translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?


海外での通訳業務


食事でインバウンド対策 こんにちは、ワークシフトの海外ビジネスサポートチームのアランです。
海外へ向けたビジネスに関する情報発信やサポートを行っています。

海外での調査を行う際には現地の通訳を雇って現地の企業や現地人とやりとりすることがあるかと思います。 通訳の通訳技術や経験により、現地人とのやりとりに差が生まれます。そこで、適正な通訳を採用するために、日本ではどのような通訳会社が存在するのかをご紹介していきます。



通訳のサービスを提供している会社はどのような種類が存在する?

長年通訳者を抱えている会社

海外現地での通訳や現地アテンドといったニーズは数十年前から存在します。また国際政治や行政の場でも通訳は必要とされてきた職業であるため一定のマーケットが存在します。時代背景を遡ると、政治の場での通訳は長い間必要とされてきました。ビジネスの場での通訳は高度経済成長期より後から発展し、グローバル化が進み続ける現在までにニーズは高まり続けています。

通訳の現地アテンド方法としては主に2種類の方法があります。1つ目は日本在住の通訳者と共に現地に向かい、会議や面談などに同席してもらう方法です。この方法のメリットとして、通訳者と日本で直接面談をすることができるため品質が担保できるということ。また会議や面談を行う現地での集合の際に連絡がつきやすいことが挙げられます。

ことが挙げられます。 他にも、通訳者を確保しやすいというメリットもあります。後述する現地での確保となると、世界中に支店を持っている通訳会社でないと基本的にはすぐに通訳者を手配することができません。日本から連れて行く場合には中小の通訳会社でも比較的対応しやすいと言えます。

その反面で、日本から現地への渡航費用などは依頼者が負担することになるので高コストになりがちです。また、拘束時間に関しても通訳者の日本から現地への渡航時間も基本的には通訳者の拘束時間として料金に上乗せされてしまいます。
通訳者を日本から連れて行く場合には以上のようなメリットやデメリットがあります。

海外での通訳の依頼方法に関して、もしくはサイトの使い方に関してお困りの場合にはお気軽にお問い合わせください。ワークシフトのスタッフが無料でご案内いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界210カ国から100,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。



海外での通訳業務


現地の登録人材を派遣する会社

前述した「日本から通訳者が同行する」通訳以外に、「現地の通訳を直接手配する」という通訳方法も存在します。これは通訳に同席して欲しい場所や日時が確定している場合に、現地に在住の通訳者と現地で合流し同席してもらうという方法です。

この方法に関してもメリットとデメリットが存在します。
まず現地の通訳を直接手配するという方法のメリットとして一番大きなのは費用を安くできるということです。現地に在住の通訳者を手配するため、日本から通訳者を同行させる場合よりも拘束時間が短く渡航費用も発生しないためです。
現地在住者に直接依頼するため、通訳を実施する現地で直接合流をすればよく、それまでの経費は必要ありません。実際の通訳としての稼働時間ベースの料金だけで済みます

現地の通訳を直接手配する方法のデメリットとして「通訳の品質確認を十分に行えない」という問題があります。事前に電話会議などを行えば一定のチェックをすることは可能ですが、それでもフェイスtoフェイスで確認できることには及びません。
他にも、現地で待ち合わせをする場合等でも混乱する場合があります。日本から現地に出向く企業はただでさえバタバタしている状況です。現地での通話品質が乱れていたり、何かとトラブルがおきやすい状況となります。また、通訳者が直前にトラブル等に巻き込まれた場合連絡がつきづらく、同席のタイミングで混乱することがあります。
現地の通訳を手配する場合には、現地に支店やネットワークを持っている通訳会社にコンタクトをする必要があります。現地に支店を持っているとなるとそれなりに大きい規模の通訳会社であるため対象が少なくなります。一方で現地の通訳会社とのネットワークを持っている企業に依頼するとなると紹介料を上乗せされることになるので割高になりがちです。

安心して通訳を依頼するためにはどうやって判断すればいい?

確実な品質の通訳者に依頼するために必要な着目点はいくつか存在します。まず、通訳を実施しているカテゴリに着目します。通訳と言っても国際政治の会議といったハイエンドなものから一般の商談、日常会話レベルまで様々な場面が存在します。
場面やレベル、業界や専門知識によって通訳者に求められる専門性が異なってくるため、その言語ができるだけでは不十分で、目的に合ったバックグラウンドや経験を持っている通訳者に依頼することで、より目的に合った使い方をすることができます。

通訳の際の言語と場所がマッチしているのは前提の上で、さらに業界についての専門知識や経験などを確認できる通訳者に依頼することで、より海外での成功に近づけることでしょう。
通訳者の専門知識や経験を確認する上で、通訳者と直接相談をできる場合と直接相談できない場合があります。

海外での通訳業務


通訳が求められるシーンと専門知識と経験

実際の通訳業務を必要とするシーンはいくつかあります。それぞれのシーンによって通訳者に求められる専門知識や経験は異なってきます。

現地アテンド

海外現地へ訪問や視察を行う場合に現地での同行を行うのが現地アテンドです。移動手段の確保や施設への出入りには現地語でのコミュニケーションが必要とされることが多いため、これらの段取りをスムーズに行うために現地アテンドが配置されます。
現地アテンドでは訪問先へのインタビューなども含まれることがあります。
現地アテンドには現地語への深い理解と簡単なビジネスの経験が求められます。また、現地で生活した経験など、現地文化への馴染みも必要とされます。

企業説明・展示会

情報通信や移動手段の進化によってグローバルなやりとりが増え続けています。ビジネスシーンでもグローバル化が進んでおり、海外企業のサービスや製品を取り扱う場面も増えています。ただそうした場合でも対人同士でのビジネスの交渉は避けることができません。情報通信技術が発達した現在にあっても商品やサービスの説明は対面・口頭であることが求められることがほとんどです。そのような企業説明やビジネス展示会の場面で通訳が必要とされます。
このシーンでは、一般レベル以上のビジネス経験・また業界や製品などに関する知識を持っていることが歓迎されます。

一般的な商談・交渉

ビジネスの場で実際の契約の場面では会計や法律に関する専門的な知識を求められる場合があります。企業間の取引に関する詳細の詰めや交渉が行われる場合には担当者同士が口頭で交渉を行います。
そこでの通訳では両言語を扱えることに加えて、両国のビジネス文化を通訳する必要があります。厳密にはビジネスの常識や文化が違うこともあるため、両国の文化を理解し、その違いを逐一説明しながら通訳を実施する必要があります。

国際会議、レセプション

国際会議やレセプションでの通訳はもっとも高い専門性と経験を求められるシーンです。国際団体の会議や各国の要人が一堂に会す場面、多国籍企業による社内会議など、多くの人やモノが動く可能性のある場では情報伝達のミスは大きな影響を及ぼしかねません。通訳による伝達ミスにより伝えられる情報に齟齬があってはならないため、経験豊富な通訳が求められることになります。





ワークシフトとは
ワークシフトに登録している世界210カ国から100,000人の登録者が、市場調査翻訳デザイン作成など海外に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。


依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

企業が海外進出をするための準備とステップ(調査編)

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出に役立つ2019年の最新情報


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?

通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

アメリカに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?


台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める