x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | ロゴ制作の値段差にびっくり!外国人がクラウドソーシングを利用するのも納得。

ロゴ制作の値段差にびっくり!外国人がクラウドソーシングを利用するのも納得。


クラウドソーシングを利用する発注者は、

・事業拡大のための新しい思考・デザイン・人材の獲得
・コスト削減
・スピード

を重要視してクライアントの選出・依頼をしています。
クラウドソーシングの中で比較的安価に世界各国からのフリーランサーを募集できる項目として

ロゴ制作

が挙げられます。
クラウドソーシングサイトに属するロゴ制作者は、アマチュアからプロまで様々なフリーランサーが在籍しております。
その中でも現在、特に需要と供給が高いのが、「アジア・ASEAN諸島」になります。

なぜか?

その一つに挙げられるのが、物価・通貨価値の違いになります。
ASEAN諸島の多くは、現在発展途上国であり、先進国に比べ物価・通貨の価値が
安く、能力を秘めている多くのフリーランサーがおります。同料金でも彼らにとっておおよその報酬額は、高額となるケースが非常に多くあります。

例えば、あるA社が新しいロゴを依頼しようと、予算を30,000円として世界のフリーランサーに提示したとします。

日本人の反応としては、、、
「平均的な報酬額だ。よし、取り敢えず応募してみよう」
アジア諸国(フィリピン)の外国人の反応としては、、、、
「!!30,000円の報酬額?!もし獲得できたら1か月分の給与になる!絶対応募しよう!」
というような反応になります。

フィリピンの外国人からすると、30,000円は、「300,000円」の価値に等しいといわれています。
もし、300,000円だったら見逃せない案件となるのではないでしょうか?

もう一つの理由として、感性が豊かであるということです。インフラが先進国に比べて発展していなかった幼少時、自然の中で遊ぶことが多かった世代が今、最前線で働く世代となっています。

自然の力には、我々の感性を研ぎ澄まし想像力を高めてくれる力があります。少なくとも私たち以上に想像力、デザイン力は秘めているのではないでしょうか。

他にも要因はあるかと思いますが、物価・通貨価値の違いを利用して
10しかなかった可能性を100。。いやそれ以上の可能性として広げることができるのです。


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら