translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

ワークシフト > 海外調査

海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?
手軽に早く現地情報を入手する方法とは




海外市場調査の依頼を受ける外国人

海外市場調査のお悩みを
外国人を活用して
解決!



海外ビジネスで海外進出する際に必要なのが海外市場調査。インターネットで海外の現地にいる人材に直接海外市場調査を依頼することで、コストを抑えて、早く簡単に海外市場調査を行うことができます。

どうやって専門家に相談できるの?


210ヵ国に在住する専門家
210ヵ国12万人の専門家が登録しているので、世界のどんな地域も幅広くカバー。複数地域を同時に調査。
海外出張の代わりをオンラインで直接依頼
現地の店舗調査や現地語によるデスクリサーチなど現地ならではの調査結果が手に入る。
12万人の登録者から専門家を今すぐ検索
一人ひとりの在住地や経歴、スキルが検索できるから欲しい人材がピンポイントで見つかる。
10,000件以上の実績
政府機関や自治体、60社以上の上場企業も利用。契約や支払いもすべて日本円。96%の満足度。
見つけたその場で依頼
欲しい人材にその場でメッセージできるので、探し始めて数十分で依頼が成立する場合も。


海外進出について相談できる専門家を探す

専門家を国やスキルで探してみる

30秒でグローバル人材にアクセス

会員登録して専門家に相談する


地域別や業務内容別に、専門家に依頼できることを検索


他社の事例を見てみる


会員登録して仕事を依頼する



ワークシフトの専門スタッフに相談する


ワークシフトとは
海外進出や現地での販売、インバウンドビジネスなど、外国人をターゲットとした日本企業のビジネスを実務面でサポートするサービスです。



海外調査に必要なノウハウや情報は以下のリンクからもご覧ください。
> 海外調査カテゴリの過去記事一覧 -ワークシフト

アフターコロナで変化する海外とのコミュニケーション方法

コロナウィルス流行の影響によって特に停滞していた海外とのやりとりが、いま復活し始めています。日本企業の皆様も2021年夏頃から、海外との取引ややりとりを改めて始めるステップに移行し始めたのではないでしょうか。

海外ビジネスにおいて、BeforeコロナとAfterコロナで明確に変わった点があります。それは海外とのコミュニケーションの方法です。

Beforeコロナでは海外との商談や取引、情報交換の際にはまず現地に行って対面で行うことが前提とされていました。大企業ほどこの傾向が強かったようです。それがコロナ下を通して、非対面・非接触のコミュニケーションの機会が大幅に増えました。
重要な場面での対面のコミュニケーションの重要性はさほど変わりません。しかし必ずしも対面である必要はなく、相手が海外であってもオンラインでやりとりするハードルが下がったことで、同時に海外とやりとりする機会も増えたのではないでしょうか。

Beforeコロナにおいては、会社内の制度や習慣によって社外とのビデオコールは特別な場合を除いてあまり使用されないことが、特に大企業では一般的でした。セキュリティ面や使用ツールの規定でこうした難しさがありましたが、そうした点もコロナ下における社員の在宅ワークの仕組みづくりの中で改善されてきました。 その結果、国内外を問わずオンラインでのやりとりが気軽にできるようになり、海外とのやりとりも気軽にオンラインで実施できるようになりました。
従来、海外に出張するのは時間もコストもかかっていたため、ある程度ビジネスが成立する見込みがないと海外へのチャレンジができずにチャンスを逃してしまう状況になってしまっていましたが、オンラインでのやりとりができることでそうした小さなチャンスでも検証することができる環境が整っています。

海外とのやりとりをオンラインで実施できることで、海外とのやりとりを含む業務のスピードやコストも大きくカットすることができます。

海外調査に必要なノウハウや情報は以下のリンクからもご覧ください。
> 海外調査カテゴリの記事一覧 -ワークシフト

オンラインのプラットフォームを活用することで、スピードもコストも信頼も問題なし!

このような背景から、海外とのコミュニケーションのコストが下がり、気軽に海外とやりとりすることができるようになりました。
海外でのビジネスチャンスを検討するために、海外調査を実施してみたい場合もあるでしょう。
海外調査を行う際の選択肢はいくつかあり、その中でも海外と直接やりとりする形式の海外調査のハードルが下がりました。この方法では海外現地の調査会社に依頼する方法がまず選択肢となりますが、こうした調査会社では費用が高くなりがちで、かつ調査会社の品質を評価しづらい傾向があります。
予算が数百万円の中規模以上の市場調査であれば現地の調査専門会社を使用する選択肢もありますが、そこまで予算をかけられない段階のアンケート集め程度の小さな調査を行いたい場合には、こうした調査会社では費用が必要以上に大きくなってしまいます。

規模の大きくない調査をする場合にはインターネット上で個人に調査を依頼することで、コストも時間も大きく抑えることができます。
調査に関する専門的な知識がなくとも、現地の流行や意識など、大卒程度のリテラシーがあれば簡単に実施できる調査だけでも実施したいというニーズは多いのではないでしょうか。
そうした簡単な調査は専門の調査会社でなくても、オンライン上で働く個人に依頼することができ、十分な品質を期待することができます。

調査を海外にオンラインで安心して依頼する方法はある?

オンライン上で簡単な調査を実施したい場合にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。気をつけるべきポイントは主に3つあります。
1つめは、受注者の過去実績や過去評価を確認できるところで依頼することです。実際に現地で調査を行う、調査業務の受注者に信頼があるのかどうかを判断することで万が一のトラブルになる可能性を避けることができます。オンラインのプラットフォーム上ではこうした過去実績や過去評価を確認することができるため、オンライン上で依頼する場合にはこうしたサービスを利用することをおすすめします。

2つ目は、事前に十分コミュニケーションを取っておくこと、です。調査業務の発注前に、メールや電話などで直接やりとりし、調査業務の背景や詳細を伝えたりその受注者のこれまでの実績や経歴を聞くなど、信頼できる相手なのかを十分に検討しておきましょう。海外で働く人たちは、自分の実績やスキルを必要以上に魅力的に伝える傾向があるので、それらの実績やスキルが本当にこれから依頼する業務の保証になるのかを判断することが求められます。

3つ目は契約における支払い方法や法的な管轄を確認しておくことです。海外と業務や金銭のやりとりをする際に、万が一トラブルになった時に誰に相談すればいいのかを事前に把握しておく必要があります。
オンラインで依頼する際に海外の事業者と契約していた場合、支払いや法的なやりとりは運営企業の管轄するもとで行われることになります。

ワークシフトでは業務が完了するまで受注者に支払いを行うことがないため、安心して仕事を依頼することができます。また、万が一トラブルになった際にも日本国内での法律が適用されます。



ワークシフトでの海外市場調査の予算と実例

ワークシフトではこれまでにさまざまな海外市場調査、海外リサーチのご依頼をいただいています。

東南アジアの文具店で写真撮影
ターゲット
インド、バングラデシュ、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア
依頼内容
各国のハイエンドな文具店の店内の写真10枚ずつ3店舗で合計30枚撮影、店舗名や場所などの説明とともに納品
費用・価格
3店舗で¥5,000~
台湾における漆器製品の市場調査
ターゲット
台湾
依頼内容
台湾におけるECサイトで漆器製品の情報を入手。台湾における漆器市場の統計データを入手し、日本語にまとめる。台北の漆器店で現地調査
費用・価格
¥ 30,000 ~





全世界の緑茶市場調査
ターゲット
アメリカ、カナダ、オーストラリア、上海、台湾、韓国、タイ、ベトナム
依頼内容
アジアの主要都市における緑茶ティーバックの店頭状況調査と、知り合いへの聞き取り調査
費用・価格
3店舗で¥30,000~
日本の伝統工芸品の画像を見てアンケートに回答
ターゲット
フランス
依頼内容
日本の伝統工芸品画像を見て、自国でどれくらい売れそうか、やまた自国での有名な類似商品についてアンケートに回答
費用・価格
¥ 30,000 ~


上記以外にも数多くの海外市場調査の依頼を取り扱っています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。専門のスタッフが対応いたします。




海外市場調査(海外リサーチ)とは?

自社の海外展開活動にあたり、海外展開を成功させるために必要な情報を集めることを海外市場調査といいます。 マーケティングリサーチ、海外リサーチとも言われています。 インバウンド対策、またアウトバウンド対策両方の対策をする際に必要な情報を入手するための調査です。
海外市場調査に必要な項目は主に、①政治・経済・社会情勢、②法規制・税制、③労務・社内管理、④ビジネスパートナー、⑤マーケティング(販促)、⑥人材、⑦資金、⑧知的財産 などが挙げられます。

自社の製品や商品が海外で競争力を発揮できるかどうか、または自社の製品が海外の現地でにビジネス的に成功できるかどうかを図るために、各種の調査やリサーチが必要になります。

海外市場調査(海外リサーチ)は自社で進められない?(海外市場調査は依頼すべき?)

自社の海外ビジネスを成功されるための海外市場調査は自社で行うことはできるのでしょうか。自社で市場調査を行うことができれば、コストをかけずに情報収集してビジネスに反映させるまでのスピードを早くすることができます。しかし自社で海外市場調査を行うにあたっては高いハードルがある場合もあります。それでは自社で海外市場調査をする際のハードルとはどのようなものがあげられるでしょうか?

ひとつめは言語に関する問題点です。
海外の現地市場を調査する際には、現地語を使用して調査を行う必要があります。現地のリアルな情報を取得するためには現地語での情報収集が欠かせません。自社に調査対象地域の現地語を理解できるスタッフが存在する場合には現地語でリアルな情報を収集することができますが、そうでない場合には現地語が理解できないと現地のリアルなニーズを把握することができません。そのため多言語を扱うことができるバイリンガルに調査を依頼することで、現地語で調査をし、日本語で情報をまとめてもらうことができます。

ふたつめは地理的な問題点です。
海外の現地市場を調査する際には調査対象の現地に行って調査をすることでより正確でリアルな情報を収集することができます。インターネット上からでも情報を得ることはできますが、インターネットで取得できる情報は数値などのデータに関するものが中心になってしまい、現地消費者や現地市場のリアルな情報を得ることは難しくなります。自社スタッフで調査対象の現地に行き、現地の市場調査を行うことができれば情報収集をビジネスに反映させるまでを早く行うことができますが、その場合には移動や滞在にかかる費用が高くなってしまう場合がほとんどです。現地に在住の人材に依頼することで、余計なコストをかけずに調査を行い、その結果をインターネットで送信してもらうことができます。


海外調査に必要なノウハウや情報は以下のリンクからもご覧ください。
> 海外調査カテゴリの過去記事一覧 -ワークシフト


海外市場調査で依頼できるメニューの一例






ワークシフトが選ばれる理由

海外市場調査など企業の海外進出・海外ビジネスを、世界210ヶ国120,000人以上のオンラインワーカーが全面的にサポートします。インターネットで海外に住む優秀な人材に直接仕事を依頼できるので、安く迅速な対応が可能になります。
海外のオンラインワーカーには、多言語を操り、専門的知識を有した人材が数多く登録しているので、日本語で外国人を活用することも可能です。また、サービスサイトで使用する通貨は日本円なので、全て日本円で決済可能です。過去に2,000件以上の案件が掲載されているので、カスタマーサポートも充実しています。









海外市場調査のご依頼に関してお気軽にご相談ください


相談無料、電話番号 お問い合わせ



海外市場調査(海外リサーチ)を活用して海外進出・海外展開をスピードアップ



海外事業を展開、拡大したいけど、

海外事業を展開・拡大したい!けど...


海外事業を展開・拡大したいけど、どこに拡大すればいいかわからない、自社の商品やサービスがどの国や地域で成功するかわからない、海外とのコネクションがなく提携先を知らない



こんなお悩みを、海外の優秀な人材に依頼すると↓



現地の競合他社をリストアップしレポートを作成、現地の商談に同席する海外リサーチ


海外進出や海外展開に伴い、海外事業を展開・拡大したい場合にはインターネット上で海外の優秀な人材に直接仕事を依頼することで、海外市場調査を行うことができます。例えば、世界各国の現地の提携先を現地語で検索しエクセルシートにまとめたり、提携先との商談をセッティングし、その商談の通訳を依頼したりなど、幅広い活用法があります。

・直接依頼できるので、中間コストがなく、早く・安く依頼できます
・現地の方ならではの知識が活用でき、的確なリストが入手できます
・現地語でメールの問い合わせもできます
・現地情報に詳しいのでスムーズに商談に臨めます
・通訳・翻訳も同時に行います
・オフィスにいながら海外リサーチを行うことができます






外国にも売れる商品を開発したい

外国にも売れる新商品を開発したい!けど...

外国にも売れる新商品を開発したいけど、外国ではどのようなニーズがあるかわからない、外国で類似する商品があるかどうか知りたい



こんなお悩みを、海外の優秀な人材に依頼すると↓



競合他社の調査レポートを作成、現地の店頭に並んでいる商品の撮影


海外で売れる新商品を開発する際に必要な情報を集める際に、海外に住んでいる外国人に依頼することで早く、安く依頼することができます。現地の競合を現地語で検索し、エクセルシートなどにまとめたり、海外で売っている商品の写真を撮影し、値段や情報などをまとめてレポートを作成することができます。

・直接依頼できるので、中間コストがなく、早く・安く依頼できます
・現地の方ならではの知識が活用でき、的確なリストが入手できます
・現地語でメールの問い合わせもできます
・専門家を検索し、直接依頼することも可能です。
・通訳・翻訳も同時に行います
・オフィスにいながら海外リサーチを行うことができます






現地の情報をもっと入手したい

現地の情報を入手したい!けど...


 現地の情報をもっと入手したいけど、現地語が読めないのでインターネットなどの情報を手に入れられない、現地でしか販売していない書籍の情報がほしい



こんなお悩みを、海外の優秀な人材に依頼すると↓



現地語でネットの情報を入手し、レポートを作成


海外で売れる新商品を開発する際に必要な情報を集める際に、海外に住んでいる外国人に依頼することで早く、安く依頼することができます。現地の競合を現地語で検索し、エクセルシートなどにまとめることができます。また、海外で売っている商品の写真を撮影し、値段や情報などをまとめてレポートを作成することができます。

・直接依頼できるので、中間コストがなく、早く・安く依頼できます
・現地の方ならではの知識が活用でき、的確なリストが入手できます
・現地語でメールの問い合わせもできます
・専門家を検索し、直接依頼することも可能です。
・通訳・翻訳も同時に行います
・オフィスにいながら海外リサーチを行うことができます





全世界210ヶ国、120,000人以上のネットワークを活用し海外市場調査を依頼



全世界にフリーランサーが存在する

210

120,000


ワークシフトには全世界の優秀な人材が120,000人以上登録しているので、全世界あらゆる箇所の市場調査を依頼することができます。





自治体、大企業から中小企業まで海外市場調査において数多くのリピートをいただいております。

ワークシフトで実際に依頼を発注いただいた企業や自治体の皆様のご紹介です。

福井県鯖江市さんに海外市場調査をご依頼いただいた件

台湾における漆器製品の市場調査

自治体をあげた海外市場調査で、漆器製品を輸出する際の台湾現地の漆器製品の市場について調査するご依頼でした。納品物に大変ご満足をいただきました。



日経BPコンサルティングさんに海外市場調査をご依頼いただいた件

ロンドンのWifi環境の状況についてのレポーティング

世界20ヶ国のWifi環境調査とレポーティング

このほか、短期間で8件のご依頼をいただいております。



プラス株式会社さんに海外市場調査をご依頼いただいた件

日本語↔︎タイ語の通訳と市場調査アテンドの募集

ブラジルのPRエージェントのアシスタント募集

このほか、短期間で8件のご依頼をいただいております。



海外市場調査のご依頼に関して、まずはお気軽にご相談ください

海外市場調査における注意事項、方法や費用は?



海外市場調査(海外リサーチ)はなぜ必要か?

国内市場で優れた業績を上げている企業でも、必ずしも海外で成功するとは限りません。 それぞれの国には独自の文化や価値観、商習慣が存在するため、国内で成功した方法が必ずしも海外で同じように機能するとは限らないのです、それどころか、自国での方法が通用しない場合の方が多いです。
このように海外進出や海外展開には多くのリスクがあります。 しかし海外市場調査を十分に行い、前もって進出先の情報収集をして起こりうるべきことを想定しておくことで、海外進出のリスクを軽減し海外ビジネスを成功させる確率を高めることができます。
そのため、海外へと展開するためには、現地の情報を集めるための海外市場調査・海外リサーチは必要不可欠です。


海外市場調査を行う際にかかる費用は?


一般の海外市場調査会社に依頼する際の相場

一般の海外市場調査会社や海外リサーチ会社に調査を依頼したときにかかる費用や、1カ国あたりの価格をまとめたものが下記の表になります。1商品1カ国で最低10万円の費用がかかります。また調査費用が10万円のものの内容は事前調査と言えるべきもので、現地には出向かない調査になります。

実際に現地のクライアントやマーケットを直接調査する場合の価格は、最低でも50万円はかかるのが海外市場調査の相場のようです。この価格には人件費・移動費・滞在費などの費用が含まれているため多額のコストがかかってしまうのです。価格や値段を削減するとなると、これらのうちどれかの費用を削減することが求められます。また、大規模な調査になると、以下画像で紹介しているように、数百万円規模の費用がかかってくることはざらになってきます。

大手企業でしたら、豊富な資金力を元手に大きな予算を組んで海外市場調査を実施することができますが、中小企業にとって数百万円をかけて海外リサーチを行うことはとても大きな費用になります。ましてや海外に関する調査であるため、調査の結果によっては自社の期待していた結果にならないこともありえます。
せっかく大きな予算を組んで調査会社に依頼したのに、その結果から判断すると海外には進出できないということもありえるわけです。そうなったときにはその数百万円はなんの価値も生まなくなってしまいます(進出できないとわかっただけでも良しとすることもできますが)。 つまり、海外市場調査費用は損失になってしまいます。そのような損失を防ぐために、海外市場調査は最小限の費用で、低価格のもので良いから始めたい、という中小企業の方が数多くいらっしゃいます。

そこで、価格を下げ費用を抑える方法が調査対象の現地に実際に在住している人に直接依頼するという方法です。現地に実際に住んでいる人とつながり、簡単な調査をしてもらうことができれば、日本の海外市場調査会社に依頼する際に発生する上記の人件費・移動費・滞在費などを費用を抑え、海外市場調査価格を大幅に抑えることできます。実際に行うことのできる調査の内容は、海外市場調査会社に依頼する物ほど本格的で網羅的ではない場合もありますが、直接現地の外国人に依頼することで従来より費用をはるかに安く抑えることができます。

マクロ調査。世界の主要市場から候補市場を絞り込むための調査。統計情報や記事等のセカンダリ資料を調査する。


上記画像は弊社にて調査した、一般的な海外市場調査会社に調査を依頼した際の相場です。現地のローカルな市場調査を依頼する場合には一地域についき最低20万円の費用が発生するのが一般的と言われています。現地の競合企業、流通企業、大手ユーザーのリストアップと情報収集などを調査するのに20万円以上の費用がかかってしまいます。また取引可能性調査を実施する際も一地域あたり最低50万円かかることが一般的となっています。これらの価格は、海外進出を画策している中小企業にとって少ない金額ではありません。
調査にかかる費用が高額なとこから海外進出を諦めざるを得ないことがあると、海外展開のチャンスを逃してしまうことになります。
たとえば、上記事例のような自動車に関する海外市場調査だと、費用は250万円になります。南アフリカに出向く費用、アンケート調査の費用など、大企業でなくてはそう簡単には負担できない価格です。また、1カ国につき250万円の費用がかかるため、4ヶ国で1000万円、10ヶ国で2500万円の費用が発生します。
日本の海外市場調査会社に依頼すると上記のような費用が発生しますが、インターネットで現地に住む外国人に直接依頼すれば、上記の費用の10分の1から20分の1の費用で同様の調査を行うことができます。


過去に依頼された海外市場調査の事例の詳細

台湾における漆器製品の市場調査


以下は弊社にてこれまでに依頼があった海外市場調査の案件です。インターネットで外国人にどのような海外市場調査の業務を依頼することができるのかの参考にしていただけると幸いです。様々な種類の業務を依頼することができます。

-ご依頼内容
台湾におけるECサイトで、漆器製品の情報を入手してください。
- 漆器製品のスクリーン・コピーを最低20枚取得し、価格、店舗情報、問合せ先、URLと共に添付してください。-ECサイトは最低2つのサイトを調査してください。また、調査したサイトのURLの添付もお願いします。

インターネットによる台湾での漆器市場調査です。
- 台湾における、漆器販売額、販売店数、など、漆器市場に関するデータ入手し日本語でまとめてください。 - 台湾での漆器市場や漆器製造に関するデータ、歴史などを入手し、日本語にまとめてください

台北の漆器店を探し、実際に現地店舗に行き情報収集をしてください。
- 最低でも一店舗は、現地調査を行ってください。- どんな漆器が販売されているか、写真を最低5枚撮影します。
- どんな用途の漆器製品(例えば、おはし、箱、置き物、など)が多く、価格帯はどの位かを調査してください。- 店員から次のポイントについて情報収集してください。顧客の年齢層、よく売れている漆器製品は何か、漆器製品の仕入れ先、漆器の素材である木の種類、日本製の漆器に対する印象・イメージ

結果:

これほど条件の多い市場調査のお仕事にも関わらず、台湾現地の人材に直接依頼することで、この依頼の価格は3万円前後で納品が終わりました。ご依頼主様も大変満足しておられ、とてもコストパフォーマンスの高い案件になりました。例えば、この同じ条件のお仕事を一般の海外市場調査会社に依頼すると、少なくとも30万円はかかります(自社調べ)。そのため、今回の市場調査の案件で25万円以上の費用を抑えることに成功しました。

これだけ費用を抑えることができたのは、現地の人材に直接依頼することができたからです。台湾にいる現地の人材に依頼すれば、彼らは言語の問題をクリアしているため、自分のPCで検索し、自宅周辺の店舗に行くだけで依頼を完了することができます。これは台湾現地の人の地理的・言語的環境を活用したからこそできる業務です。

訪日経験のある中国人にアンケート調査


-ご依頼内容
① 日本の伝統工芸品がフランスで売れるかどうか、画像を見てアンケートに答えるお仕事

日本の伝統工芸品を海外に販売する計画を立てるにあたり、事前にフランス在住の方にアンケートを取ってニーズを調査する業務の依頼でした。お仕事の内容は、扇子や陶器などの画像を見てからアンケートに回答するお仕事です。申し込む条件としては、日本語とフランス語の出来る人で日本人若しくは日本文化を知っているフランス人であること、Amazon等のEコマースを利用出来る環境にある方、所得水準は中間以上であることでした。また年齢は20歳から50歳であること、性別は不問、フランスに在住していることも条件でありました。

回答すべきアンケートの内容は
①製品の使用感は如何でしたか?
②この製品を使いたいと思いますか?
③金額はいくらまでなら払って買いますか?
④あなた以外の友達も喜んでくれる製品ですか?
⑤あなたの国でこの製品は売れると思いますか?
⑥あなたの国で同様の製品はありますか?あればお店名、場所、を教えてください。
⑦あなたの国の同様の製品で有名なものを3つあげてください。
⑧ご意見、改善点などあればお願いします。
⑨あなたがよく使うECはどこですか?
⑩複数ある場合はどう使い分けてますか?
⑪今回の商品はどのECでの販売に向いていると思いますか? 出来ればその理由も教えて下さい。
⑫過去1年間にECサイト経由で日本の商品を買ったことがありますか?あれば、そのECサイト名も教えて下さい。
⑬この商品のどういった場面(場所)で利用したいですか?買わない、という回答もOK=その場合は買わない理由も教えて下さい。
⑭この商品を友達にプレゼントできるとしたら、どんな時にプレゼントしたいですか?

以上の項目に回答し、1人1万円の報酬が出るお仕事でしたら、数多くの申し込みがありました。

結果:

こちらの依頼はまさに日本にいながら海外在住の人材に直接依頼することが出来たお仕事です。本来ならば、フランス在住の人にアンケートを取る場合には自社で現地に向かうか、もしくは海外市場調査会社に依頼して、調査会社のスタッフが向かうなど、いずれにしても人が直接海外に出向かなければならない仕事でした。移動費や現地費などを考えると少なく見積もっても数十万円かかるお仕事です。しかし、インターネット上で外国人に直接依頼することで、期間が早く、コストも大幅に抑えて海外リサーチを完了することができます。

中国国内にある、粉塵体吸引・圧送車の販売商社・代理店の調査


-ご依頼内容
中国における粉塵体吸引・圧送車の販売商社・代理店リストを作成してください

[対象エリア] : 中国全土

[納品言語] : 簡体字 /繁体字/日本語

[調査リストの内容] :
①企業名
②その企業の所在地/連絡先
③担当部署と担当者名
④取りつかい粉塵体吸引・圧送車(メーカーと車種)
⑤会社の実態があるかどうかの確認(電話での確認)
⑥取引先
⑦粉塵体吸引・圧送車年間販売実績
どのくらいの企業をリストUPできるかわかりませんが、 50社ぐらいはあるのではないかと思っています。 (もっとあればもっとリストUPしていただきたいです)

結果:

このご依頼は、日本からでは調査が難しい中国の現地企業の調査でした。中国国内の検索エンジンを中国語で利用し中国の業者に電話がけするという日本国内の日本人では難しい調査をインターネットを通じて中国在住の人材に依頼することで大幅にコストを削減することができました。このお仕事は日本人にとっては難しいですが、中国在住で中国語・日本語を扱える人にとってはそれほど難しい業務ではありません。日本の調査会社に依頼するよりも圧倒的に低価格で海外リサーチを完了することができます。





海外市場調査を依頼できる優秀なフリーランサーの紹介

ワークシフトで活躍中のフリーランスの方の紹介です。

クラウドソーシングで
世界の優秀な人材に出会うことができます!

ワークシフトで活躍中のフリーランスの方の紹介です。

海外市場調査のご依頼に関して、まずはお気軽にご相談ください










依頼事例多数


平均評価


メディア掲載事例




コロナで海外出張に行けない!海外出張の代行で押さえておきたい5つのポイント

コロナで海外出張が出来ない中、国内からでも同様の効果を得る方法

コロナ時代に日本企業が海外進出する際の課題と解決策は?

コロナ後に大きく変化した世界の消費者ニーズ 継続的な調査がビジネスチャンスを生む



海外進出を成功させるために必要な考え方と進出の際の課題

海外進出を計画している企業に支援を行なっている機関やサービス

企業が海外進出する際に必要な費用の一覧と各国のコスト比較

企業が海外進出する際に少しでもコストを削減するための着目点9つ

これで海外はうまくいく。海外進出で気になる12の疑問に答えます

海外進出のコンサルを依頼する前に自社でできること13選

企業が海外進出をするための準備とステップ(調査編)

タイへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

フィリピンへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出を成功させるために知っておくべき知識と事例

ベトナムへの海外進出に役立つ2019年の最新情報



海外Web
マーケティング

越境EC、インバウンド対策で見落としがちな 海外でのWebマーケティングの重要性

海外のWebマーケティング対策を実施して海外の顧客へリーチし、認知度を高める

海外SEO対策のコンテンツを作成するための基礎知識と実践方法

海外のインフルエンサーを活用したマーケティング活動を成功させる秘訣は?


越境EC

越境ECを始める際に気を付けるべきメリットとデメリット

越境ECビジネスで成功を収めるために準備すべきことの全手順

越境ECビジネスでよくある課題を解決するために着目したい4つのポイント

インバウンドの訪日外国人向けのビジネスを充実させるために必要な考え方

観光庁のデータから読み解く、インバウンド旅行客のホットな需要

デジタルを活用したインバウンド事業の拡大方法

インバウンドビジネスのターニングポイントを迎えた日本、これから必要な視点とは


海外市場調査(海外リサーチ)の価格や手間はどれくらい?手軽に早く現地情報を入手する方法とは

海外調査を専門の調査会社に依頼するより安く実施できる方法とは?

海外調査が必要な業種と海外調査の方法

英語圏の海外市場調査

中国語圏の海外市場調査

タイの海外市場調査

フィリピンの海外市場調査

インドの海外市場調査


通訳を依頼できる会社や企業、サービスにはどのような違いがある?

通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

アメリカに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

フランスに通訳を依頼する際にかかる費用や料金はどれくらいが一般的?

ワークシフトで活躍している通訳者をご紹介します。

これまでに依頼された商談時の通訳 事例集

これまでに依頼された展示会の通訳依頼の事例集

ギグエコノミーの登場で変わりつつある個人の働き方と企業のあり方とは?

これから高まり続ける多国籍人材の重要性。その現状と課題

多言語翻訳・多言語対応を行う際の注意点とおすすめの方法

台湾語の翻訳を依頼したい

フリーランスに直接ベトナム語の翻訳を依頼する方法は?

モンゴル語の翻訳は難しい?日本語からモンゴル語に翻訳を依頼する際の注意点

ネパール語の翻訳は難しい?日本語からネパール語に翻訳を依頼する際の注意点

タガログ語の翻訳は難しい?日本語からタガログ語に翻訳を依頼する際の注意点

ポルトガル語の翻訳は難しい?日本語からポルトガル語に翻訳を依頼する際の注意点

翻訳後、ネイティブチェックをかける際に気をつけてほしいポイント

翻訳でお困りのかた、こんなお仕事を依頼できます  

英語圏への翻訳依頼  

中国語への翻訳依頼  

タイへの翻訳依頼  

フィリピンへの翻訳依頼  

インドへの翻訳依頼

 

ライティングでお困りの方、こんな仕事を依頼できます  

英語圏へのライティング依頼  

中国語へのライティング依頼  

タイへのライティング依頼  

フィリピンへのライティング依頼  

インドへのライティング依頼

英語のナレーションを導入することで訪日外国人からの人気を高める