x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | アメリカから見たクラウドソーシングの魅力

アメリカから見たクラウドソーシングの魅力


今回は、すでにクラウドソーシングが普及しているアメリカから見た、クラウドソーシングの魅力を説明いたします。

5b6b6069e25c8cbc944ad25bd7c7a925_s

アメリカでは国をあげてクラウドソーシングを推進

アメリカでは、政府各省庁も本格的にクラウドソーシングを利用し始めています。その積極的利用の理由として、以下2点を挙げることができます。

①オープンイノベーションの促進を民間企業へと移管していくことで、アメリカの国際的な競争力を短期間で高めることが可能となる

②飛躍的なコスト削減とスピードを実現することができる(アメリカ政府の試算ではコストは平均して20%以下、業務のスピードは5倍以上を実現できるとされている)

以上2点のクラウドソーシングにおけるメリットが明確に認識されているからこそ、アメリカではすでにNASAが、INNOCENTIVE(世界200カ国 30万人を超えるユーザーがいるイノセンティブ社のプラットフォーム)を活用し、宇宙開発、科学的発見、航空宇宙研究において、画期的なアイデアを得ることに成功しています。このように、最先端の知識や技術を必要とする組織においても、クラウドソーシングサービスが浸透していることがわかります。

日本のクラウドソーシングは、ほとんどが国内に居住するフリーランサーを対象とするビジネスが多く、また、女性やシニア層の登録者数が増加しており、クラウドソーシングという新しい働き方は、アメリカとはまた異なった意外な層から定着しています。日本には日本ならではの文化があるため、アメリカと同じようにクラウドソーシングサービスが普及するとは限りません。しかし、クラウドソーシング先進国であるアメリカのクラウドソーシングサービスを参考にすることで、これからの日本の働き方、ひいてはイノベーションの方向性を見定めることにつながるのではないでしょうか。

http://zuuonline.com/archives/62556


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら