x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | コンペ式、プロジェクト式の違いって何?

コンペ式、プロジェクト式の違いって何?


こんにちは!クラウドソーシングがどのようなものかわかりましたか?

今回は、クラウドソーシングにおける仕事の形式を説明します。

クライアント側が、フリーランスに仕事を出す際、コンペ式、プロジェクト式があります。

コンペ式、プロジェクト式とは何でしょう?

コンペ式とは、コンペのように、依頼に対して直接仕事を募集する仕事方式です。たとえば、ロゴ制作を依頼したら、フリーランスは依頼に基づいてロゴ画像を直接提案します。そして、クライアントは提案の中から最も気に入った提案を出したフリーランスに対して、報酬を支払い、その対価として提案を買い取ります。

コンペ方式が向いている仕事は、ロゴ制作、バナー政策、キャッチコピー募集、ウェブサイトトップページデザイン、翻訳などの1つの作業で完結する仕事です。また、コンペ方式だと、成果物が手元に来るのが早いというメリットがあります。

一方、プロジェクト方式は、プロジェクトに対応できるフリーランスを集め、フリーランスを雇ってから成果物の作成がスタートします。一つの依頼に対して複数の提案(見積もり)が集まるので、クライアント(受注者)はフリーランス(提案者)の提案内容、金額、製作期間、また、フリーランス自体の実績、評価などの情報を比較・検討し、自分の依頼に一番合った方に依頼することができます。プロジェクト方式の場合は、システム開発、ホームページ・ウェブサイト制作記事執筆などの仕事に向いています。また、プロジェクト方式だと、お気に入りのフリーランスを見つけることができ、そのフリーランスに仕事を頼み続けることもできます。

いかがですか?それぞれの仕事にあった形式を用いることができるようになると、より効率的に仕事を進めることができます。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら