x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | 海外のSEO対策をするために必要な考え方と実践方法

海外のSEO対策をするために必要な考え方と実践方法


海外のSEO対策とは?

外国人に、検索エンジンを通して自社のホームページやWebサイトに集客するための施策を海外SEO対策と言います。特定のキーワードを検索したときにその検索結果の上位に表示されるサイトはクリックされやすくなります。

ターゲットにクリックされるサイトになることで、特定のユーザーの集客をすることができ、自社のプロモーションや認知度拡大をすることができます。

実際の海外SEO対策コンテンツの作成方法はこちらのページを参照してください。

海外向けSEOで外国人を集客するための基礎知識とコンテンツの作成方法

海外のSEO対策で必要な考え方

Googleが検索エンジンを作る際に考えているのは、そのキーワードで検索した人の検索体験を最大化するということです。そのため、それぞれのキーワードで検索したユーザーが満足するようなコンテンツをサイトに準備するというのがもっとも重要な考え方になります。

数年前まではテクニカルな方法で検索の上位にランクインすることも可能でしたが、ここ最近のGoogleの検索エンジンの向上によって、ユーザーの満足度を無視したテクニカルな方法では検索上位に表示することは難しくなっています。ブラックハットのSEOと呼ばれています。

現在では、特定のキーワードで検索したユーザーに対し、満足してもらえるようなコンテンツを丁寧に準備することが必要になってきます。

海外SEO対策のメリット

海外SEO対策のメリットとしては2つあります。まず、SEO対策自体のメリットとも同じですが、一度特定のキーワードで上位の表示をすることができれば、基本的には継続してその順位は維持できるため長期的に効果を維持することができます。

良質な、検索ユーザーが満足するコンテンツを作成することによって特定の検索キーワードで検索表示の上位を取ることができれば、すぐに検索順位が落ちることはありません。検索流入があるということは、継続的に集客をすることができるということです。

そのため、一度上位に表示され、サイトへの流入がある場合にはプロモーション費用やマーケティング費用をかけずに継続してサイトに集客を見込めます。

加えて、SEO対策はコンテンツさえ用意することができれば海外をターゲットにした集客を日本にいながら活用できる選択肢でもあります。サイト上にコンテンツをアップロードし、Googleが提供するWebツールの基礎的な知識があれば、SEO対策を実施することができます。

一般的には、海外にプロモーションやマーケティングをするための多くの施策は海外の代理店や代行会社とのやりとりが必要になります。しかし海外のSEO対策であれば、ターゲットに効果を上げるためのコンテンツさえ用意できれば海外とのコミュニケーションをせずともにそれらの効果を出すための施策を実施することができます。

つまり、手間がかからないということができます。

海外SEO対策のコスト

ターゲットの集客に効果のあげるためには、良質なコンテンツを作成する必要があります。検索の上位を達成するための良質なコンテンツを作り込むためには時間がかかります。SEO効果のあがるコンテンツを作成するための業務フローは以下の通りです。

対策キーワードの決定 → 競合の調査 → コンテンツの作成 → コンテンツのリライト(編集) → 効果の測定 → コンテンツのリライト。効果の発揮するコンテンツを作成するにあたっては以下のようなプロセスを踏むことが重要になってきます。

海外SEO対策のために準備するコンテンツは、テキストをベースに、画像や動画も盛り込んだリッチなコンテンツを作成し、検索したユーザーのニーズにあったコンテンツを作成することでより海外のSEO対策で効果を上げることができます。

海外SEO対策で注意すべきポイントは、SEO対策のために時間をかけてコンテンツを作成したからと言って、必ずしも思った通りの結果が出るわけではありません。これは日本国内でSEO対策を実施する上の注意点と同様です。

ユーザーの検索体験を最大化することは検索エンジン間の競争優位性になるので、少しでも検索ユーザーの体験を最大化するために検索エンジンの性能は年々あがっています。検索エンジンのアルゴリズムによって良質なコンテンツは正しく評価される仕組みになっていますが、検索順位を表示するためのアルゴリズムはとても複雑なため、外部から順位をコントロールするための方法はわかりません。(検索エンジンの作成者でさえ分からないようです)

そのため、検索順位の変動の際にどのような要素が影響したかの判断をしにくいです。つまり、良質なコンテンツを作成した際に、時期要因やその他のネガティブな要因で期待した検索順位にならない場合にそれからどのような対策をすればよいのか判断が難しいと言えます。

対策するキーワードの選び方

キーワードを選定するにあたっては、外国人が調べたいことと自社のビジネスにつながるキーワードをリストアップし、それらのキーワードに関して検索するユーザーを満足させることができるコンテンツを作成する必要があります。

どのようなキーワードが求められているのかを調べるためには、各種ツールを活用したり直接ターゲットに調査をすることで海外SEO対策で結果を出すためのキーワードを準備します。

検索エンジンとは?

Googleの検索エンジンはとても複雑なアルゴリズムで動いており、サイトの掲載順位を決定するための評価基準は200種類以上もあると公表されています。

検索エンジンがさまざまな角度からサイトやコンテンツを評価することで、検索したユーザーにとって満足してもらえる検索体験をしてもらうためんに設計されています。

検索エンジンはいくつかの企業が提供していますが、日本においてはGoogleの提供する検索エンジンの利用率が90%以上を占めます。Yahoo!JapanもGoogleの検索エンジンを採用しています。

検索エンジンアルゴリズムの評価とは?

検索エンジンのアルゴリズムは複雑です。アルゴリズムの中でどのような影響があるかというと、コンテンツの質の高さ以外に被リンクの質も検索順位に影響があります。被リンクの質の影響力は下がってきていますが、それでも現在も大きな影響力を持ちます。

そのため、コンテンツを質を高めることを第一の目標に置き、さらには他のサイトに引用されるようなコンテンツを作成することが重要になります。

多言語サイトを分ける必要性

海外の検索エンジンで特定のキーワードで上位に表示されるためには、多言語を使用しているページは言語ごとにサイトのドメインURLを分ける必要があります。

本来であれば、ドメインURLを分けずとも同じページ内で多言語の表記を書き分けても検索表示順位に変化が出るべきではないはずなのですが、今の検索エンジンでは言語ごとにドメインURLを分けないと正しい検索順位に表示されず、本来よりも下の順位で表示されてしまいます。

そのため、同一の内容でいくつかの言語を使ってコンテンツを作成するためには、サイトのドメインURLを変えて言語ごとにページを用意することで、より効果を出すことができます。

複数の言語で同一の内容を作成するにあたっては、異なるURLのページを用意しましょう。

海外SEO対策を実施するにあたっての実際のディレクション方法

海外のSEO対策で効果を出すためには、以下のプロセスが必要になります。

コンテンツの企画(キーワード選定,競合調査)

コンテンツの作成

効果測定

コンテンツの編集

効果測定

コンテンツの編集

外国語のコンテンツを作成する際には、まず日本語のコンテンツの準備をしてからそれを翻訳する場合と、対象の言語でゼロからコンテンツを作成する場合があります。

日本語のコンテンツを翻訳する場合は自然な翻訳を作成する必要があります。直訳では不自然な言語のままになってしまう可能性があり、意味が通らないとそれは良質なコンテンツにならず、結果として検索エンジンからの評価は下がります。そのため意訳を含めた自然な翻訳を作成する必要があります。

ゼロから外国語のコンテンツを作成する場合には良質なコンテンツにするためのディレクションが必要になります。具体的なディレクションの方法としてはいくつかのステップがあります。

まず必須なのはキーワードの選択です。どのようなキーワードで検索結果の上位に表示させるかを決定します。「翻訳 英語」「通訳 フランス語」など、どのようなキーワードで、もしくはキーワードの組み合わせで検索した際に上位に表示させるかを決定します。ターゲットがどのような検索をしているかを調べましょう。

SEOに強いコンテンツを作成したことのある人であれば、対策キーワードだけで検索順位を上位で表示できるコンテンツを作成することができます。

コンテンツを作成するにあたりSEO対策に特別詳しいわけではない場合には対策キーワードと目次と文字数を指定します。文字数に関しては最低でも1500文字以上、理想は2500文字以上のコンテンツを作成することで検索順位で上位に入るための条件を揃えることができます。

海外向けSEOで外国人を集客するための基礎知識とコンテンツの作成方法

SEO対策するための仕事の依頼方法

ワークシフトのサイト内で仕事を依頼する方法についてご説明します。海外SEO対策をする場合には、いくつかのプロセスを踏む必要があります。

ワークシフトのサイト内で仕事を掲載します。その際にタイトルと仕事内容に関して、翻訳なのか1からコンテンツを作成するのかを明記します。

翻訳の場合でもコンテンツを作成する場合でもどの言語をしようするのかを明記します。

翻訳であれば元の文章を添付します。新しいコンテンツの作成であれば、対策するためのキーワード、目次、文字数、その他記事作成時の条件を伝えましょう!

翻訳またはコンテンツを作成してもらったら、それらの校正作業に入ります。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら