x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。
WSSブログ3 | クラウド・ソーシングって、どういう人たちに向いているの?

クラウド・ソーシングって、どういう人たちに向いているの?


では、クライアント側、フリーランス側と2つに分けて述べていきます。

〇クライアント側
クライアントは、実際にフリーランスと会って、交渉することがなく、全てネット上で業務が完了します。そのため、

・制作費用を抑えることができる
(例:月末のみ多忙になる占め処理などを、雇用する人数を増やすよりも、必要なときに必要な量だけ人材を増やして業務を円滑に進めることができる。)
・クライアントを増やすことができる
→作業を分担し、他の人に任せて複数の業務を同時進行できる
⇒一つのプロジェクトにかける時間を短縮することができる
・正規雇用する人を探せる
・苦手な仕事を任せることができる

〇フリーランス側
クラウド・ソーシングを主な仕事にする方々みなさんが声をそろえて、【自由な働き方】ができるところがメリットだといいます。

自由な働き方によって、

・専業主婦や、事情があり、外で働くことは困難な人でもお仕事をすることができる
・自分のペースでお仕事をすることができる(企業に勤めている場合は、会社の方針やペースが存在する)
→今やりたいことやジャンル、積み上げたい実績に合わせて仕事を選択することができる
⇒スキルアップの手助けをしてくれる
・スキマ時間を有効活用してお金を稼ぐことができる
・営業をする必要がない
・打ち合わせの手間や交通費がかからない

このように、企業で働く時とは違うメリットを得ることができます。また、ワークシフトでは、仕事のジャンルは150にも分けられているため、自分が具体的にどの分野のお仕事をやりたいのかを明確にすることができます。

いかがでしょうか?
これらのいずれかが当てはまったら、ぜひクラウド・ソーシングサービスを利用してみましょう!


ワークシフトの新規登録(無料)はこちら