x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | ロゴ制作はクラウドソーシングで頼んだ方がいい理由

ロゴ制作はクラウドソーシングで頼んだ方がいい理由


働き方が変わってきてる

slide_3byWSS

 

 

 

 

 

 

アメリカでは、すでに4人に1人がフリーランスの時代になっている
企業の「終身雇用」が神話になりつつある今、フリーランスといった働き方を学び、状況に合わせて柔軟に選択する必要が出てきてる
公務員の安定のイメージも崩れかけており、震災をきっかけに世の中的にも在宅勤務とかが許される風潮になってきた。

広まってきているクラウドソーシング

簡単に言うと、新しい形のお仕事マッチングサービス

クラウドコンピューティングのCloudではなく、大勢という意味のCrowdである。
クラウドソーシングとはネットを使って不特定多数の人々に業務を外注するサービスのことである。

ネットさえ繋がっていて、自分にスキルが有ればどこでも仕事を受けることができる。地方在住でも都内の企業から仕事を受けたりもできる
兼業や副業として取り入れられ、良い悪いではなく、選択肢がひとつ増えたということ。
海外では広く浸透しており、時間や場所にとらわれない「新しい働き方」として根付きつつある。

また、非対面のまま仕事のマッチングから報酬支払いまで一括で行え、1時間単位で仕事を受発注することもできる
固定報酬と納期を決めて依頼できるほか、時給制で案件を登録し「足りない人材を足りない時間だけ」募ることもできる
発注業務を多くの人に提出し、採用されたものにだけお金を払うコンペ形式もあり、
仕事が完了した段階で報酬が支払われる取引のため、仕事を完了するまで支払いが実行されないメリットがある。
アプリ開発やウェブデザインなども発注することができ、スキルを持ったプロ意識の高い人が請け負ってくれるのが特徴的である。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら