x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | 日本企業の海外進出への障壁

日本企業の海外進出への障壁


◆日本企業の海外進出意欲の増大

日本の企業はますます海外展開を進めていく風潮にあります。その理由は以下の2つです。

1.グローバル化の進展

2.日本における人材の枯渇

下の図をご覧いただければわかるように、製造業だけでなく、サービス業も海外展開が増えてきています。

CW6_A5148D34.indd - 09Hakusyo_part3_chap4_web.pdf

◆海外進出における市場調査の必要性

しかし、海外進出と言ってもそう簡単にはいきません。

日本企業が海外進出する際には、様々な障壁が存在します。

6 海外展開後の課題・リスク

この中で、「現地の市場動向・ニーズの把握」、「採算性の維持・管理」「現地向け商品、サービスの開発」などは、海外市場調査の必要性があります。

しかし、海外市場調査は現地のノウハウの少ない日本企業には至難の業です。また、海外市場調査を外注しようにも、1案件で百万単位のコストが発生し、中小企業にとっては依頼するのが厳しいです。

そのため以下のように、海外進出の際に抱える問題点を相談する相手がいないと回答する企業が半分を占めているのが現状です。

 

◆海外市場調査に有効なクラウドソーシング

そこで便利なのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングの中でも、ワークシフトは積極的に海外のフリーランサーを受け入れており、65か国以上、7000人近くの登録者が存在しております。

ワークシフトでなら、安く、的確な海外市場調査が可能です。

例えば、冷凍食品販売会社Aが新たにタイに販路を開拓したいとしましょう。タイに進出するにあたって、①タイのスーパーマーケットやコンビニおける冷凍食品の販売事情、②タイの一般家庭における冷凍庫の普及率、の2つをクラウドソーシングを通じて現地のタイ人に依頼しました。

タイ人は近隣のスーパーの冷凍食品コーナーの写真を撮ってまわり、近所の家庭における冷凍庫の普及率を調査してA社にレポートを送ります。その間1週間。金額も数万円で十分です。

このように、日本企業はクラウドソーシングの活用により、さらに海外進出を進めやすくなるのではないでしょうか。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら