x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | クラウドソーシングサービスを利用した『インバウンド対策』について

クラウドソーシングサービスを利用した『インバウンド対策』について


皆さん、インバウンド対策はご存知ですか?

インバウンド対策とはつまり、「訪日する外国人観光客を集めるための対策」のことを表しています。日本に多くの外国人が旅行で来て下さるようになった今、より外国人観光客に日本の商品、文化等の魅力を知ってもらうためには、外国人観光客にとって分かりやすく、過ごしやすい環境づくりをしていくことが求められています。

それは例えば、

・電化製品の説明書が、日本語のみならず、ネイティブスピーカーによって訳された分かりやすい外国語のものがあること

・レストランの食事の際、外国人観光客に分かりやすいようにメニュー、接客する際に工夫をこしらえること

等挙げることができます。

ただ単に文化、食べ物等の日本独自の魅力だけでなく、外国人観光客が過ごしやすいようにインバウンド対策をすることで、一度の旅行だけでなく、日本に何度もリピートして来たくなるようにさせることができます。

このように、今後インバウンド対策は更に重要性を増していきます。

 

最後に、クラウドソーシングサービスを利用したインバウンド対策の例をいくつか挙げます。

・実際にネイティブのフリーランスに翻訳の依頼をすることで、現地の人の心に響く、わかりやすい言葉に言い換えることができる

・国別に異なる特徴、例えば中国はソーシャルメディアへの信頼が高く、事前にインターネットで買うお土産を調べ、そのお土産を大量に買うという特徴を生かし、対象顧客が日本に関わるどんな情報に触れ、どんな行動を起こすかを、現地の人にあらかじめ分析することを依頼することができる

・直接現地の人にトラブルになる前に聞くことで、文化、習慣の違いによるトラブルを減らすことができる

等あります。皆さん、ぜひインバウンド対策に、クラウドソーシングサービスを利用してみませんか?


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら