translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点




- 目次 -



食事でインバウンド対策

日本語からタガログ語に翻訳する際の注意点

タガログ語は、フィリピン全国でどこでも使える共通の現地公用語です。映画、テレビ番組、コマーシャル、看板、新聞、本、ビジネスの書類などで最も一般的に使用されているのはタガログ語です。
しかし、フィリピンには数多くの方言があります。地域によっては、方言を複数習得しなければならない場合もあります。
タガログ語は、フィリピン全土で多くの地域で使用されています。フィリピンは徐々に都市化、工業化が進んでいます。

しかし、フィリピンには数多くの方言があります。地域によっては、方言を複数習得しなければならない場合もあります。タガログ語は、フィリピン全土で多くの地域で使用されています。フィリピンは徐々に都市化、工業化が進んでいます。
今回は日本語をタガログ語に翻訳する際の注意点をご紹介します。

まず特に気をつける必要があるのは、自動翻訳ソフトで日本語をタガログ語に直接翻訳することです。
日本語の中には、様々な表現が数多く存在しています。それらの独特な表現を自動翻訳ソフトで正確に再現するには現時点では技術が追いついておらず不十分です。

自動翻訳ソフトは人間と違って、人の喋り方や言葉の使い方、表現の真意などは判断・区別が出来ませんので、自然な翻訳を目指す場合には機械のみに任せずに様々な翻訳ツールを採用する必要があります。

タガログ語の翻訳者を検索

英語 vs タガログ語

フィリピン人は、個人差はありますが大抵の人は英語を理解できます。これは1898年のスペイン国の植民地化後から現在まで、アメリカ文化の影響を長く受け続けてきたためです。

英語はフィリピンの第二言語です。タガログ語のようにフィリピン全国でどこでも使用されています。英語は公式な場で使用されるとこが多く、あらゆるのメディア、学校、職場等で使用される言語となっています。

一方タガログ語をはじめとするフィリピン語(フィリピン国内の様々な方言を含む)は、未だに非公式の場では日常的に使用されています。フィリピン語はフィリピン人の母国語であり、多くの人々が親しみを持った人に使う言語だと考えているからです。

シンプルで重要な注意点

フィリピン人、あるいは外国人とコミュニケーションする際に最も大事なことは主張を丁寧に伝えることです。こちらが礼儀を守れば、相手も礼儀を守ってくれます。 礼儀を守りつつコミュニケーションすることで、より円滑なコミュニケーションを取ることができます。

フィリピン人のコミュニケーション・スタイル

英語はビジネス言語としてよく使われているため、英語を使うことができればビジネスで役に立ちます。しかし、多くのフィリピン人ビジネスマンが話す英語はアメリカ人やイギリス人など他の英語圏の発音・表現が異なるので注意が必要です。

また、フィリピン人のコミュニケーション・スタイルはアジアのそれと似ています。遠回しな表現や言葉使いがあり少しわかりにくい場面もあるかもしれません。ただ、このようなコミュニケーションに慣れている日本人にとって、このコミュニケーションスタイルはそれほど困難なものにはならないでしょう。

多くのアジア諸国と同様に、フィリピン人は「いいえ」と言うことを良しとしません。強く「No!」と言ってしまうと、対立的で不愉快に感じられるので、フィリピン人は「いいえ」を意味する場合でも「はい」という言葉で答えてしまいます(日本語の「結構です」と似ています)。そのため書面などによる合意がない限り、口約束などには注意深くチェックする必要があります。

遠回しな言葉遣いに加えて、フィリピン人のボディランゲージは外国人の誤解を招く可能性があります。彼らの笑顔は、同意や喜びを意味するものではありません。笑顔は単に恥ずかしさや迷惑、または意見の相違を隠すために使用している場合もあります。例えばビジネスシーンで、フィリピン人が常に「はい」と言って笑顔を見せても、決してそのビジネスがうまくいっているとは限らないので注意が必要です。ビジネスに限らず、お互いの事を本当に理解できているかどうかを何度も確認する事が非常に重要です。

食事でインバウンド対策


日本語をタガログ語に翻訳するためのアドバイス

ここまで紹介していきたこと以外で、タガログ語に翻訳する際に考慮すべき点は以下のポイントです。

1. 出来る限り単純な意味を持つ単語を使用する

日本語の単語は他国の言語と同様に文章内での使い方に応じて様々な表現ができます。 例えば、日本語の「ダメ」という言葉は使い方によって「いいえ」「やらない」「よくない」「お手上げだ」などいくつかの意味を持つ多義語です。
明確な意味を持つ言葉を選ぶことで、翻訳する際に自分が表現したいメッセージをはっきりと伝えることができます。

2. 日本文化に関わる表現、フレーズ、またはダジャレを使用しない事

一般的に、言語は同じ文化を経験して育ってきた民族同士でコミュニケーションするために使用されます。しかし、現代の世界では異なる言語間であっても翻訳する事で高い精度でお互いを理解する事が出来ます。

しかし、相手の言語を解っていても、ネイティブ・スピーカーやその言語が文化の一部になっている環境で育っていないとすべてのニュアンスを理解することは困難です。

例えば、挨拶に用いられる「頂きます」、「ごちそうさま」、「いらっしゃいませ」といった日本語の表現は翻訳する事が非常に難しいです。

3. タガログ語へ直接翻訳することが難しい場合、日本語を英語に翻訳してからタガログ語に翻訳する

日本語を直接タガログ語に翻訳して上手くいかない場合は、フィリピン第2の公用語でもある英語に翻訳してからタガログ語に翻訳することで、より良い翻訳が出来ます。

もし日本語の表現でタガログ語に無い言い回しがあった場合、誤訳する可能性が出てきてしまいます。しかし、その表現に近いものが英語にあれば、英語に一度翻訳することで上手くタガログ語へ翻訳する事が出来ます。

4. 簡単な単語やフレーズを使用する

翻訳業務は、文章がシンプルであればあるほど、解りやすく翻訳することが出来ます。

5. 言いたい事をストレートに伝える

多くの日本人は、あまりストレートな物言いをしませんが、相手に伝えたい事をはっきり伝えないことで相手が混乱するリスクが高く、明確な翻訳をすることが困難になります。

6. 翻訳した内容をネイティブチェックにかける

翻訳した内容が実際に伝わるタガログ語になっているかを確認するために、別のフィリピン人へネイティブチェックを依頼することをおすすめします。ネイティブチェックをおこなうことで、解りづらい表現や言い回しを事前に修正する事が出来ます。公表後に中身を勘違いされることで大きな問題が起きる事を避けるためにも事前にネイティブチェックをかけることをオススメします。

食事でインバウンド対策


日本とフィリピンのビジネス習慣の違い

国ごとに文化や習慣が異なっていることで、国民の考え方、仕事のやり方、問題対策、人間関係のやり取り等が違いがあります。日本人が知っておくべきフィリピン特有の商習慣をご紹介します。

1. 一般的な挨拶

フィリピン人の男性と女性は、会議や社会行事等で他の人と会う時、性別を問わず、一般的な挨拶として握手をします。また、友人や知人等の親しい間柄では、眉を少し上げるだけで挨拶とみなすこともあります。
親しい間柄の友人たちが挨拶する際、かなり大きな声を出すこともありますが、喧嘩しているわけではなく単なるジョークのようなものと受け取るのがよいでしょう。

2. パーソナルスペースについて

フィリピン人はフレンドリーな国民として世界中に知られています。親しい関係にある場合は、距離感が近くなったとしても問題はありません。

フィリピンでは、米国と同様、従業員当たりに1つのキュービクル・ボックスが設置され、パーソナルスペースが確保されたオフィスで働くことが一般的です。一方で日本企業の多くが導入している、従業員が隣り合って並ぶオフィスのレイアウトでも問題はありません。隣り合うタイプのオフィスのレイアウトは、フィリピンにある多くの日本企業でも実践されています。

3. 視線の合わせ方

真面目な話題や重大な問題について話し合う際は相手に目線を合わせて話した方が安心してもらうことができます。それ以外のケースでも、間接的なアイ・コンタクトでいいので目をみて話すことで安心してもらうことができます。

性別を問わず、親しいわけではないフィリピン人に長い時間視線を送ると、状況によっては攻撃的な態度と解釈されトラブルを招く可能性があります。アイコンタクトが大事なフィリピンでもこの点は他の国と変わりません。

4. タイムマネジメント

フィリピン人は時間への意識が薄く、決められた時間に遅れることが多いです。休暇の申請や会議やセミナーの出席時間等、予定と日程を厳守してもらう為には適切な対策を実施する必要があります。

5. 使用言語

フィリピンでは、タガログ語と英語が公用語です。先に述べたように、英語は教育、政府関係業務、ビジネスなどで幅広く使われています。高等教育を受けたフィリピン人はほとんど不自由なく英語を話せます。

しかし、日常生活ではやはりタガログ語を使用するのが好ましいです。少しでもタガログ語を話せる外国人は仲間意識を持ってもらいやすいです。

6. 独特なコミュニケーション

多くのフィリピン人はフランクで楽しい事が大好きです。その上、多くのフィリピン人は感情的な性格です。これは仕事中の時間でも観察することができます。そのためフィリピン人の従業員は仕事をサボっているように見えることがあります。フィリピン人は、職場の内外で色んなことを話すのが大好きです。

そのため、彼らの仕事の効率や成果を高めるためには、従業員の無駄な話を防止して様々な対策の試みつつ、検討する事が重要です。こまめに仕事の進捗状況をフォローすることも大事な施策と言えます。

フィリピン人は喜びや恥ずかしさを表現したり、緊張を和らげるために笑いのコミュニケーションを使います。失敗・ミスなどネガティブな画面でも笑顔を出すことがあります。

7. ミスしたフィリピン人への対応

多くのフィリピン人は、自分がミスをして間違った事をしてしまった事を解っていても言い訳をする場合が多いです。その理由は、周りの人に自分が間違えた事を知られたくないからです。また、自分が間違えた事によって責められたくない、あるいは叱られたくないためです。
叱責されると人によっては精神的に長い間で落ち込む場合もありますが、励ましてばかりでも反省や成長につながりません。

一番良いのは、周りに人がいないタイミングでミスをした当人と話し、自分がミスした事を認識しているかを確認する必要があります。その後の対策を本人に聞くことで、状況を改善する為のアドバイスを色々与えるチャンスになります。

フィリピン人は、色んな事で緩やかかも知れませんが、ちゃんとした礼儀の有る指示、指摘と指導をすれば、フィリピン人の信頼と尊敬を得る事が出来ます。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界210カ国から100,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。




依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

企業が海外進出をするための準備とステップ(調査編)

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出に役立つ2019年の最新情報


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

海外調査が必要な業種と海外調査の方法

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?

通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

アメリカに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

フランスに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは? これから高まり続ける多国籍人材の重要性。その現状と課題


多言語翻訳・多言語対応を行う際の注意点とおすすめの方法

台湾語の翻訳を依頼したい

台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める