x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | 仕事が依頼されやすいフリーランスってどういう人たちなの?

仕事が依頼されやすいフリーランスってどういう人たちなの?


クラウドソーシングサービスにおいて、フリーランスは、仕事が依頼されやすくなるためには、ただ単にワークシフトに登録しただけではなく、工夫をしなければいけません。いくつかの工夫を実施することで、クラウドソーシングにおいて、たくさんの仕事を受注するフリーランスを目指すことができます。

そこで、今回はたくさん仕事を受注しているフリーランスの特徴を分析してみます。技術には自信があるのに、いまいち受注できないフリーランスのみなさまのご参考になれば幸いです。

まず、クライアントは、できるだけ信頼ができるフリーランスに仕事を頼みます。そのため、ワークシフトからお勧めすることは4点あります。

仕事を依頼されるフリーランスが使うパソコンなどの道具

より多くの仕事を受注するための4つのポイント

1つ目が、プロフィールを充実させることです。プロフィールにできるだけ、経験してきた仕事や業務、業界や自分の持っている専門的なスキル、学歴・職歴を詳しく書きこむことで、より信頼性が増します。

2つ目が、プロフィールの画像を本人にすることです。今まで仕事が依頼されやすいフリーランスのほとんどは、プロフィール画像は本人画像でした。そのプロフィール画像も、明るい場所で顔がはっきり写っているものであるとクライアントのみなさんは安心するようです。

3つ目が、仕事の評価です。たくさん仕事をこなし、クライアント側がフリーランスを高評価をすればするほど、仕事で依頼される確率は大幅にあがります。

4つ目が、ポートフォリオを充実させることです。ポートフォリオに、自身のスキルがどれくらいなのかを掲載することで、クライアント側がフリーランスのレベルを理解することができます。

このように、ただ単に登録するのではなく、以上の工夫を凝らすことで、よりクライアントから仕事依頼をされる確率があがり、フリーランスも自身のスキルを向上させることができます。

フリーランスとして働く際には、まず仕事の信頼度をあげることが重要になってきます。以上にあげた4つのポイントに共通しているのは、フリーランスの情報をより多く開示することで「クライアントの不安をなくす」ということです。少しでも多くの情報をこちらから開示することで、仕事を依頼する際の判断基準となる情報を提供することができます。

フリーランスのみなさん、ぜひクラウドソーシングをうまく活用して多様な働きかたを実現しましょう!


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら