x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | クラウドソーシングで実際に会社PRビデオを依頼してみた。

クラウドソーシングで実際に会社PRビデオを依頼してみた。


クオリティって、、どうなの??

クラウドソーシングはインターネットを通じて不特定多数のフリーランサーに仕事を依頼するサービスです。

そこで多くの人が不安に思うのが、ネット上で見知らぬ人に仕事を依頼して大丈夫なのかということです。

そこで、実際にクラウドソーシングを通じて会社PRビデオの制作を依頼しました。

依頼金額:15万円

依頼内容:

ビデオ画像(30秒程度)を作成してください。説明文のテロップは、日本語と英語の両方で記入してください。ビデオを作成するコンテンツは、弊社HP(https://workshift-sol.com, http://workshift-sol.co.jp/en/)のコピーをご利用ください。動画はYouTube上にアップし、URLを納品してください。

 

普通にPR動画制作を制作会社に外注した場合

クラウドソーシングとの比較をするために、ここで一般にPR動画制作を外注した際の手順とコストを確認しましょう。一般的な仕事の流れは以下の画像の通りです。何度もやりとりが繰り返され、時間も結構かかりますね。

のおおおお

画像引用元:EIZO CONVENIENCE CLUB

金額は内容によりますが、数十万~百万単位と高額であり、中小企業などにとっては結構なコストとなります。

 

クラウドソーシングで依頼した結果

さて、仕事依頼を掲載してから2日後、なんと提案者が舞い込んで来ました!

提案して下さったのは、フィリピン人のjessieさん!プロフィール情報も特に顔写真しか記入されておりませんが、どれだけのクオリティを出してくるのか試すつもりで依頼してみました。

するとたったの一週間後、jessieさんから検品依頼が届きました。それが以下の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=UQMsrCJe_eU

これ、フリーランスの方が弊社のホームページから素材を切り取って作成したのです。したがって、こちらからは何もコンテンツを提供していません。

それでこのクオリティって、すごくないですか?しかも15万円とかなり安い金額、かつ超短期間で仕上げて下さりました。

クラウドソーシングで仕事を依頼しても、クオリティの高い成果物を得られるものだなとわかりました。安さ、速さ、クオリティ、どれをとってもクラウドソーシングは最高です!


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら