x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | クラウドソーシング検定、誕生!

クラウドソーシング検定、誕生!


本日は、ホットな話題を提供したいと思います。2015年8月、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会は、クラウドソーシングの技能検定【Webライティング技能検定】をスタートさせました。

Webライティング技能検定ってどんなもの?

Webライティング技能検定は、基礎編と実践編に分かれており、基礎編ではWebライティングの基礎知識やマナー等、実践編は文章の書き方を指導するもので、試験はWebベースで4択問題や筆記試験等があり、内容も高度です。クラウドソーシングで頻繁に依頼される仕事のひとつにWebライティングがあります。これは主に、商品やサービスに関する説明や所感などをテキストで納品する仕事です。最近インターネットサービスでホットなワードであるコンテンツマーケティングに関しても、テキストコンテンツを充実させることが重要になっているため、今インターネット業界で需要が高い分野です。

 

Webライティング技能検定のメリット

この検定は、フリーランスのスキルの高さが見えないという、クラウドソーシングサービスではどうしても生じてしまう課題を、クライアント側にも、フリーランス側にも「スキルの見える化」をすることで解決することができるとされています。さらに、Webライティング技能検定の内容は高度であるため、この資格を持っているということは、つまりWebライティングにあたっての高いスキルを所持していることの証明として、クライアント側の信頼を獲得することができます。

 

Webライティング技能検定に合格するためにはどうすればよい?

では、実際にこの資格に合格する力はどのように身につければよいのでしょうか。ヒューマンアカデミーが養成講座「Webライティング技能検定講座」を販売しています。この講座は、実際にこの講座を受けることで、初めての方でも質の高いものが書けるようになり、フリーランススキルの育成にも大きく貢献するとされています。

 

どんな人がクラウドソーシングサービスを活用しているの?

優秀であるのにも関わらず、さまざまな制約のためにお仕事が出来ない方に(例えば、主婦や体に不自由がある場合、地方在住の場合など)新しい働き方で自分のスキルや能力を提供することができます。

 

このように、企業の人材不足が更に深刻化していく今だからこそ、クラウドソーシングサービスを活用した新しい働き方、また多様な働き方をしているビジネスパーソンが今後必要不可欠になっていくのではないでしょうか。

今回のWebライティング技能検定のスタートにより、クラウドソーシングサービスから納品されるお仕事がさらに信頼性の増すものとなりました。

クラウドソーシングなど、インターネットを中心とした働き方の裾野はさらに広がり続けることが予想されます。ぜひ、みなさんもクラウドソーシングサービスを活用して、新しい働き方をしてみませんか?


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら