x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | クラウドソーシングってどれくらい浸透しているの?

クラウドソーシングってどれくらい浸透しているの?


みなさんは、クラウドソーシングという言葉をご存知ですか?クラウドソーシングサービスとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うサービスです。

拡大し続けるクラウドソーシング市場

クラウド・ソーシングサービスで、お金を稼ぐことは海外では一般的なものとなっています。日本経済新聞の記事によると、全世界のクラウドソーシングの市場規模は2013年に約2000億円、2018年には1兆円超に拡大するとしています。また、日本においては、2014年のクラウドソーシング国内市場規模は391億円(矢野経済研究所のレポートより)でした。

2023年に日本の情報サービス業での非正規労働者は1000万人を超えると試算されており、同協議会はその5パーセントにあたる50万人に月20万円以上収入を得られる環境を整えれば、市場規模は1兆円を突破すると言われています。

このように、クラウドソーシングサービスは年々浸透しつつあり、そして今後、私たちの生活に不可欠になるサービスです。

クライアント(発注・依頼者)視点だと、クラウドソーシングを利用することで、一時的な企業の人材不足を、優秀なフリーランスを利用することで迅速かつ正確に、そして低コストで頼むことができます。

一方、フリーランス(受注者)視点だと、好きな時間に自分のやりたい分野の仕事で自由に働くことができます。

ぜひ、企業で固定された働き方だけではなく、クラウドソーシングという新しい働き方を利用していきませんか?


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら