translateTranslate Tool

This is a machine translation. We don't guarantee the accuracy of the contents.
If you want an accurate translation, please look for bilingual from here.
arrow_downward

その国の物価差や、通訳者の経験・専門知識の有無によって価格は上下します。どんな種類の通訳(例:商談、インタビュー、社内会議、工場同伴通訳、など)で、どの程度の専門知識(例:医療関連、金融関連、法律関連、歴史関連、など)が必要かによって費用は変わってきます。
地域で言えば、先進国地域よりも新興国地域の翻訳の方が一般的には少し安くなる傾向にあります。

通訳シーン 半日 1日
国際会議、レセプション ¥50,000~¥80,000 ¥100,000~¥120,000
展示会・企業説明 ¥25,000~¥50,000 ¥40,000~¥80,000
商談・交渉、企業視察 ¥25,000~¥50,000 ¥40,000~¥80,000
現地アテンド ¥25,000~¥50,000 ¥40,000~¥80,000

国際会議、レセプション
半日:¥50,000~¥80,000
1日:¥100,000~¥120,000

展示会・企業説明
半日:¥25,000~¥50,000
1日:¥40,000~¥80,000

商談・交渉、企業視察
半日:¥25,000~¥50,000
1日:¥40,000~¥80,000

現地アテンド
半日:¥25,000~¥50,000
1日:¥40,000~¥80,000

※ 逐次通訳に関しての料金です。
現地の交通費や宿泊費などは必要に応じて別途加算されます。

見積もりは?

それぞれの通訳希望者から見積もりを入手できます。通訳希望者が仕事に応募する際には、①見積金額、②納期、③経験などのアピール、についての情報をご確認いただけます。通訳希望者とサービス内のメッセージでやり取りをすることができますので、実施前に見積もりや費用の交渉を行うことが可能です。

通訳料金の注意点

言語や地域、日程によって通訳の料金は異なる

通訳を依頼する地域の物価によって通訳料金は異なります。
また通訳業務の料金は実働時間だけでなく、通訳者の拘束時間によって価格が変動します。 例えば、拘束4時間までであれば半日料金、拘束8時間(実働7時間、休憩1時間)までであれば終日料金といった形で価格設定がなされている場合があり、事前契約の拘束時間を超えると延長料金が別途かかります。
一方、長期研修や長期間の展示会など、連続して長期間通訳業務を依頼する場合、通訳料金が割引されるケースもあります。拘束時間に関する取り決めは事前に通訳者と合意をしておく必要があります。

専門知識によって価格が異なる

医療や法務、会計、学術分野など、特定の専門知識が要求される通訳は日常会話レベルの通訳と比べて価格が高くなります。また、勤務経験年数によっても習熟度が異なるため、キャリアの長い通訳者に依頼する場合には、キャリアの短い通訳者と比べて時間あたりの通訳費用は高くなります。どれだけ細かな内容をより正確に伝えるか、通訳を要するニーズに応じて専門知識やキャリアの長さを設定することで、依頼にかかるコストを抑えることも可能となります。




ワークシフトとは
海外進出や現地での販売、インバウンドビジネスなど、外国人をターゲットとした日本企業のビジネスを実務面でサポートするサービスです。