translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

コロナで海外出張が出来ない中、国内からでも同様の効果を得る方法


企業が海外に進出するために必要な店舗


はじめに

2020年冬から始まった新型コロナウィルスの感染拡大に伴う影響で、生活やビジネスにおける状況は大きく変わりました。必要最低限の外出によって多くの業種が打撃を受ける中、特に海外旅行や出張など、海外の渡航を含むものはほぼ全てが禁止されている状況です。

日本の企業でも海外に取引先や顧客が存在する場合が多く、渡航できない現在の状況によって既存のビジネスに工夫が求められています。また、縮小する国内の市場から、海外に目を向けて新しく進出する予定だった企業もあるはずです。
今回はそういった海外事業がストップしてしまっている企業の皆様方に、今から国内でもできる取り組みをご紹介いたします。

ワークシフトとは
ワークシフトに登録している海外在住の専門家が市場調査翻訳現地営業・マーケティングなど海外進出に関わる業務のサポートをおこないます。日本語対応、円決済可能。
> ワークシフトで依頼できる業務の参考価格
> 業務依頼の手順


下記資料で海外進出の際にご利用いただいた実例をご紹介しています。




海外出張が全てキャンセル!どんな痛手が?

コロナウィルスの世界的な流行によってほとんどの海外渡航が禁止されています。2020年2月頃から海外渡航が難しくなり、2020年8月現在でも一部の例外を除いてほぼ全ての世界各地域への渡航は解禁されていません。
海外の取引先との打ち合わせや現地調査、視察、展示会の出展などで海外出張を予定していた方々はそれらのほぼ全てがキャンセルとなっています。


これからの海外出張を伴う業務は、渡航先での販路の拡大に伴うものがほとんどであるため、海外出張が出来ない状況は海外でのビジネス拡大の機会を失っていることを示しています。

日本は少子高齢化に伴って国内市場は縮小し続けていくと見られており、そういった長期的な視点から国内から海外へ市場を広げる取り組みをしていた日本企業も数多く存在しています。

終わりの見えない今回のパンデミックの中、海外渡航が出来ない状況でもできることはあるのでしょうか。
その一例をご紹介していきます。


新型コロナウィルスの流行により、海外ビジネスは工夫を余儀無くされています。海外渡航でさえ難しくなったいま、どのような工夫で海外ビジネスを続ければいいのでしょうか。ワークシフトから最新の事例やノウハウをお伝えします。

> コロナで海外出張に行けない!海外出張の代行で押さえておきたい5つのポイント
> コロナ時代に日本企業が海外進出する際の課題と解決策は?


海外出張が出来なくても海外販路を拡大するためにできること

海外渡航が禁止されている今の状況から、いつ海外渡航が解禁されるか分からないため、そういった状況が続くことを考慮しいち早く何かの対応をすることが求められます。
今回は大きく2つに分けて、国内からでも可能な取り組みをご紹介していきます。

Webサイトの多言語化、多言語コンテンツの配信

海外渡航が出来ず、自社の商品やサービスを現地で紹介できない中において、自社サイトや商品紹介ページを多言語化することはもっとも基本となる取り組みです。
本来であれば現地に出向き、取引先の目の前で商品やサービスを紹介することができましたが、それができない現在、Webサイトを使って商品やサービスの紹介を行います。

多言語化の対象となる言語は取引先や進出予定先の現地語はもちろん、より多くの話者がいる英語での多言語化も必要になります。自社サイトを多言語化することができていれば、もしオンラインでの商談を行う際には自社サイトを商品カタログのように使用することも可能になるでしょう。

また、自社サイトの翻訳に加えて、自社商品が解決する顧客の課題を消費者目線に立ってサイトで発信することも有効な対策になります。
外出が制限されている現在、消費者の多くは店頭ではなくインターネットで商品やサービスの情報を手に入れ吟味するため、そうした消費者の目に届くような方法で情報を提供する必要があります。
中でも、インターネットの検索エンジンで検索する消費者に向けて情報を発信することが重要です。消費者目線に立って、信頼できる情報を自社サイトに掲載することができれば、それが検索エンジンの検索結果として表示されるようになり結果としてより多くの消費者に情報を提供することに繋がります。



コロナ時代の海外進出

オンライン広告の出稿

上記の自社サイトにおける多言語化に加え、オンライン広告の出稿も検討すべき施策となります。
オンライン広告であれば自社サイトでの情報提供よりもターゲットへの露出をより正確にコントロールすることができます。
テレビや看板広告などマスに向けた広告とは違い、オンライン広告は出稿するターゲットをより正確に指定出来るため、地域や性別、年齢層、場合によっては職業や収入も指定して広告を出稿することができます。 また出稿した際のエンゲージメント(反応)も数値化出来るため、ターゲットごと、広告ごとの効果を短期間で測定することができ、広告内容の改善にも役立ちます。

GoogleやFacebookなど大手IT企業が提供するオンライン広告のサービスはほとんどが日本国内から広告を出稿できるため、広告文や必要によっては画像などを準備することで直接海外現地の消費者に向けて商品やサービスを露出することができます。

見込み客を獲得するためのインサイドセールス

Webサイトやオンライン広告といったオンラインでの取り組みに加えて、リアルなセールスも実施することができます。
メール配信やメール問い合わせ、電話営業といった取り組みも日本にいながら実施することが可能です。

一般的にメール問い合わせや電話営業はインサイドセールスといい、見込み客(リード)を獲得する際に有効な施策です。

インサイドセールスの実施方法としては、まず現地語に精通したスタッフを準備します。自社内に現地語を使用できる担当者がいる場合にはその担当者に業務の一部を担っていただく形になります。もし自社内にそういったスタッフがいない場合には、オンラインで仕事を受けているオンラインワーカーを活用するのも有効な手段です。日本語が理解でき、かつ現地語も理解できるオンラインワーカーはほとんどの地域・言語で存在するため、そういった人材に業務を依頼します。

日本で一般的なメール問い合わせや電話営業で行われるのと同様の形式で、メールの文面や営業トークなどを決め、それを海外の依頼先と共有することで、そのマニュアルに沿った営業活動を行うことが可能です。
顧客からの反応や意見などがあった場合にはそれを共有することで、その先の営業活動をより円滑に進めることが可能になります。

また、もしメール問い合わせや電話営業先のリストを自社で持っていない場合には、現地語を扱うことができて現地に精通している人材に依頼することで、営業先リスト作りから依頼することも可能です。
メール問い合わせや電話営業などによって見込み客を獲得することができたら、次は本社社員による商談となります。海外渡航が禁止された現在においては商談の多くがオンラインで実施されることになるため、通訳を会した商談となります。


コロナ時代の海外進出

現地在住の日本語人材を活用しよう

ワークシフトでは、210ヵ国12万人のオンラインワーカーが登録しており、日本語と現地語の両方を扱える人材が数多く登録しているため、世界のほとんどあらゆる地域でインサイドセールスを実施することができます。

登録者のプロフィールを見ることはもちろん、メッセージのやり取りも無料で行うことができるため、ぜひご活用ください。まずは居住地域で検索をかけることで、対象地域に住むオンラインワーカーを選ぶことができます。


そのほか、海外出張できずに困った際に、海外出張の代行を依頼する場合はこちらの記事も参考になります。
海外出張の代行を依頼する際に押さえておきたい5つのポイント




依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例


コロナで海外出張に行けない!海外出張の代行で押さえておきたい5つのポイント

コロナで海外出張が出来ない中、国内からでも同様の効果を得る方法

コロナ時代に日本企業が海外進出する際の課題と解決策は?

コロナ後に大きく変化した世界の消費者ニーズ 継続的な調査がビジネスチャンスを生む



海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

企業が海外進出をするための準備とステップ(調査編)

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出に役立つ2019年の最新情報



海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

海外調査が必要な業種と海外調査の方法

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?

通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

アメリカに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

フランスに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

ワークシフトで活躍している通訳者をご紹介します。

これまでに依頼された商談時の通訳 事例集

これまでに依頼された展示会の通訳依頼の事例集

ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?

これから高まり続ける多国籍人材の重要性。その現状と課題

多言語翻訳・多言語対応を行う際の注意点とおすすめの方法

台湾語の翻訳を依頼したい

台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める