x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | エスクロー機能とは!?クラウドソーシングの信頼性を担保する機能

エスクロー機能とは!?クラウドソーシングの信頼性を担保する機能


クラウドソーシングに関する金銭面の不安

画像3

ネットを通じてフリーランサーに仕事を依頼できる便利なサービス、クラウドソーシング。

しかしFace to Faceなやり取りがない故に、仕事を依頼するクライアント、仕事を引き受けるフリーランサーの双方ともに不安に思うことも多いのではないでしょうか。

例えばクライアントサイドの不安としては、

・納品期限を過ぎても成果物が全く届かない。

・成果物が期待していたクオリティに達していない。

など、

フリーランサーサイドとしては、

・納品したのに、いつまで経っても検収が完了せず、報酬が支払われない。

・納品した瞬間向こうがアカウント削除するなどしてトンズラする(!?)

などといった不安があるのではないでしょうか。

このような事態が生じたとき、クライアントとしては支払ったお金を取り戻したいですし、フリーランサーとしては報酬をもらいたいですよね。

金銭面の問題を解決!エスクロー機能とは!?

上記のようなクライアント、フリーランス双方が抱える不安を解消するのが、「エスクロー」機能です。

Wikipediaでは、「商取引の際に、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の目的を担保すること」と説明されています。

クラウドソーシングでエスクロー機能はどのようにして使われているのでしょうか。

1.クライアントが依頼提案時に依頼額をクラウドソーシング運営会社に預ける(エスクロー入金)。

2.成果物の検収が終了すると、クラウドソーシング運営会社はクライアントからエスクロー入金で預かった金額をフリーランサーに支払う。

このような流れとなっております。

クライアントサイドから考えると、検収が完了するまでは運営会社がお金を預かっており、仮にフリーランサーが納品しなかったりした場合はお金が返ってくるので安心です。

また、フリーランサーサイドから考えると、運営会社がすでにクライアントからお金を預かっているので、納品しても報酬がもらえないということはありません。

まとめ

エスクロー機能があることで、クラウドソーシングを通じた取引を安心して利用することができます。

安く、早く、簡単なクラウドソーシングを通じて、仕事の可能性を広げましょう!


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら