x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | 海外リサーチからわかるクラウドソーシングの利用方法とは

海外リサーチからわかるクラウドソーシングの利用方法とは


アメリカが起源のクラウドソーシング。どのような経緯で現在まできているのでしょうか。

海外調査をしたところ、クラウドソーシングの始まりは、1998年に創設された「Elance(イーランス)」。その後は低空飛行が続いたが、2005年になると米国を代表するサービス「oDesk(オーデスク)」が誕生。

中国では現在800万ユーザを抱える「猪八戒(ズーバージェ)」も06年に開設され現在に至ります。

クライアントユーザは、新規企業立ち上げや小・中規模のオーナーがメインとなってフリーランサーと日々取引をしています。
エリアでは、ヨーロッパエリア(36%)が最も多く登録しております。このヨーロッパエリアが多い理由の一つとして、「失業率」が関連していると思われます。こちらの表をご覧ください。

順位 国名称 単位% 地域
1位   イタリア 12.21 ヨーロッパ
2位   フランス 10.26 ヨーロッパ
3位   イギリス 7.6 ヨーロッパ
4位   アメリカ 7.35 北米
5位   カナダ 7.08 北米
6位   ロシア 5.5 ヨーロッパ
7位   ドイツ 5.31 ヨーロッパ
8位   日本 4.03 アジア

(参考資料;世界のメモ帳より)

こちらの表順位は、G8に絞って選出しており、上位3位がヨーロッパとなっております。2009年のユーロ危機から始まり、

現在、弱い成長と深刻なデフレ状態に陥る可能性が高くなっています。この影響により失業率も高くなっており、
自身の力量で収入を得られるクラウドソーシングを本職として捉える傾向が増えていると考えられます。
次に、主流海外クラウドソーシングサイトについて海外リサーチをしたところ、下記のような結果を得ることができました。

[資金調達額]

[ユーザー数]
1位  freelaner.com  700万人

2位  oDesk   310万人

3位  Elance   200万人

4位  99designs   20万人

[システム利用料]

1位  99designs 40%

2位  freelancer.com 13%

3位  oDesk  10%

4位  Elance   8.75%

[サービス開始時からフリーランサーに支払われた報酬総額]
1位  oDesk   $920M  約920億円
2位  Elance   $739M  約739億円

3位  freelancer.com  $150M  約150億円

4位  99designs $51M 51億円
(参考資料;2013年7月)

後発の「oDesk」が先発組を抜き、頭角を見せ始めております。
この要因といたしまして、
Work3.0
というオリジナルシステムが功を成しているかと思われます。
Work3.0とは、「雇用形式は大きく変化してきており、正規の”求人求職市場はもう二度と回復しないのかもしれない。」という予測の上で
従来の正規社員の条件であった「フルタイム勤務」「通勤」という概念ではない
「オンデマンド勤務」「リモート勤務」という概念での仕事が成り立つようなシステム構築。
になります。

ネット上だけでなく、リアル社会でもこのことは言えるのではないでしょうか?
日本においても現在、「契約社員」「アルバイト」など非正社員の雇用が多いですよね?
これも人件費を最低限に抑えてより良い結果を産み出しているケースが多く見受けられます。
海外では、大手企業でもいち早くクラウドソーシングに着目し、
主に企業が抱える高度な課題にアイデアを募り解決するものソリューション型サイトを中心に
収益はもちろん、認知度アップ効果をもたらしております。
その代表的な具体例として、
・Coca-cola-video/animation contest for all brands, the Coca-Cola cradle,
・IBM-IBM Jam event for everything (innovation, security, energy…)
・Microsoft-Microsoft used to our knowledge,Windows Phone
・Google- the “eating”, “drinking” and “going out” pins for Google Maps,Google tools,
・McDonald’s-images of real people to be used on all cups and bags,the McDonald’s logo in France
が挙げられます。

海外クラウドソーシングサイトは、民間のみならず教育、行政などでも活躍をしております。
様々なフリーランサーと触れ合う分、情報が錯乱しないよう自分の目を養わないといけませんね。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら