x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | 現地調査からわかるクラウドソーシングの今

現地調査からわかるクラウドソーシングの今


1998年に米国に「Elance」が、2008年に日本で「Lancers」が登場して以来、
海外の約55%の企業は、クラウドソーシングサイトを利用してブランド、売上の向上を図ってきています。

日本も遅れをとりながらも2013年から本格的に普及し始めており、
「日本企業⇔日本企業、フリーランサー」
から
「日本企業⇔日本企業+海外企業、フリーランサー」
へと進化しようとしております。
日本の有力クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、
登録ユーザー4万4500人(2013年6月30日時点)のうち、海外在住の利用者は1245人。

同サービスは外国語に対応していないにも関わらず、2012年6月以降の1年間で海外ユーザーの数は約20倍になっています。
また、クラウドワークスの海外ユーザーの居住地域は135ヵ国に広がっており、世界中から利用されていることがデータとして挙がっております。

このような背景もあり、クラウドワークスは、ベトナム・フィリピンで事業展開しているエンタメ特化型「アクセルビート」と業務提携をすることにより英語版サイトを可能にしました。

他にも、海外展開特化型の日本最大級のクラウドソーシングサービスと謳う

「CrowdSekai」

というサイトも登場してきました。海外展開及び海外での新規事業開発を検討する企業と、
世界各国でパートナーとなってそれを推進するビジネスデベロッパーとのマッチング機会を提供しています。

このような展開を広げることによって、これまでのビジネス制限幅が少なくなり
より多くのフリーランサーに機会を与えることができるようになりました。
具体的には、育児中の女性や自宅勤務がメインの人などなど。
スキルを持て余している層にとってこれほど合致したビジネスツールはないのではないでしょうか。

現地調査によれば、女性から肯定的な声が上がっており、
「顔が見えない分、男女差別されずにスキルのみで査定される」
「家族に負担をかけることが少なく、両立しやすい」
「フルタイムジョブより仕事が見つけやすい」

など時代に沿ったビジネススタイルになっております。

オンラインビジネスの普及により、様々な業種企業から様々なフリーランス層とやり取りをし、
想定外の新商品を産み出したりよりスムーズなビジネスを展開できるよう手助けできるクラウドソーシング。
今後も更に需要・供給ともに伸びていき、すべての人が常にオンライン状態となり、
オフラインである人はごく少数になるのではないでしょうか。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら