなサイトが出ているかのレポートを作成してもらうことができます。

あるキーワードで検索した時のGoogleの検索結果のスクリーンショットを撮影し、どのようなサイトが並んでいるかレポートを作成します。 また上位のサイトをクリックして表示されるページのスクリーンショットとページのタイトルをまとめることができます。
競合調査を行った上で、本当にページを作成するのか、作成するとなったらどのようなタイトル、構成、レイアウトにするかを決定します。

コンテンツの作成

どのようなページを作成するのかが決定したら、実際にコンテンツを作成していきます。外国語ページの作成方法は、①日本語から外国語へ翻訳する ②外国語でそのまま作成する の2つのパターンがあります。

①日本語から外国語へ翻訳する場合には、まず日本語で外国語に翻訳するコンテンツを作成し、その後にターゲットの言語に翻訳をします。両方の言語に精通している翻訳者に依頼しましょう。 ②外国語でそのまま作成する場合にはページの意図、構成を作成者と共有する必要があります。

コンテンツの編集

日本語から翻訳する場合にも外国語でそのまま作成する場合にも文章の編集をする必要があります。翻訳の正しさを何度もチェックして現地でも通用する文章かどうかを判断する必要があります。

以上のプロセスを外国人に依頼することで海外のSEO対策をすることができます。ワークシフトには4万人の外国人オンラインワーカーが登録しているので、彼らに依頼することで協力して外国語コンテンツを作成することができます。


ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界205カ国から80,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。


依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める