x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | インバウンド対策ならクラウドソーシングが便利!

インバウンド対策ならクラウドソーシングが便利!


外国人向けのビジネスをしている企業の方に、今後ますます高まっているインバウンド対策の重要性や、インバウンド対策の方法をご説明します。

高まるインバウンド対策の必要性

グローバルに海外を移動する人々

最近街中でも、「インバウンド対策」という言葉をよく見かけるようになりました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、インバウンド対策が盛り上がっているのです。

しかしこのインバウンド対策、オリンピックによる一時的な流行ではありません。今後日本ではインバウンド対策が必須となります。例えば、日本に来る訪日旅行者は年々増えており、2015年今年の訪日旅行者は、過去最高を記録しています。

その理由は以下の2つです。

①訪日観光客数の増加

②人口減社会の日本で更なる需要増が見込めないこと

このような状況の日本では、外国人観光客からの需要を拡大する必要があります。インバウンド対策とは、訪日観光客の獲得に向けた取り組みで、多言語対応や需要の発掘などがあります。日本の人口が減少しており、更なる需要を国内で掘り起こすことが難しくなっている現状において、増加する訪日観光客をインバウンド対策を通じて獲得することは企業が生き残るために必要なのです。

幸いにも、訪日旅行者数は過去最高のペースで伸びており、インバウンドの需要を狙ったビジネスにおいてはこれまでにないチャンスが広がっていると言えます。また、治安の良さ、為替の安定などに加え、食事や文化などの魅力により日本への観光客は今後も増え続けることが予想されています。

そのため、今からでもインバウンド対策の準備をすることはあらゆる業種のビジネスでのとても重要なことだと言えます。訪日外国人旅行者は旅行のために来ていることも多く、旅行中はたくさん消費をする傾向があります。きちんと対策をすることで、訪日旅行者のニーズに応えることができます。

インバウンド対策の難しさ

外国人とのコミュニケーションに苦労する日本人

今後必須のインバウンド対策ですが、企業にとって非常にハードルが高いのが実情です。その主な理由は以下の二つです。

①外国人向けの多言語対応を行うスタッフがいない

②外国人の需要を正確に把握することは現地の外国人に聞かないと難しい

つまり、従来の企業では、インバウンド対策を行うことのできる人材が不足しているのです。そのような状況で、自力でインバウンド対策を行って失敗したり、調査会社などへの外注で高額な金額を請求されることが多々あります。

インバウンド対策の失敗により、せっかくのチャンスをふいにしている企業が増えているようです。

 

インバウンド対策はクラウドソーシングがベスト

そこで便利なのがクラウドソーシングです。特に海外特化型クラウドソーシングサイトでは、海外フリーランサーが数万人単位で登録しており、彼らにインバウンド対策の仕事を依頼することができます。

翻訳もネイティブスピーカーに依頼できますし、現地の需要調査も自社で高いコストになる移動費や移動時間を使って行く必要がありません。

そして、クラウドソーシングの一番の利点は価格とスピードです。

プロジェクト単位で依頼することができるため、コストが安く済みます。また、発注から納品まで全てのプロセスがインターネットを通じて完結するので、スピーディに取引が進みます。

インバウンド対策において細かい対応が求められた際にもクラウドソーシングでプロジェクトの仕事を掲載すれば、スピーディーに対策できるのは大きなメリットだと考えてよさそうです。

海外のことは海外の人に頼むのが一番といえるでしょう。それを容易にするのがクラウドソーシングです。

外国の現地調査から翻訳、各国で受けそうなデザインなど、インターネットを介して外国人に直接依頼することで、これまでにかかっていた余分なコストを削減し、自社の業績アップに繋げていただければと思います。

これから高まり続ける外国人の日本需要。その需要に応えるためにも、いち早くインバウンド対策を始めることで、業績アップに繋がるかもしれません。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら