x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

高品質なネイティブチェックを依頼するために注意すべきポイント



- 目次 -


食事でインバウンド対策


ネイティブチェックで、より自然な文章に仕上げる

こんにちは、ワークシフトの海外事業応援部です。
ネイティブチェックとは文字通り、外国語で執筆した文章あるいは外国語へ翻訳した文章が自然に読めるものかどうかを、その言語を母語ないし第一言語としている人、つまりネイティブ・スピーカーに確認してもらう作業のことです。文法、スペル、表現上の誤りや不自然な点を校正・リライトすることでより読みやすく、より自然な文章へと修正していくことが目的となります。

ネイティブチェックという言葉自体は和製英語であり、主に日本語⇔英語に関する文章が対象となる場合が多いですが、ワークシフトでは日本語⇔英語以外にも、日本語⇔多言語、英語⇔多言語あるいは外国語⇔外国語であっても、優秀な経験豊富なフリーランサーによるネイティブチェックを依頼することができます。 

ネイティブチェックの予算の目安

ワークシフトではこれまでも数多くのネイティブチェックの依頼が出されています。ワークシフトでのこれまでの平均の予算は以下の通りです。

ネイティブチェックの予算

上記以外にも数多くのネイティブチェックの仕事依頼が出されています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。



ネイティブチェックに関してお困りの場合はこちらからお気軽にご相談ください。弊社のスタッフがネイティブチェックを実施する方法をご紹介します。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界205カ国から80,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。



ネイティブチェックの重要性はグルーバル化の進展とともに高まっています

一人で綺麗な文章を書くことは日本語でも難しいものです。どんなにキャリアを積んだベテランの小説家であっても、出版社の編集者による赤入れが入ります。いわんや外国語であれば、文章の洗練度だけでなくそもそも正しい文章が書けているのかどうかのチェックが必要となります。

例えば、国際会議の招待状や会議資料、議事録などを執筆・翻訳する場合、間違いだらけの文章で相手国側の信用を失いかねませんし、洗練されていない文章では失礼にあたります。こうしたミスをなくし、洗練された文章を仕上げるためのネイティブチェックはプロの翻訳家でも利用しています。

中国人にインバウンド対策


近年、グローバル化する市場への対応の一環として、多言語での情報発信やコンテンツ提供は、訪日インバウンド対策や越境EC、海外事業展開などにおいて今後ますます重要性を増していきます。こうした状況の下、発信する情報やコンテンツのライティングや翻訳に伴うネイティブチェックは、正確かつ洗練された情報やコンテンツを生み出す上で必要不可欠なものとなっているのです。



ネイティブチェックをしないと大きな機会損失になることも

訪日旅行客の増加に伴って訪日インバウンド対策が火急の課題となっている現在、日本のホテルや飲食店などは次々に英語や中国語、韓国語への多言語対応を進めています。しかし、充分なネイティブチェックをしなかった結果、週刊誌で記事にされてしまうような事態になってしまうことは避けたいところです。

例えば、滋賀県栗東市の公式サイトでは多言語翻訳機能を実装した際、マスコットキャラクターの名前が女性器の一部を示す英単語に変換されてしまうことがブロガーによって指摘されました(現在は修正済み)。予算の都合等により、Google翻訳など無料ないし安価の機械翻訳に頼らざるを得ないこともありますが、ネイティブチェックを介さないことで自治体などが笑いものになったり、公共の場所での指示や案内が伝わらなかったりすることはひいては現地の観光地としての信用を損ないかねません。

また、外務省がTTP協定文や説明の和訳に誤訳・欠落があったことを認める声明を発表したこともありました。TTPが本格的に動き出し、世界規模の巨大マーケットの誕生も視野に入る可能性が出た矢先なだけに、 誤訳がひとり歩きし、我が国の貿易などに不利益な解釈やそれに伴う措置が取られることになろうものなら、『あれは間違いだった』では到底済みません。

(参照記事)
https://nikkan-spa.jp/1040013
https://nikkan-spa.jp/1041072
https://nikkan-spa.jp/1040384



ネイティブチェックは経験のある翻訳者に依頼することが重要

ネイティブチェックという作業は、ただ単にネイティブ・スピーカーに頼めばいいという簡単なものではありません。そもそも話し言葉と書き言葉は別物ですので、ネイティブ話者であるだけでは十分ではなく、その言語における文章作成能力もしくは文章構成能力が必要です。

また、医療やエンジニアリング、あるいは法律といった専門性の高い領域のアカデミックな論文やビジネス文書、特定の商品やサービスに関する文章については、チェックするネイティブの知識量が要求されます。それらの分野の専門知識がないと、専門用語の正しい翻訳をかけることはできません。これらの意味でネイティブチェックはとても高度な作業であり、ネイティブだからと言って出来るものだとは限らないのです。

難しさを抱えるのはネイティブ・スピーカー側だけではありません。そもそもチェックを依頼する文章自体があまりに粗雑だと、ネイティブチェックによる修正と相まってなおさら読みにくい文章になってしまう場合があります。なんでもかんでもネイティブチェックさえすれば文章上の問題が解決して品質が向上する、という類いの作業ではありません。コストを抑えることを重視しすぎるあまり、結果的に余計なコストがかかったり、納品物のクオリティが下がったりしてしまう可能性があります。これを避けるためにも、目的に合った形、コストに見合った形で依頼をすることがスムーズなネイティブチェックには肝要です。

ネイティヴチェック対策にお困りでしたらこちらからお気軽にご相談ください。弊社スタッフに無料で丁寧にご対応いたします。

日本の祭りでインバウンド対策


ネイティブチェックとプルーフリーディングはどう違うのか?

先述の通り、ネイティブチェックという言葉は和製英語です。日本語でいうところの「校正」を英語ではProofreading[以下、プルーフリーディング]と言います。翻訳会社などのホームページを見ても、両者は混同して使われていることが多く、どこまでがネイティブチェックでどこまでがプルーフリーディングなのかという厳密な区分はあいまいなままです。実際、どちらも同じ校閲作業として一括りにしている場合もあります。

ネイティブチェックとプルーフリーディングのもっとも大きな違いは、正しい文章を目指すのか洗練された文章を目指すのか、だといえるでしょう。この区分もあくまでネイティブチェックの範疇に含まれない作業をプルーフリーディングに割り振ったものなので厳密ではありませんが、要するに両者は目的が異なるのです。

ネイティブチェックはスペルや文法、表現に間違いがなく自然かどうか、つまり文章としての正しさをチェックすることが重視されます。素晴らしい文章を書くセンスは必ずしも求められてはいませんし、原文からの変更は最小限に留め、原文のままの表現や意図を尊重することとなります。
一方、プルーフリーディングは当該言語でいかに表現が洗練された文章となっているかに重きが置かれます。よりスマートな文章へと修正を施すため、ライティング・スキルや原文に出てくる専門分野に対応するための知識が要求されます。

紅葉をアピールしてインバウンド対策

また翻訳の場合では、原文を見ながらの校正作業をおこなうかどうかも異なります。ネイティブチェックの場合、原文との照合は(作業過程で必要になる場合はありますが)必ずしもおこないません。なぜなら訳文がネイティブからみて正しいかどうかをチェックする作業に重きが置かれるからです。これに対してプルーフリーディングの場合、原文にない情報の解釈・加筆、他の訳案の提起、さらに紙幅に合わせた文章の短縮や要約(これらは別の作業として追加料金がかかる場合もあります)といった、原文と訳文を突き合わせての編集作業工程が含まれます。要件に合わせて文章を洗練させるためには、訳語の確認を超えた作業量とそれに見合うコストがかかることになります。

まとめると、ネイティブチェックとプルーフリーディングは作業をおこなう目的と、かかる作業量やコストが違うということです。仕事を依頼する時の目的に合わせて、またかけられる作業時間や予算に応じて、それぞれを使い分けることが重要ではないでしょうか。

3種類のネイティブチェック

ここでは、ネイティブチェックとして、あるいはプルーフリーディングを含めてどのような種類の仕事が依頼できるかを例示します。
もっともポピュラーなネイティブチェックは原稿チェックと翻訳文チェックです。依頼者が執筆・翻訳した外国語の文章を校正する作業にネイティブチェックは欠かせません。おそらく自分で執筆・翻訳できる方は語学力に自信があるかとは思いますが、第三者に文章を見せることは母語や第一言語で文章を書いた場合でも必須であることを考えれば、ネイティブチェックを依頼することは必然的だと言えるでしょう(必要性・重要性については2.を参照)。

また、他のライターが執筆・翻訳した原稿を二重チェックするという使い方もあります。例えばインバウンド向けのwebコンテンツをフリーランサーに多言語翻訳してもらった後、各国のネイティブのフリーランサーにその翻訳をチェックしてもらうことで、よりローカライズされたコンテンツを提供することが可能になり、効果的に市場へリーチすることができます。

 ライティングや翻訳の原稿に対して、他の翻訳案やライティング案の提案を求めることもプルーフリーディングとして依頼可能です。ライティング・スキルや専門知識が必要なためネイティブチェックよりコストはかかりますが、ゼロから執筆・翻訳するのではなく今ある原稿をもとに作業をおこなうため、執筆・翻訳作業よりもコストを抑えることができます。最終提出前に確実な内容のチェックをしたいというときに最適です。

ネイティブチェックを任せることのできる人の条件

ネイティブチェックを依頼する相手を選ぶ際、いくつかの条件を考慮することでより良い成果物を得ることができます。第一に依頼する言語のネイティブであるかどうかが重要です。当たり前のことかも知れませんが、依頼する言語により精通していることが必要であることを考えるとネイティブに頼む方が確実です。

次に、依頼相手の学歴や経験です。ネイティブとして話すことができることと正確で自然な文章の読み書きができることには大きな差があります。カジュアルな分野に関しては多少文法が間違っていても問題ないでしょうが、専門分野では文章のマナーに対するハードルは高くなり、些細なミスから信用を失いかねません。学歴が高かったり文章に関わる仕事の経歴があるフリーランサーであればこうしたミスをする心配もないはずです。

より精度の高いチェックを求める場合には、相手の経歴や経験を確認することも重要です。当該分野に対する専門知識を持っている場合や、あるいは専門家であればより正確な原稿チェックができますし、翻訳やライティングの経験があればクリエイティブな提案によってより洗練された成果物を得ることができるでしょう。

良いネイティブチェックを完成させるために意識すべきポイント

ネイティブチェックを頼む際、以下のことに気をつけてフリーランサーにお願いをすることでより想定通りのネイティブチェックを納品してもらえる可能性が高まります。

1つ目は、発注をするときには、フリーランサーが気持ちよく仕事を行える環境を整えることです。ネイティブチェック・プルーフリーディングでは、自らが文章を作り出したり、一つ一つの言葉を多言語に置き換えるようなことはしません。しかし、他人が訳したものをチェック・校正するという地道な作業であるため、それなりの集中力がいります。「ただ確認するだけだからすぐ終わるだろう」という考えで、短すぎる納期でスケジュールを組んでしまうとミスが起こりがちです。

2つ目に、具体的なイメージをフリーランサーにしっかりと伝えることです。翻訳の場合もそうですが、ネイティブチェックの品質・方向性などは100人に任せたら100通りの仕上がりになるのが現状です。そこで、出来上がった文章・キャッチコピーの対象が誰なのか伝えましょう。研究者、女性、子ども向け、だったり、同じ英語でもイギリス英語かアメリカ英語で違うと文章の方向性は変わってきます。このようなことを面倒くさがらずにフリーランサーと密に連絡を取り合うことが必要です。

また、ライターにお願いした文章の校正を他のフリーランサーにネイティブチェックを頼む際、複数人に頼みすぎないことも大事です。ネイティブチェックに人数をかければかけるほど、どの文章が正しいか分からなくなってしまう場合があるからです。

特にネイティブチェックが求められる分野

ネイティブチェックが求められる分野は実にさまざまです。2.で例に挙げたような国際会議は、その最たるもののひとつでしょう。

正しく、洗練された情報やコンテンツを必要とする場面は、ひとつの分野を取ってみても数多くあります。訪日インバウンド対策であれば、多言語での観光案内や公共交通機関の表記に多言語対応が必要となってきます。また、飲食店のメニューなど、直接外国人を相手にする場所でも商品やサービスについて正確に伝えるためにはネイティブチェックは欠かせません。商品やサービス情報を魅力的に伝えるため、webコンテンツのライティングや翻訳と同時にネイティブチェックやプルーフリーディングをおこなうことは重要です。訪日インバウンドだけでなく、越境ECのようにインターネットを介したビジネスにおいても同様に多言語対応と正確で自然な翻訳が求められます。

ビジネス文書の中でも医療系、エンジニアリング、外交、法律などの専門領域の知識が要求される場合にはネイティブチェック、さらにはプルーフリーディングが重要です。各専門分野における術語やその定訳などをふまえ、よりわかりやすく洗練された文章を目指すには、語学的な校正だけではなく外国語でのライティング・スキルも要求されます。

東京タワーはインバウンド対策

ネイティブチェックを依頼したいシチュエーション

翻訳に伴うネイティブチェックの依頼を実施したいシチュエーションはどのようなものがあるでしょうか。

「自分で翻訳したけど文法や適切な単語は使えているだろうか?」

「国際ジャーナルの査読提出前に英語表現のチェックを受けたい」

「自社の商品を越境ECでアピールするために洗練されたwebコンテンツを書きたい」

「駅の電光掲示を各国語でも流したいけどチェックできる人材がいない」

「繁忙期が来る前に店のメニューを多言語化したいけど、スピーディーな確認を頼めるの?」

「フリーランサーから翻訳の納品があったけど、自分では正しく訳されているか確認できないので誰かにチェックして欲しい」

このようにな状況でネイティブチェックを依頼したい場面は出てくるでしょう。ワークシフトには約5万人の外国人登録者がおり、翻訳やネイティブチェックの経験が豊富な人材も数多く登録しています。ネイティブチェックを依頼したい場合はワークシフトの外国人をぜひご活用ください。

ネイティブチェックの依頼方法について、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界205カ国から80,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。


依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める