x

簡易的な翻訳機能です。正確な翻訳を希望する場合はこちらからバイリンガルを探してください。

今回のリサーチでは、クラウドソーシングを利用する際に多くの方が抱く3大不安要素と、それに関する対応策についてレポートします。
知名度、市場規模の名実共に伸びているクラウドソーシング業界。 その利便性に魅せられ、クラウドソーシングを積極的に活用されているがいる反面、 まだクラウドソーシングの利用に一歩踏み出せていない方も多いのではないでしょうか。 本レポートではクラウドソーシングに関する不安とその解消法を検証してみます。

クラウドソーシングの3大不安要素と対応策



①お金に関する不安

クラウドソーシングにおいては、仕事を発注する「クライアント」と仕事を受注する「フリーランス」の二人のアクターが存在します。 クライアントが金銭面で抱く一番の不安は、「もし案件を依頼したフリーランスが成果物を納品できなかった場合に、 事前に支払っていた依頼金は返ってくるのか」ということです。 一方、フリーランスが金銭面で抱く一番の不安は、「仕事をしたら確実に報酬が支払われるのか」ということです。 この不安に対して、「エスクロー決済」という制度を活用し、安心してお互いが仕事に取り組めるようにしています。 Wikipediaでは、このエスクロー決済のことを、「商取引の際に、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の目的を担保すること」と説明されています。 クラウドソーシングサービスにおいてエスクロー機能はどのようにして使われているのでしょうか。


  1. クライアントは仕事の依頼提案時に依頼金額をクラウドソーシング運営会社に預ける(エスクロー入金)。

  2. 成果物の検収が終了すると、クラウドソーシング運営会社はクライアントからエスクロー入金で預かった金額をフリーランスに支払う。

クライアントから考えると、検収が完了するまでは運営会社にお金を預かってもらい、 仮にフリーランスが納品しなかったりした場合にはお金が全額返ってくるので安心です。 また、フリーランスから考えると、運営会社がすでにクライアントからお金を預かっており、 納品しても報酬がもらえないということはありません。このエスクロー決済を活用することで、クラウドソーシングにおける金銭的不安を和らげることができます。

②成果物に対する不安

 この不安は主にクライアントの方からうかがうことの多い不安です。 インターネット上で知らない人に仕事を依頼するので、成果物のクオリティがどれほどのものか予測できない部分があります。 また、成果物に満足できない際にフリーランスに再提出を求めることができるのかどうかも重要です。 この不安に関してどのように対応しているのでしょうか。

・本人確認と評価機能

そもそも、案件を依頼する際に信頼のおけるフリーランスを選べば、成果物のクオリティに関しても安心できます。 そこで、採用している対策は、「本人確認」と「評価機能」です。 本人確認では、パスポートや運転免許証などの公的な証明書で、登録時の名前と生年月日を確認します。 また、評価機能とは、クライアントが仕事完了後にフリーランスの仕事ぶりを5つのカテゴリーで5段階評価できる機能です。 実際に仕事を依頼した人しか評価を付与できませんので、そのコメントや評価は参考に値するものと言えます。





・修正や訂正の依頼に対する不安

成果物に満足できない場合は、再納品依頼をリクエストできます。 仕事を受注したフリーランスは、修正・訂正後に再納品をしますが、クライアントが検収を完了するまでエスクロー決済によって報酬を受け取ることができません。 この再納品依頼機能があることで、クライアントは成果物に満足するまでフリーランスに仕事の修正をお願いすることができます。

③著作権や瑕疵担保責任等に対する不安

例えばロゴデザインを依頼した際、フリーランスが他社の著作物を引用して作成したとしましょう。 クライアントがそれに気づかず成果物のロゴデザインを使用し、著作権侵害を訴えられる場合が想定されます。 この場合、多くのクラウドソーシング企業の規約上、責任はフリーランスにあるのですが、こういった法律関係の問題に関しては明確な対応が難しいのが現状です。 ただし、フリーランスへ本人確認を要請することや、コミュニケーションを頻繁にすることで、ある程度解決することが可能です。


その他の不安



守秘義務

不特定多数の個人に仕事を依頼するので、守秘義務をきちんと守ってくれるかという不安があります。 これに関しても明確な対応策がある訳ではありませんが、例えば、依頼自体を分散させ全体像が見えなくなるようにしたり、 特定の個人と守秘義務契約を結んだりすることで、ある程度解決することが可能です。


競合に知られたくない!

自社がクラウドソーシングを利用していることを知られたくないという声をよく聞きます。 また、不特定多数の人に案件を公開することで、自社情報が漏れてしまうのではないかという不安もよく上がります。 これに関しては、クラウドソーシング会社の非公開オプションが役に立つでしょう。 非公開オプションを利用すると、各サービス会社の登録者にしか案件を公開しませんので、単純に仕事をしたいフリーランスのみに情報を発信できます。 また別の対応策として、募集時には概要のみを書き、依頼するフリーランスのみに詳しい情報を提供すれば、自社の知られたくない情報が広まることはありません。



まとめ



いかがでしたでしょうか。 これまでクラウドソーシングに関する様々な不安について書きましたが、キーワードは「何かあった時にトレースできるかどうか」だと考えます。 インターネット上での取引ですから、何かあった時に相手に逃げられてしまったら困ります。 そういったことを防ぐためにも、フリーランス、クライアント共にきちんとトレースができるようクラウドソーシング各社が情報を把握する機能を充実させています。 まずは小さな案件からクラウドソーシングを試してみるのも良いでしょう。





大企業・中小企業・ベンチャー・自治体も積極活用中
世界をつなぐクラウドソーシングサービス

ワークシフトでは、世界155ヶ国、52,000人以上の優秀な人材にインターネット上で直接仕事を依頼できるサービスを運営しています。海外の優秀な人材を活用することで、一般的なアウトソーシングに比べ大幅に価格を削減することも可能です。

Code Profiler