x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | マイページが新しくなりました!

マイページが新しくなりました!


こんにちは!ワークシフト事務局です。

今回は、新しくなったマイページとその便利な使い方をご紹介させていただきます。クライアントとフリーランサー双方にとって業務フローがわかりやすくなったことで、ビジネスに最適な形でご利用いただけます。

何が新しくなったの?

メッセージ機能と同じく、見た目が大きく変わっているので驚いた方も多いかと存じますが、大きな変更点は業務フローにあわせた仕事の表示区分を設けたこと、そして新着メッセージがマイページから見られるようになったことです。

これまで、クライアント様の中には、

「今何をしなくてはいけないのか一目ではわからない」
「いちいちメッセージと行ったりきたりするのが面倒」
「終了した仕事がどこかでまとめて見られないのか」

と感じていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

新しいマイページでは、仕事を4つ(フリーランスモードでは3つ)に区分し、メニュー上部の「仕事一覧」を整理したことで、どの仕事がどのような状態にあるのかわかりやすくなりました。また、依頼タイトルやステータスなどによるソート機能も追加されています。さらに、マイページから最新のメッセージが確認できるようになったことで、ますます快適になっています。

以下では、2つのモードごとに新しくなったマイページを説明していきます。

・クライアントモード

まずはクライアントの皆様が見るマイページからご説明します。スクリーンショット 2017-08-21 12.33.42

ページを開いて最初に目につくのは、「アクションが必要な仕事」「掲載は終了しており、採用が可能な仕事」「掲載中の仕事」「進行中の仕事」、そしてメッセージという5つの区分ではないでしょうか。新しいマイページでは仕事について、業務フローに沿った4つの表示区分を設けました。

まず、「アクションが必要な仕事」。これは支払い方法の選択や納期の近い仕事、検収待ちなど、クライアント側が何らかの作業をする工程に入っている仕事が表示されます。スクリーンショット 2017-08-21 12.33.53

次に「掲載は終了しており、採用が可能な仕事」と「掲載中の仕事」についてです。後者は文字通り、フリーランサーを募集している仕事のことですが、提案のあった仕事は掲載期間が過ぎてもフリーランサーを採用することが可能です。そのため、既に掲載が終了しているが提案のあった仕事を掲載中の仕事と区別いたしました。

最後に「進行中の仕事」ですが、これはクライアント側が特に作業する必要のない、文字通りフリーランサーが業務中の仕事となります。

これら4つの区分はいずれも依頼タイトルやステータスなどによってソートすることが可能となっています。また、依頼したフリーランサー名や新着メッセージの有無、契約金額や納期、応募数なども一目で分かるようになりました。また、メニュー上部の「仕事一覧」では、〈掲載前・募集中・お振込・進行中・終了〉という5つの区分が設けられております。これにより、探したいステータスの仕事をより見つけやすくなっております。スクリーンショット 2017-08-21 12.34.05

マイページ内には新たにメッセージという項目が追加されました。ここには最新の5件がマイページ画面上に表示されるようになっております。プロフィール写真がアイコン表示されているため、誰からメッセージが来たのかが一目でわかるようになっており、またワンクリックで当該のメッセージ画面に移動することができます。

なお、旧来のマイページに表示されていたメニューも画面下部にございますので、こちらもこれまで通りお使いいただけます。

・フリーランスモード

なぜクライアントモードだけでなくフリーランスモードもご紹介するのか。それはクライアント様から発注されたお仕事がどのようにフリーランサーに受注され、彼らからはどのように見えているかを確かめていただくためです。マイページの仕組みをご覧いただき、フリーランサーがどのような業務フローをたどっているのかをご理解いただくことで、クライアントの皆様にも安心して仕事をご依頼いただけると考えております。

機能やレイアウトに関しては、基本的にクライアントモードのそれと大きな違いはありません。一方で、フリーランサーの業務フローに合わせていくつか異なる点もございます。スクリーンショット 2017-08-21 12.33.04

まず、最上部にあるプロフィール(プロフィール写真、本人確認、スキル登録、評価・受注実績・お気に入り、そして自己紹介)がデフォルトでは折りたたまれずに表示されるようになっております。これにより、埋まっていない項目に対しての記入を促すようになったため、熱心なフリーランサーほどキッチリと記入する傾向にあるようです。提案をしてきたフリーランサーから人選をする際の参考になるのではないでしょうか。スクリーンショット 2017-08-21 12.33.25

仕事についての区分は「アクションが必要な仕事」「進行中の仕事」「応募・提案中の仕事」の3つになっております。作業の優先度に則した区分となっていますが、基本的にどの区分も現在進行形の仕事や応募・提案について表示されています。このため、納期の近い業務や納品差し戻しなどがあった場合も、フリーランサーからはすぐに確認可能です。また、メニュー上部の「仕事一覧」の項目が応募/提案中・業務中・終了・提案履歴となっているため、過去の作業についてはこちらから確認することとなります。

メッセージについてはクライアントモード同様最新5件がアイコン表示されるため、やりとりをしている時もすぐに確認ができるようになっています。

 


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら