x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

台湾語の翻訳を依頼する - 台湾語を日本語に翻訳する際の注意点


台湾語を依頼するには

ワークシフトでは台湾語と日本語の翻訳ができるフリーランスに仕事を依頼することができます。フリーランスに依頼するため、相場の数分の一の値段で翻訳を依頼できます。


翻訳の際に気にすべき点、台湾語と中国語に違いはある?

中国語と台湾語は若干異なる言語です。この2つの言語は、使っている文字や発音などベースとなる部分は同じですが、単語や文法は若干異なります。そのため、日本語から台湾語へ翻訳をする場合には中国語が理解できるだけでは不十分で、台湾語独特の使い方を知っている人に翻訳を依頼する必要があります。

ただ、台湾語は話し言葉であるという側面もあり、文章表現における正しい台湾語というのは定まっていない、という実情もあります。台湾語、中国語ともに表記には漢字を使う点は共通していますが、口語表現の場合は台湾語と中国語では語彙に差があります。その中でもインターネットに関する表現や新しい言葉、英語から翻訳した概念は全く違う字を当てて使うことが多いです。

台湾語と中国語の違い

一方で、台湾の北部に住む若い世代はほとんどが一般的に中国語と言われる北京語を話すことができます。逆に彼らの多くは台湾語を使えません。それに比べて台湾南部地域は台湾語を話せる人が多いです。また、台湾語は方言ごとにさらに詳しく分けることもできますが、翻訳の観点から見れば、台湾の中では台湾語と中国語の2つを使い分けることができれば特に問題はありません。

台湾に向けて日本語を翻訳するのであれば、これらの台湾の現状を考慮に入れた上で、ターゲットはどの層なのかを明確にした上で翻訳を依頼することで、より正確に伝わり結果に繋がる翻訳を作成することができます。若者向けてであれば北京語メイン、中高年以上を対象にするのであれば台湾語をメインにして翻訳、またはコンテンツの作成をする必要があります。

台湾語はインターネットでは翻訳できない

外国語への翻訳を考える際には、まずインターネットで提供されている自動翻訳サービスの利用を考えますよね。単語や簡単な例文であればインターネット上の自動翻訳サービスで対応できますが、台湾語にはインターネット上の自動翻訳サービスは存在していません。

自動翻訳サービス内で台湾語に近いものとして繁体中国語が選べることもありますが、厳密には台湾語と繁体中国語は同じではありません。そのため、日本語から台湾語へ正確な翻訳を作成しようとするとインターネット上の翻訳サービスだけでは正確な翻訳をすることができません。

台湾語翻訳の依頼をご検討されている場合にはお気軽にお問い合わせください。弊社の専門スタッフが24時間以内にご返信いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界200カ国から70,000人の登録者が、業務のサポートをおこないます。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか


台湾語を翻訳する際の注意点

中国語であれば無料の翻訳サービスはありますが、それらで台湾語を正確に翻訳することはできませんので、ビジネスで台湾語の翻訳を考えている場合にはインターネットの自動翻訳サービスではなく人間による翻訳サービスで翻訳を依頼することになります。

台湾語を翻訳する際の注意点

現在、台湾語の翻訳を専門にしている翻訳サービスは自動翻訳・人による翻訳ともにほとんど存在していません。多くの翻訳会社において、台湾語翻訳は中国語翻訳と一緒にされてしまっているようです。台湾語は中国語とは異なるにも関わらず、台湾語の翻訳は中国語の翻訳とひとくくりにされてしまっているようです。ですが、本来であれば台湾語は中国語とは別の言語として取り扱う必要があります

ワークシフトには台湾語と日本語を両方話すことができる人材が登録をしているので、彼らに翻訳を依頼することで、日本語から台湾語への翻訳を行うことができます。一般的な翻訳会社を利用する際にかかる翻訳の料金は1文字あたり10円が相場です。それにくらべ、ワークシフトのフリーランサーに翻訳をすると、ほとんどの場合1文字あたり6円以下になります(依頼毎に異なります)。場合によっては1文字2円で台湾語への翻訳を依頼することもできます。翻訳の料金の詳細はその都度フリーランサーとの交渉になります。

ワークシフトはクラウドソーシングの仕組みで翻訳を依頼することができるので、価格や納期などはその依頼内容によって多少変化があるものの、基本的には一般的な翻訳サービス会社よりも安いコストで翻訳を依頼することができます。なぜ安く依頼できるのかというと、翻訳を個人に方に依頼するため、中間コストが発生しません。それが価格をおさえて翻訳を依頼できる理由となっています。



台湾語翻訳に関するワークシフトでの過去の翻訳依頼事例


早稲田大学様 プレスリリースの繁体字翻訳

早稲田大学様はグローバル化の流れに乗れの中で海外からの留学生を集めようとしています。特にアジアからの学生や留学生を受け入れることに力を入れています。ただ、海外からの学生を集めようとしても、現地の学校や学校に実際に早稲田大学の知名度がないと集まってきません。そこで早稲田大学は海外から早稲田に留学をしようとしている学生向けのホームページを作成し早稲田大学への留学に関するページを作成しました。そしてそのホームページをターゲットの国々や教育機関に向けて発信する際に、ワークシフトのフリーランサーに翻訳を依頼しました。詳細はこちらhttps://workshift-sol.com/jobs/view/1754


台湾開催の日本の自治体開催セミナーの司会者

【概要】 日本の自治体が台湾の企業に向けて投資を呼びかけるセミナーが台湾のホテルで行われる予定になっており、当日のセミナーの司会進行役の募集のお仕事でした。当日は中国語と台湾語両方の通訳を用意する予定で、ワークシフトでは台湾語の通訳者のみの応募がありました。 台湾語ができ、これまで企業セミナーなどで司会進行を行なったことのある人物が求められていました。 このお仕事には1人の募集があり、実際にその方が採用されて台湾でのセミナーで司会進行を行いました。 https://workshift-sol.com/jobs/view/1876


【翻訳依頼:英語→繁体語】 アジア人向け日本観光コンテンツ記事翻訳

東南アジア向け日本観光記事の台湾語翻訳者を募集します!

外国に日本の魅力を伝える観光サイトを運営している会社様からの翻訳の依頼でした。 台湾語に翻訳すべきコンテンツは継続的にあるようで、今回はそれらのコンテンツのスキルチェックとしてまず短文を翻訳するお仕事でした。スキルマッチした方には月20,000-30,000ワードの翻訳依頼を想定しているとのことでした。 https://workshift-sol.com/jobs/view/1890


日本語観光案内文の台湾語翻訳

【概要】 こちらのご依頼は日本のある観光名所を外国語で紹介するために、その観光名所に関する案内をいくつかの言語に翻訳を依頼するお仕事でした。翻訳の際に重視するポイントとして、直訳ではなく各言語圏毎の文化を踏まえ、リアルに内容が伝わるような意訳をかけた翻訳をご期待されていました。台湾語と日本語に精通しているネイティヴだからこそできる翻訳の依頼でした。この依頼は台湾語だけではなく、他にもいくつかの外国語への翻訳の依頼が出ており、同時に何人ものフリーランサーが翻訳を進めました。ワークシフトでは台湾語だけではなく、多くの言語に関する翻訳も依頼することができます。

現地で発表するプレスリリースのため、特に慎重な翻訳が求めれられました。翻訳の分量は日本語にして1100文字、希望金額は5000円でした。また納期は約2週間となっていました。 詳細はこちらからご確認ください。https://workshift-sol.com/jobs/view/1754

【内容】

日本語(460文字)から各言語への翻訳
依頼者の選定前に簡単なアンケートに回答して頂きます。
■重視する点 / Requirement
・言語スキル
・日本への興味関心度が高い方
・継続して長期的にお仕事をお願いできる方
・コミュニケーションがこまめに取れる方
・納品物の品質(直訳ではなく内容が伝わるようにいかに意訳するか)

観光案内文の台湾語翻訳

最大8万円以上!台湾展示会アシスト及びリストアップ

<背景>
全世界でモバイルアクセサリーを展開するメーカーになります。

<目的>
台湾の展示会の手伝いをしてくれる日本語・台湾・英語堪能(トライリンガルまたはバイリンガル)な方を募集。

<仕事内容と条件>
展示会場内の通訳と製品の紹介。今回台湾での販路開拓をしたく、卸売業者のリストアップおよび展示会での営業業務を依頼します。そのため今回は台湾在住の現地の方限定の募集。

<卸売業者のリストアップ>
雑貨のチェーン店、セレクトショップ 、ライフスタイルショップを5件リストアップ

<依頼事項>
1、台湾の卸売業者のリストアップ 1,500円@1件(最大5件)
2、展示会での営業アシスタント業務 20,000円~25,000円@1日

展示会での通訳を台湾語で行う

リゾートホテルにおける紹介文の台湾語翻訳

日本でリゾート施設や温泉旅館、高級ホテルを展開している宿泊事業者のウェブサイトのコンテンツを英語から台湾語に翻訳するお仕事でした。

■ 翻訳の概要
一施設もしくは、一ブランドにつき、下記2点の翻訳を依頼します。
(1)施設・ブランド紹介キャッチコピー、英文文章で30文字程度
(2)魅力的な施設・ブランドのコンセプトやアクティビティーが、英文で300文字程度

■テスト
発注前に、1施設だけテスト翻訳をさせていただきます。
テストの翻訳文の品質が高かった方に、全39施設と、5ブランド、合計44個の翻訳を依頼します。文字数は、半角英字で13000文字程度です。

■スケジュール
1週間での納品です。

■必要なスキル
英語から中国語繁体字(おもに台湾、香港)へ翻訳。
高級感、リゾートのリラックス感、温かいおもてなし、が伝わる文章

■重要視する点・経験
・過去に通訳者・翻訳者として経験・実績がある方(ビジネス書の翻訳経験があるとなお良い)
・納期を守れる方
・正確さとスピード感を保って作業を行える方
・コミュニケーションがこまめに取れる方(英語でも日本語でも可)

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界200カ国から70,000人の登録者が、業務のサポートをおこないます。
業務提携先など
株式会社JTB、トランスコスモス株式会社、九州電力株式会社、帝京大学ほか



依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める