x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
年末年始の営業ならびにフリーランサーへのお支払いについて
  以下の期間を休業とさせていただきます。2017年12月29日(金)~ 2018年1月3日(水)なお日本時間の12月15日(金)までに出金申請されたフリーランサーの皆さまへは12月28日(木)付で送金予定です。以上、よろしくお願い申し上げます。
WSSブログ3 | クラウドソーシングの火付け役の海外サイト

クラウドソーシングの火付け役の海外サイト


・クラウドソーシングって海外ではどうなの?

今回は、国内ではなく海外に目を向けて、海外ではどういったクラウドソーシングのサイトが流行っているのかをみてみることにしました。

まずは、Elanceですね。

古くは1999年にElanceが主にシステム系のオフィショア開発関連のクラウドソーシングサービスとしてリリースされた。世界中に散らばるエンジニアやデベロッパーが物価や貨幣価値の違いを活用し、ネットを介してアメリカと比べるとかなり低いコストで開発案件を受注。最近は開発以外の案件の受発注も可能になっている。

http://blog.btrax.com/jp/2012/12/03/crowdsourcing/

ともあるように、かなり早い段階からクラウドソーシングの可能性に目を向け始めました。

crowdsourcing2

元々はソフトウェアやWeb開発系のフリーランスエンジニアを抱えたマッチングサービスで、現在ではそれ以外にも様々な種類の仕事を発注可能だそうです。

次に、oDeskです。

Elanceの対抗馬というべき存在。Elanceでの発注側ユーザーの不満を取り入れ、ユーザー同士のコミニュケーションの見える化と、受注側の仕事に対するクオリティーコントロールに重点を置く。具体的には、プロジェクト単価よりも時給制を推奨し、受注側がいつどのくらいの仕事をしているかが分かる様になっている。

完全にoDeskはElanceのライバルですね。

 


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら