x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | クラウドソーシングの課題

クラウドソーシングの課題


クラウドソーシングは中小企業やベンチャー企業などが労働力、人材スキル等の経営資源を補う上で非常に大きな役割を果たしていくと言われている。事実、そのような事例を何件も目にすることができている。下図は矢野経済研究所が出したクラウドソーシング市場の予想だが、これを見ても分かるように順調に成長しており、急成長を期待されていると言える。

www.yano.co.jp press pdf 1275.pdf
しかし、新興市場ということもあり、まだまだ課題の多いサービスである。ここではその課題をまとめていきたいと思う。

*依頼者から見た課題
仕事を依頼する側の課題としては「仕事のクオリティが一定でない」、「フリーランサーとの意思疎通が難しい」ことが挙げられる。
一つ目の 「仕事のクオリティが一定でない」ことに関しては依頼するフリーランサーのプロフィールを確認して、過去の作品を確認したり、以前依頼したことがある人に再度お願いすることで一定の予測をたてることが考えられる。
二つ目の「フリーランサーとの意思疎通が難しい」ことに関しては特に外国人に依頼する際にはメッセージのやり取りだけでなく、スカイプ等でface to faceで会話をし、実際に求めるスキルがあるかを確認することが考えられる。

*受注者から見た課題
仕事を請ける側の課題としては「依頼の数が一定でない」ことが挙げられる。
「依頼の数が一定でない」ことはフリーランスのみで稼ぎを得ている人には重要な問題である。しかし、冒頭で述べたように今後認知度と市場規模が拡大することによってクライアントの数も増え、仕事の数も自然と増えることが予測できる。しかし、それは同時にフリーランサーの数も増加することに繋がるため、ライバルが増えることを意味する。その中で、収入を増やすには何らかのスキルを身に付け、単価の高い仕事を獲得していく必要がある。

以上、ここまでクラウドソーシングの課題について見てきたが、このような課題は市場がさらに成長し、ノウハウが貯まっていくことで解消されることも多いのではないかと考える。そのような中で、クラウドソーシングの市場基盤が整備され日本の中小企業、さらにはベンチャー企業の経営課題が解決されていくことを期待する。


【引用】

中小企業庁中小企業白書http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/h26/html/b3_5_1_5.html

矢野経済研究所
「クラウドソーシングサービス市場に関する調査結果 2014」http://www.yano.co.jp/press/pdf/1275.pdf

 


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら